未来のワークスタイル 2010年03月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創造的に
人がどのように行動を決定しているかというのは、
一人一人の物事に対する思考
です。

「できない」という思いで思考する人は、「できない」という決定で行動しますし、
「できる」という思いで思考する人は、「できる」という決定で行動します。

ですから、何かを成し遂げるためには、
「できる」という思考方法が身についていることが不可欠です。

そのためには、見かけに惑わされず、「真実」を思考する必要があります。


これは、外見通りに考える簡単さに比べて、圧倒的にエネルギーが必要な思考です。

たとえば、お金がない状態を見れば、心にもそのような状態が刻まれ、
心臓の鼓動に合わせてその波動が外に向けても発信されます。

また、その信号は脳にも伝えられ、
お金がない状態を思考して、その状態での行動を選択させます。


こうならないためには、今お金がない状態を目にしたけれども、
実は様々なものに恵まれているという真実を心に留めておかねばなりません。


見かけはお金がないのに、豊かさのことを考えるには、「パワー」が必要です。

もし、このパワーを持つ人であれば、運命と呼ばれたりすることにも翻弄されず、
望んだものを手にする卓越した知性の持ち主ということです。


このパワーを持つのに欠かせないのが、
外見のうしろに隠れている真実を理解し、思考するということです。


自分が考えていることと違うことに遭遇すると、
人は憤慨して感情をあらわにしたり、
行き場を止められた思考エネルギーを内側に留め、
不満というネガティブなエネルギーに変えたりします。

納得できないということは、
その考え方や状況を理解する回路が、脳で動いていないということです。


納得できないことに感情エネルギーが起こるままにして、
激昂したり、不満を抱えたりするのも一つの選択肢でしょうが、
一呼吸置いて、思考エネルギーで対処してみてはいかがでしょう。


感情エネルギーは瞬時に上昇しますが、
思考エネルギーは比較的穏やかに、徐々に高まりますので、
慣れていないと感情のおもむくままになるでしょう。


そこに、一呼吸。


ネガティブな感情エネルギーに翻弄されている時は、必ず呼吸が乱れています。

これまでにおすすめした呼吸法などを活用して、身体のエネルギーを調え直しますと、
感情エネルギーは、
思考エネルギーに加えて行動エネルギーにまで置き換えることができます。


怒りを無理に抑えようと考えますと、
考えは考えを生み、益々、怒りを高めることを考えてしまいます。

呼吸を調え直しますと、あらためて意識の焦点を愛のエネルギーにつなぎ直し、
思考をいったんリセットして、組み立て直すことができるのです。


このようにして、感情の動きに着目して、
表に出ている出来事や表象ではなく、真実を思考する力を養っていく
ことができます。

「できる」という思考力を育てていくことができます。


心の奥深いところに「無理」という本音を抱えたままでは、
それは「できない」と考えているのと同じです。

そのままでは、意識は、変えることができない出来事としての過去に飛び、
「できない」検証を重ねるだけです。


「できる」と考えている時の未来志向に転換する必要があります。

日常に遭遇する様々な場面に、呼吸を調える工夫をすることで、
「できる」ことを思考する方向に入りなおせるようになれます。

呼吸を調え直して、
「ここで何ができるだろう」
と考える機会
を増やして下さい。

一年後には、別人のように、創造する人になっているでしょう。



⇒関連記事 [仕事に想像力を遺憾なく発揮する]
⇒関連記事 [仕事の成功の入り口も「思いやり」]
⇒関連記事 [創造性を働かす仕事をするには]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
豊かになる目的
命あるものは、すべからく成長に方向性を持ちます。

人の「知」もまた、絶えず発展していきます。

「意識」は拡大され、深まり、
「思考」されれば次の「思考」が生まれます。

一つを知れば、必ず他のことも知るようになり、知識が次々と増えていきます。

「才能」も同じです。

一つの才能を伸ばせば、別の才能も伸ばしたくなります。

命は、知識を深め、行動を拡げ、自分を高めるように動こうとするのです。


そのように命を運んでいく過程で、私達は自然と「願望」を抱きます。

「豊かな生活をしたい」

「綺麗になりたい」

「願望」は、可能性を実現させようとするエネルギーです。

可能性を感じているから、それを実現させる方向にエネルギーを向けるのです。


「願望」を抱くというのは、
地中の種子が芽を出し、成長し花を咲かせるのと同じように、
人にとっては、成長の発露を求める、ごく自然な命の活動です。

「願望」に強い感情エネルギーも合わさり、
思考を想像力によって創造エネルギーにまで高め、
決意して発信し続けるなら、
波動を同じくするあらゆるものが引き寄せられてきます。


また、決意して定められた「願望」がゆるがない目的にまで集約されたなら、
脳ではあるあらゆる情報を選別して、統合し始め、
その決定事項は全細胞にも伝わり、
身体の物理的な機能もその目的に向かいます。

豊かになるというのは、人が自然に持つ人生の目的なのです。


宇宙には、あらゆるものを可能にする準備がなされていて、
その目的のために助けてくれようとしますが、
そのためには、自分が意図するところが、
万物が意図するところと一致
していなければなりません。

身体を持つ自分の感覚を満足させるだけでは、当然そのような一致はありません。

一人一人が各々のあらゆる機能を働かせ、
身体的にも知的にも偏りなく発揮していて、
はじめて充実した人生、仕事になります。


豊かになる目的は、本能のおもむくままに生きることではありません。

身体的な欲求はとても強いものですが、
自然で健康的な形で表さないと、豊かさとは程遠くなります。

また、豊かになる目的は、
ただ精神的な喜びを得て、知識を増やして、野心を満たして、
他人を凌駕したり、有名になったりすることでもありません。


知識を増やすことだけを目的に生きていては、
どこか満たされないところを埋めることはできず、
とても自分の運命に満足できないでしょう。


更に、豊かになる目的は、ただ人の幸せを願い、人類のために尽くし、
慈善活動や自己犠牲的な活動をしているだけで、
一人で満足していることでもありません


その行為自体はとても崇高なことであっても、
それが結局は自分だけのため、或いは自分を犠牲にすることが尊いとあらば、
万物の意図とは一致しません。


おいしいものを食べる、美しいものに囲まれる、行きたいところどこにでも旅する、
こういった生活に根差した喜びを満たすだけが、豊かになる目的でもありません。



隣人を愛し、親切な行為をし、世界が真実に目覚める手助けをする、
こういった魂レベルのことを人生の目的にしている場合でも、
人を思いやる気持ちも度が過ぎれば、
極端な利己主義と変わらなくなってしまうことを忘れてはなりません。


それに、自分を犠牲にすることは、決して天の望みではありません。

そう思わなければ心を納得させるのが難しい時代もありましたが、
新しい時代を迎えている今、そのような考えとはきっぱり縁を切ることです。


それでは豊かになる目的とはなんでしょう。

それは、自分の能力を最大限に活用することです。

自分自身のためにもなり、人のためにもなることです。

自分自身の能力を最大限に活用することが、人を助けることにもなるのです。

人が、命を運んでいく過程て、「豊かさ」を望み、「願望」を抱くのは、
このためなのです。

そのためになら、宇宙のあらゆることが、
豊かになるための力となってくれるでしょう。


以上のことを踏まえた上で、大いに「願望」を強くして下さい。

そして「発願」して下さい。


宇宙の準備はできています。



⇒関連記事 [ナポレオン・ヒルの「願望実現のための6ステップ」]
⇒関連記事 [心豊かに裕福に仕事する]
⇒関連記事 [自分の本当の望みから目をそむけない]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



問題が表面化したということは
人生には、何らかの問題が起こります。

仕事は人生の一場面なのですから、仕事においても同じです。

残念ながら、私達は、
それがかなり大きくなってから気づきます。


問題が表面化したら、無視できる人などいません。

問題の芽が出たところで気づけばいいのですが、
それをできる人は、ほとんどいないでしょう。


問題が表面化した時には、
自分だけの問題で済ませられなくなります。

生きているということは、
他者との関わりが、すでに生じているからです。


もし、自分の内側と対話することを知っているなら、
問題が表面化してから気づくとしても、
内的な要因を変えることで、
問題の基となる自分の心の表情を知ることができる
でしょう。

すなわち、自分感情とうまくつき合えます。

すなわち、思いの波動を調整し直すことができます。


ここまで知り得た時、今度は、
問題に隠れたもっと奥深い要因があることに気づくでしょう。

すなわち、思い込みです。

すなわち、潜在意識にある覚えていない記憶です。

「なぜ、いつも私はこうなのだろう」と思う時の、「なぜ」があることを知るのです。


自分の内側の最も奥深いところに隠れているこの要因が、
知恵を覆い隠してしまうのです。

それが心の表情をとり、人の特性を曇らせてしまうのです。

すなわち、感謝です。

すなわち、思いやりです。

すなわち、です。

人の最も美しいところを、出せなくさせてしまうのです。


最も自分の奥深い要因が、表出した問題にまでなってしまったら、
他者の特性までくすんだものにしてしまいます。

私達の記憶には、必ず他者との関わりがそこにはあるからです。

同じ問題に遭遇している両者は、
それぞれにその問題に至る要因を自分の内側に共有しています。


その意味でも、私達は皆、直接的、もしくは間接的につながっているのです。

逆に言えば、
もし私達が自分の内側にある要因をクリーンアップできたなら、
つながりのある他者もまた、クリーンアップされる
ということです。


このような意味で、問題が表出して、その原因を他者に求めるのはおろかなことです。

仮に、その問題が表出した何らかのきっかけが他者にあったとして、
その人がそれを受け入れ、変えてくれたとしても、
自分の内側の要因がクリーンになっていない限り、
自分がまた同じような場面に遭遇することは間違いないからです。

受け入れられて、その内側の要因をクリーンアップされた相手の方は、
もう二度と同じようなことに遭遇することはないでしょうが…。


素直に感謝できるかどうかです。

素直に謝れるかどうかです。

素直にゆるせるかどうかです。

素直に愛せるかどうかです。


心の表情、すなわち感情が動いた時、深いところにある記憶が頭をもたげています。

感情の変化を見ることで、
奥深く影響を与えている魂の放つ波動を見ることができます。


その感情の素となっている記憶の断片が表れているのです。


その時の選択で苦しめた自分の内側の奥深い要因となっている、
その時の自分自身に謝るのです。

そういう選択をした自分自身をゆるすのです。

それでも一生懸命な自分に感謝するのです。

すべてを含めて自分なのです。

自分を受け入れ、愛するのです。


誰かが自分の周りで、不平不満をぶちまけていたとしても、
そんなエネルギーに巻き込まれてはなりません。


この種のエネルギーは、執拗に同じエネルギーを持つものを探し、
引き込んで吸収し、膨脹しようとしますから、
注意深く距離を置き、きっぱりと遮断して、
自分は愛のエネルギーフィールドにつなぐことです。


問題が表面化したなら、
自分にとっては、魂を向上させる機会
以外のなにものでもありません。

問題が起こった時こそ、
自分のエネルギーのつなぎどころをしっかりと愛の波動にするとともに、
具体的に現れた自分の内側の奥深いところの要因をクリーンアップ
して下さい。

手放しどころに、今さしかかったのです。



⇒関連記事 [仕事に行きづまりを感じているなら(理屈ぬきになる)]
⇒関連記事 [自己質問を上手にして、仕事の問題を解決する]
⇒関連記事 [仕事の危機は乗り越えられる]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。