未来のワークスタイル 2009年12月18日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分磨きのテーマ
皆さんは、「アメリカ建国の父」と呼ばれるベンジャミン・フランクリンという人を
ご存知でしょうか?

アメリカの独立に全力を尽くした政治家で、
合衆国憲法にも大きな影響を与えた思想家でもあり、
避雷針を発明した発明家でもありました。


当時は支配者の下で生きるライフスタイルであったところを、
生まれた身分や地位、学歴など関係なく、
誰もが真の成功を得られると、人々に伝え、自らもそれを生涯貫かれたのですが、
そのための人間的な学びとして彼が残した「13の習慣」には、
日本人が文化的な背景から持つ素養が多く含まれています。


彼はこれらの習慣を一週間ずつ集中して取り組み、徳を積むことを残しました。


何をどこから自己訓練し、自分を高めていけばいいのかのガイドラインとして、
ベンジャミン・フランクリンのすすめた「13の習慣(徳目)」をご紹介しましょう。

彼がその著で語るように、どのような信仰にあっても高めることができるもの、
そしてその高まりが、やがて個人的な富として戻るものです。


【13の習慣】

節約
沈黙
規律
決断
節約
勤勉
誠実
正義
中庸
清潔
冷静
純潔
謙譲



昨今の日本文化からは薄れてきていて、元来、日本人の美徳とされていた特性が、
とても多く含まれていることに驚かれた方もおられると思います。

大戦後の奇跡の復興を思い起こす時、この13の項目を見て、
日本人文化には、何と多くのことが含まれていたのだろうかと、感慨すら覚えます。


世界の価値観は、今、大きく変貌のうねりを見せています。
そんな中にあり、古きに学ぶべきたくさんの智恵もあることを、
私達は忘れてはいけないのでしょう。


変わらぬ真実と変わり続けるもの。
そこを見極め、大切にしていくことが、
何よりも大切な時代に、私達は今、生きているのでしょう。



幸福実現のための フランクリン・メソッド(携帯)
幸福実現のための フランクリン・メソッド(PC)



⇒関連記事 [行動力を上げて、仕事力を高める1]
⇒関連記事 [仕事と行動エネルギー(1)]
⇒関連記事 [思考・言葉・行動(自己訓練のポイント)]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。