未来のワークスタイル 直感を生かす仕事術
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あきらめるその前に
目標達成をあきらめてしまう要因として、最も顕著なことに、
そこに至るまでに代償を差し出すことを恐れるということ
が考えられます。

そのような選択をする最も大きな要因は、
ちょっとした不安に過剰な反応をし、大きな恐怖へと膨らんだからだと思われます。

それは、自分が脳内で創り上げた幻想に押しつぶされているかのようです。

これを越えていくには、
「どうすれば、このテーマに創造的に取り組めるか?」
と、自分に問いかけていくしかありません。

そして、意識レベルでは「恐怖」という答を出しているので、
潜在意識レベルの解決策を引き出す必要があるのです。

誰かの名前を思い出そうとして、中々出てこないことがあるでしょう?
それが、別の何かに没頭している時に、ふと答が浮かび上がることがあります。
恐怖を創造的なものに転換するコツは、これによく似ています。

ここでも、「ノート書き出し法」を応用できます。


左ページに、恐れていることを全て具体的に書き出します。

右ページに、恐れを感じなくなる状況を、細かく思いつく限り具体的に書き出します。

必ず潜在意識が解決策を出すことを信じて、今できることに没頭します。



潜在意識に解決策をゆだねる時は、
その時点で意識に上っている肯定的なことも否定的なことも、全て書き出すことが、
まず第一です。

潜在意識の答は、
ふとした時に何気に思いついたり、
他人の言葉を介して伝えられたり、
まるで偶然のような顔をして登場しますので、
潜在意識にゆだねた後は、いつでもメモを取れるように準備しておいて下さい。

この習慣は、目標に向かう途中で不安や行き詰まりを感じた時には、
とても力強く、自分を鼓舞してくれるでしょう。

その代償を差し出すかどうかの選択に、
正確な直感を生かすことができるようになってくるはずです。



⇒関連記事 [有名な願望実現実践法(やることリスト6項目)]
⇒関連記事 [潜在意識で目標達成をバックアップするには]
⇒関連記事 [目標設定に大切なもう一つのこと]


ザ・マインドマップ(携帯)
ザ・マインドマップ(PC)


2つのランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
人気blogランキングへ
ビジネスブログ100選へ


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:
⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
一日の始まり
直感を生かして、計画を遂げていくために、
次のような行動スケジュールを毎朝に取り入れられることをお勧めします。

毎朝15分メンタルセットの時間
毎朝5分スケジュールチェックの時間
毎朝10分イメージングの時間


合わせて30分は、少なくとも調整するための時間に当てます。
日々の業務を遂行していくなら、
必ず想定外の出来事は起こりますので、
それらに、臨機応変な計画調整とブレない思考・感情・行動を続行するためです。

業務開始時間になりましたら、
ピタッと焦点を仕事に当てていることは、目標達成にとても大切です。

私の場合は、①メンタルセットお祈りを主体にしていますが、
瞑想アファーメーションや、散歩などを取り入れることもお勧めです。
要は、一年の内には必ず気分が乗らない日もあるでしょうから、
そんな時でも実行しやすい自分なりの方法が、一番いいのです。

②スケジュールチェックは、優先順位を確認することが最重要ポイントです。
起こってくる出来事に応じるだけの仕事になりますと、
必ずといっていいほど、優先順位がブレてしまいます。
状況に合わせて的確な優先順位を選択することが、
多忙なスケジュールの中でも、計画遂行をしていく要になるのです。

③イメージングは、その日のスケジュールに、
自力ではなく他からのエネルギーを組み入れるのに、とても大切です。
具体的で明確なビジョンを持っていることが、
宇宙の法則を生かした仕事にはとても力強い味方になるのです。
少なくとも、主導権を他に渡してしまわないようにするには、
ただ漠然と毎朝仕事に取り組んでいては、元から無理というものです。

以上のことを踏まえて、手帳の使い方なども参考にして、
行動スケジュールをできるだけ狂わせることがないようにしましょう。
ただし、スケジュール通りに進めることが目的ではなく、
自らが価値あると定めた目的を達成することが主眼であることを、
決して忘れないように。

そしてもう一つ。
目的達成は、
「計画を具体的にしっかりと立てていれば、
自らは何に集中して行動し、
何を委ねて引き寄せるのかが明確になる行動を、日々積み重ねていくことで、
間違いなくできるものだ

ということを、決して疑わないことです。

自分で立てた計画に疑いが浮かんでくるようなら、
計画の建て直しです。
今ならまだ間に合います。


⇒関連記事 [仕事の流れが悪いなら、時間の使い方を立て直す]
⇒関連記事 [優先順位決定力は時間効率を上げる]
⇒関連記事 [成功に導く具体的行動(目標必達のコツ)]


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」(携帯)
予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」(PC)


ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



直感の声
どれが直感の声で、どれが自分の思い込みなのかわからないというご質問を頂きました。

わかります。
何も勉強できていなかった頃の私の場合、
直感だと思っていたことのほとんどが、単なる自分の思い込みだったという経験が、
私にもあります。

自分の直感の声がわかるようになるために、
初期のトレーニングとしてよくおすすめしているのは、次の通りです。
これは、ノート書き出し法の応用の一つでもありす。


日記、ジャーナルなど、いろんな呼び方をされますが、
皆さんは、日々頭に浮かぶことを書き留める習慣は、もうつけられているでしょうか?

もしまだなら、ぜひ始めてほしいものです。
いかに、自分にも予知的な直感があるかも知覚できますし、
いかに自分が思ったことが現実になっているかも知覚できます。

直感を見極める力をつけるには、
ふと思ったことをどんどん日記に書き留めていくようにします。
また、目覚めて覚えている夢があれば、それも書き留めるようにして下さい。
そして、週に一度、もしくは月に一度、それがどのようななっていったかを付け加えます。

自分の心理的状況や、内面に浮かんだ映像、
また、ビジョンなどをつけ加えて書き留め続けていくと、
だんだんとどのような感覚で受け取ったメッセージが直感で、
どのような思い浮かんだことが、
自分が思考し感情を動かして生んだものかが分かってきます。

私は、ひらめいてうまくいったことは、
ハイヤーセルフ(神・宇宙・守護天使など、自分が馴染めるものに置き換えて下さい)が
力添えして下さったと実感していますし、
うまくいかなかったとしたら、自分の我(古い思い、情動)が出ていたと実感しています。

直感の働きを取り戻すには、多少時間はかかりますが、
(直感は誰でも日常使っていますが、
知覚できていないことが多いのでこの表現を用いています)
取り戻したなら、これほどありがたいものはありません。

地道な継続と体験の積み重ね、加えて学び続けていくことが必要ですが、
誰にも備わっているものですから、皆さんもぜひ取り戻してほしいと思います。


⇒関連記事 [自分らしい仕事をするために(ヒラメキを得る)]
⇒関連記事 [仕事に行き詰った時に、直感を取り戻すには]
⇒関連記事 [直感を仕事に生かすために]


ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。