未来のワークスタイル 2009年06月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無意識を味方にする
サイコ・サイバネティックス(精神自動制御回路)は、
生命維持のためにはなくてはならないものです。
そのおかげで、無意識に安全な方を選択して、身の危険を回避してくれます。

ですが、意識の力を使い定めた目標を達成するために、
無意識の働きを使った継続行動をするためには、
この自動システムがどのようなもので、どのように生かすかを知り、扱わなければ、
とても新しい習慣を身につけるどころではありません。

頑張っても頑張っても望む結果を得ていないとしたら、
今一度、自身の無意識がどのように反応し、選択しているか明らかにして、
改めて、自動制御が定めた地点に向かうように
セットアップし直さなければなりません。


それは、サイコ・サイバネティックスが警告を鳴らせば、
自分のネガティブな感情に気づき、
それは脅威ではなくブレイクスルーのサイン
だと
瞬時に解釈するような新しい回路です。

成長していくプロセスでは、
次々と新しい世界、未だ経験のない場面などを経ていくことになりますから、
まず普通は、何とも言えない不安や抵抗感を抱くでしょう。

それこそサイコ・サイバネティックスの働きです。
その時にどう反応するかは、
定めた目標に近づけるかそれとも遠ざかるかの分岐路です。

その時に新しい回路が定着していないと、
機会は永久に自分の手元に来ることはないでしょう。
というより、自分自ら無意識に背を向けてしまい、気づくこともないでしょう。


習慣を変え新しいものを身につける回路の構築は、いたってシンプルです。

「知覚⇒反復⇒獲得」

実際そのようにして、今現在の習慣を、私達は獲得してきたのです。


一つの思考パターンを何度も繰り返すうちに、新しい神経パターンが脳内に構築され、
負荷なく、無駄な努力なく、新たな確信が動き出すようになる
のです。

まずは、自分が不安や違和感を感じていることに気づくことになれて下さい。
これまでは、そのまま無意識にネガティブな想像に移行し、
そのまま判断してしまっていたかもしれません。

知覚出来たなら、意識の力を生かせます。
思考できます。



まずは、そこからです。

いかに常時サイコ・サイバネティックスが働いていたかびっくりすると思います。
知覚できたなら、すかさず、これまで紹介したどのメソッドでもいいですから、実践して下さい。

繰り返し続けますと、そのうちに無意識行動の一つとして働く新しい習慣になります。


⇒関連記事 [頭の中をスッキリさせて仕事する]
⇒関連記事 [感情をコントロールして、仕事を潤滑に進める]
⇒関連記事 [潜在意識で目標達成をバックアップするには]


ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
意識の力と無意識の働き
脳には、宇宙の原理がそのまま入っています。

意識が記憶できるのは、約20秒だと言われます。
一方、無意識には、無限に永久に記憶されていきます。

人間の知覚と行動を支配しているのは、
意識が2~4%、無意識は96~98%。

意識は意志を持ち、目標を設定し、結果を検証しますが、
無意識は目標も結果も関係なく、
方向づけられ、設定された役割を実行し続けます。

過去や未来は、意識では認識しますが、
無意識に時制はなく、今「起こっている」としかありません。

脳内では電気信号が常に伝達されていますが、
意識を司る脳の電気信号の速さは2000ビット、
無意識を司る脳の電気信号の速さは、何と4兆ビットだそうです。

いかに、無意識な選択を私達は毎瞬毎瞬しているかということです。

無意識は既に構築された回路を優先的に選択しようとします。
その方が、無意識が目指す方向へ、
より効率的により負荷をかけずに働くからです。

無意識は常に宇宙の原理そのままに、
指示を与えられた方へ展開させます。
意識のように判断をするということは、一切ありません。

ただその通りに働きます。
しかも、意識とは比べものにならない高速機能です。

意識の力と無意識の力が合わさり、
私達は日々無数の選択をし続けます。

意志や感情などの意識の力は、
自分以外の誰かにメッセージを伝えることができますが、
その何倍もの高機能システムと高速回路が無意識には備わっています。

意識を高めると同時に、
無意識にリンクさせる
学習をなさることをおすすめします。

意識の力、すなわち思考のチカラで、方向付けをしっかりとし、
無意識に正確に伝えて、方向性をセットするのです。

そして、「役立つ仕事術」でも紹介している様々のメソッド等を活用し、
古い回路は、どんどん消去することができますから、
そこへ、
「知覚⇒反復⇒獲得」
という無意識の獲得のプロセスを生かし、
新しいプログラムをインストールしていきましょう。

「役立つ仕事術」の鍵は、「手放す」ということですが、
それは、意識の力と無意識の機能をリンクさせるのに、
必ず必要なことだからです。


⇒関連記事 [意識的能力と無意識関係]
⇒関連記事 [ネガティブな習慣は変えることができる]
⇒関連記事 [仕事が楽しくないなら、思考を再プログラミング]


ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



「変われない」という思いを消す方法
「自分が変われば未来が変わる」というのは、
具体的には「何を選択するか」が変わるからです。

その選択を変えることができない障害となる内的な要因としては、
主に次の三点を挙げることができます。


気づいていない(気づけない)。

無理だろうと決めつけてしまう。

更に上を目指せるモチベーションを得ない。



こうなりますと、中々変えられないという問題を解決するのではなく、
別のものにすり換えてしまう傾向が強くなります。


①は、現実は複雑だという概念にすり替わって、
益々気づかないですむようにしてしまいがちですし、

②は、対立は当たり前だと考えてしまう傾向に陥り、
「するかしないか」というシンプルな選択を「できるかできないか」という
言い訳大歓迎な問題にすり替えてしまいます。

③は、他の何かのせいにしたがる習性になってしまう可能性が高くなり、
自分自身のことでなく、他の分析をすることに、簡単にすり替えられてしまいます。


このような状況から出るには、すり替えている状況を明らかにし、
問題の原因となっている前提となる根本的な自分の内側で生じている対立を
消去
しなければなりません。


自分が変われないことに、よくある個人の悩みとしては、人間関係の対立が挙げられますが、
それは自分の内面で起こっている対立の結果として、表面化しているものです。

内側の対立が消えませんと、他の人との関係にも、こじれが生じます。


組織が変われないということが露呈している際には、
複数の人間が事実と決めつけている思い込みが対立として露呈し、
問題があるという観念にすり替わっているものです。

はたして、共通の思い込みは事実なのか、
その複数の人間が思い込んでいることを明らかにし、その要因を除去しなければなりません。


このように、
気づかない
無理という決めつけ
モチベーション不足

という三つの要因は、閉塞的な思考サイクルに入った思い込みによるものです。

ここを通過する最もシンプルかつ根本的な対応策は、
自分が変われないという過去の記憶の消去(ホ・オポノポノなど)、
いつでもどこでも、気分を変えて一歩進めるエネルギーを取り戻すには、
感情の解放(感情を手放す基本手順など)、
心から納得して変わることに喜びを取り戻すには、
事実と思い込みを明確にして知覚する(ノート書き出し法など)ようになさるといいでしょう。

宇宙の原理は、いつでもバックアップする準備を調えて待っていてくれていますから。


⇒関連記事 [仕事に望むことを受け取るのを阻んでいる原因]
⇒関連記事 [自分の内側の抵抗を手放し、仕事する]
⇒関連記事 [「もし~だったら」を手放す仕事術]


ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。