未来のワークスタイル 2010年04月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現状を生かす
自分に合わない職業についているからといって、
やる気をなくしたり、ぼんやり過ごしたり、嘆いてばかりいるのは、
決してよくはありません。


この春、異動があった職場は多いと思いますが、
必ずしも、望み通りとは限りませんし、そうはならなかった人もおられると思います。

ですが、希望と異なる職場に配属されたために、
そこに、自分にふさわしい仕事が見つけられなくなるわけではありませんし、
合わない仕事をしていると、
自分に適した仕事がわからなくなるということはないのです。


どのような状況にあるとしても、
自分にふさわしい仕事を得るという決意と、
それは必ずかなうという確信を持ち、
希望通りの仕事につき、活躍している自分自身のイメージを持ち続けることです。

その上で、今の仕事の中で、積極的な心構えで活動することです。


今の仕事を、
より良い仕事をするための手段として利用することこそ、賢い選択です。

決意と確信を持って、イメージを発信続けるなら、
それは無限の叡智を経由して、あらゆるところに届けられます。

そして正しい方法、すなわち、
「ある」というエネルギーとつながりながら、それがもたらされることを確信して、
今ここでできることを、
愛と感謝と誠意で鋭利努力と工夫を惜しみなく発揮し、活動する
なら、
望む仕事をすることになります。


希望する仕事に就いている自分自身のイメージを脳裡に浮かべ、
決意と確信を持って、今の仕事に「働きかける」
のです。


イメージと確信を持ち続けている時、無意識の創造力が働きます。

それが、現実として能動的に活動することで、
望むところへ導かれ、望むことが近づいてくるのです。


仕事環境に動きがあったということは、
今はどういう結果を得ているとしても、
自分が積極的に活動することで、職場の「動のエネルギー」とも共鳴し、
より早く確実に望む結果を得ることができる絶好の時期なのですから。



⇒関連記事 [達成できる願いを発するコツ(仕事目標の立て方)]
⇒関連記事 [仕事と行動エネルギー]
⇒関連記事 [仕事で迎えたピンチは、本当に危機なのか?]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
自分像
私達は、過去を絶対的な真実としてとらえているのではなく、
主観的な真実としてとらえています。


ですから数人の人が同じ出来事を経験したとしても、
一人一人の記憶にある過去は、それぞれ違うように留められています。

更に、一人一人の記憶には、その人が想像したことも加えられています。


昔話に花を咲かせる二人の会話に、
「そうだったっけ?」というフレーズが出て来るのが、
その人の記憶する過去は、その人の主観による典型的な例です。

一人には記憶に残る印象深いことだったのが、
もう一人には忘れるようなことだったのです。


そして主観的に記憶されたことが、その人のその後の認識の基になっていきます。

別に周りの人が拒否していたわけではないのに、
ある人にとっては、自分が拒否された記憶として残ったりするのです。


日記をつけることをおすすめしたことがありますが、
日記を書く段階で、すでに出来事の記憶は変化します。

出来事から時間を経て記録する段階で、心情や希望や憶測が加わるからです。


また、記憶を語れば、話が変化していきます。

人に語る時、無意識に相手の反応を感知しながら話しますので、
事実性を強めたい表現や、ストーリー性が加えられます。


こうして私達は、自然と、過去の出来事の記憶をぬりかえていきます。


過去を振り返り、思い出す度に、私達は記憶変化させていきます。

そして変化した記憶を自分に同一視させ、自分で思う自分自身の真実にしていきます。


全く人間らしくもあり、人間くさくもある自然な変化ですが、
こうして創り上げていく自分像は、
いい意味でも、悪い意味でも、自分の未来に大きく影響していきます。


私達は、自分の人生、仕事、キャリア、成功や挫折、人間関係、生活状況などに、
こうして創り上げた、自分が真実として考えていること、信念を映し出して
います。

同時に、新しいことを加えていきます。


私達は人生や仕事に、問題や困難がないことを求めますが、
実際には、たくさんのハードルを越えていく場面と遭遇します。

それを乗り越えていく度に、自信を持って冷静に新しい困難に立ち向かい、
乗り越えていきやすくなっていきます。

なので、過去に起こった困難や障害も、
今、面前にある問題も、
これから出会う出来事も、
すべて私達に大きな可能性があることを示すもの
以外、何物でもないのです。


過去をどのように見るかで、今の意味が変わり、
今をどう考えているかで、未来は変わる
のです。


どんな人にも、サクセスストーリーがあります。

困難を乗り越えてきたからこそ、今があるのです。


そのサクセスストーリーを加筆して、完成させましょう。

その時、自分の過去は変化しています。

私達は、今ここで、過去も未来も創作しているのです。


その力は、すでに自分の中にあります。

もともと、あります。

これまで眠らせていただけで、呼び起こされるのを待っています。



⇒関連記事 [「真の目的」を目指す仕事をする]
⇒関連記事 [自分の価値を再認識して仕事する]
⇒関連記事 [仕事を自己評価する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



負のエネルギーの取り扱い
より仕事を潤滑に進めていくために、
「手放す」ということをよく話します。

ですが、
「手放すことはそんなに簡単ではない」
という思いが強い人も、おられることでしょう。


もしそう思えるなら、まず手放さなければならないことがあります。

それは、「ゆるせない」という感情です。

誰か、自分以外の別の人物のことではありません。

自分自身のことです。

自分自身をゆるすのです。


私達は、自分を深く傷つけた人をゆるせなかったり、
或いは、全くゆるそうとしなかったりします。

それゆえ、自分の一部を過去に取り残したままにし、今の自分を苦しめます。

過去に多大なエネルギーを注ぎ続けているので、
今のことに十分なエネルギーを注ぐことができずに苦しく、
今の自分にそのような状態をもたらす原因になった人は、
それに対して償うべきだと考えます。

こうしてゆるせない自分が、自分の人生を妨げます。


過去の事実は変わりません。

その出来事で、過去に自分が傷ついたという事実は変わりません。

その時の感情と今の自分の気持ちを共鳴させている限り、
これから先も、似たような傷を負うことや、不公平と思える出来事を、
繰り返し体験する
ことになります。

エネルギーの原理に、自分の心情は、きっちりと従い、働いていきます。


不快な思いをさせられた、理不尽な仕打ちをされた、
意地悪で卑劣な行為に深く傷つけられた、
だからとても悲しい…。


確かに、悲しむことで、負のエネルギーは解放されます。

ですが、エネルギーには常に両極の質が内在し、ある程度、一方向に強く向かえば、
今度は逆方向に向かおうとします。


だから、ある程度悲しむのはいいのですが、
そこに「ゆるせない」という気持ちが強く働きますと、
無理に一方向にエネルギーを留めようとしていますので、苦しくなって当然です。


自分の意志でそうしていると思いがちですが、
実際の現実は、過去の傷を与えた人達に振り回されています。

その人達は、とっくにそのことを忘れてしまっていても、
自分だけが、過去の自分の感情に鎖でつながれ、がんじがらめになっています。


何年も何十年も、その過去の感情にしばられていますと、
傷ができた理由さえわからなくなってしまうこともあります。

不快な気分は漠然としたものになってしまって、対象もぼやけてしまったら、
「世の中が悪い」「会社が悪い」といった思いに置き換えたり、

場合によっては、目の前にいる誰々が悪いというように、

いつも都合が悪いことを、自分以外のせいにすることでしか、
自分を納得させることができなくなったりします。


過去に置き忘れた自分の感情を解放しましょう。

ゆれせないその相手は、今も自分がゆるせなかった感情の姿で
過去のその場所にいます。

こちらがどう思おうが、彼らが、自分の思い通りに動くことはありません。

いつのまにか、過去に見ているその相手は、
自分の感情で脚色された姿になっていて、彼(彼女)はもうそこにいません。

自分が選択できるのは、自分の思いであり、自分の行動です。

それができるのは、過去でも未来でもなく、「今」です。



覚えている辛い記憶があるなら、
ノート書き出し法感情解放の基本手順を実行しましょう。

意識の力が、味方になってくれます。


おぼろげに、事実を思い出した記憶があれば、
感情解放の基本手順を実行するとともに、
四つの言葉でその時の自分に愛のエネルギーを注ぎましょう。

意識と無意識が連携して、自然と過去の自分を解放していきます。


思い当たる記憶がないなら、自分の内側にいる自分本来の自分自身に、
四つの言葉で愛のエネルギーを注ぎ続けましょう。

無意識が力になって、古すぎて覚えていない苦しんだ時の自分自身を解放します。


「ゆるせない」気持ちを手放してゆるすのは、
特定の相手を覚えている時も、覚えていない時も、
自分以外の誰かではなく、自分自身
です。

その時の自分のエネルギーの記憶を手放すのです。


手放し始めますと、昔の知り合いから連絡があったり、
街でばったり出会ったり
することがあると思います。

それは、手放せ始めた証です。

益々感謝して、愛のエネルギーに強くつなぐようにしましょう。


自分の内側のエネルギーの質が変わってくると、
ゆるせないでいた時の表情とは違った表情が表に表れます。

出会う人も、取り巻く環境も変わります。

健康状態も変化していくことでしょう。


一つゆるし、手放せただけで、自分の人生が激変することもあります。

ですが通常は、徐々に徐々に変わっていくことでしょう。


ゆるし、愛の波動が満ちあふれたなら、出会うことになっている人は、
たくさんいるのです。

彼らは、私達との出会いを待っています。



⇒関連記事 [「役立つ仕事術」の鍵]
⇒関連記事 [何を手放して仕事をするか]
⇒関連記事 [魂が納得している仕事にする]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。