未来のワークスタイル 2009年12月24日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こじれた人間関係をほぐす
私達は、一人一人それぞれ、自分に入ってきた情報に対して、
自分がイメージしたことの反応として「理解」しています。

ですから、ある出来事に対して、
他の人全てが自分と同じようにイメージし、反応し、判断して対応してほしいと、
私達は思うものですが、実際にはそうはなりません。

自分が意図しているのとは違った反応を相手がする時、
その人は自分が正解だと判断した対応をしているのですから、
その人のことを、
「意地が悪い人だ」とか、最近では「空気が読めない人だ」とか決めつけるより、
その人が、どうしてそのような行動をとるのか、理解しようとする方が、
人間関係は、より円滑になり、わかり合えるように
なっていきます。


もちろん、その人との関係を断ち切るという選択もあります。

ですが、もしその人間関係に悩んでいるとしたら、
「断ち切る」という選択を心はしていないのでしょうから、
やはり、理解しようとする選択の方が賢明です。


人間というのは、自分のミスや欠点を認めたくはないものです。

自分の間違いを認めようとしませんから、
真実を見ようともしませんし、適切な行動もとれません。

誰かとの関係がこじれたとしたら、相手もそのような反応をしていますし、
実は、自分にもその反応が起こっています。


相手とは同じエネルギーを互いに出し合っていますから、
そのエネルギーどうし優劣を決めようとしていますし、
当の本人は益々自分の正当性を主張しようとしてぶつかり合います。

バランスが変わらない限り、闘いはエスカレートするばかりです。


「誰が正しいかではなく、何が正しいか」かが大切だったはずですが、
互いの感情のもつれは、それを全く見えなくさせます。

こういう状態に陥ったなら、何よりも、「自分に誠実になること」が肝要です。

自分に正直になり、素直な自分を全て受け入れ、
感情で脚色されたり、事実確認がされていなかったりしている情報を全て退け、
真実の情報だけを明らかにする
ことです。

そこに加えていた自分の感情を認識し、手放します。

その感情が呼び覚ました過去の記憶も手放します。


まだ感情の高ぶりを抑えることが難しいなら、
その事実を受け入れ、何度でも自分に、手放せるか尋ねればいいのです。

認識が強まるほど、手放しやすくなってきます。


そして、自分に過ちがあれば、素直に受け入れ、
選択することも可能であった別の選択肢も認識
してみます。

ミスや過ちを自分がしていたとしても、嘆かないように。

ただ、素直に事実だけを受け入れるのです。

その上で、自分の内側の本来の自分自身に愛のエネルギーを注ぎ込みましょう。


このようにして、自分の内側のエネルギーをまず調整し、自分で自分を受け入れた状態で、

「相手にはこのことがどう見えていたのだろう」
「相手はこのことをどう解釈したのだろう」
「相手はこのことをどう感じていたのだろう」


と、相手を理解する方向に思考を働かせます。


先に申し上げたように、
元来人間は、それまでに蓄積してきた思い込みに基づいてイメージし、
かつ自分の過ちを認めたがらないものだから、
自分がまずそのことを理解して、
自分の内側で、負のエネルギーを愛のエネルギーに転換させる
のです。

すると対決していたエネルギーバランスは、変貌していかざるを得なくなります。


人間関係がうまくいかない原因のほとんどは、誤解によるものです。

「自分のことをわかってほしい」という方向性のエネルギーのぶつかり合いです。

まず、自分のことを理解し、受け入れ、愛してあげると、バランスは変わります。

そして、その人との関係が親密に向かうか、解消に向かうかは、
全てを手放したなら、宇宙が最善の答えを用意してくれています。



⇒関連記事 [対人関係に洞察力を発揮して仕事する]
⇒関連記事 [人間関係の不安を一掃する手順]
⇒関連記事 [仕事の人間関係にキライな人がいる時の対処法]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by ミニまぐ
⇒PCからの登録 Email:

⇒携帯電話からの登録はココ
[毎週木曜日午前中発行]
PC/携帯共にご登録可能です。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。