未来のワークスタイル 2010年05月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叡智を得て行く道
これから何かを創造していこうとする時、私達の前には、三つの道筋があります。

一つは、五感によって生きていく道筋
もう一つは、自然の法則によって生きていく道筋
三番目に、意識と潜在意識の共同作業で叡智を得て生きていく道筋です。


「役立つ仕事術」は、この三番目の道筋を進み仕事をする道です。


もし、五感だけで進む道を選ぶなら、
何かと比較したり、自分のエゴから生ずる恐れに捕まったり、
時間的制約や空間的制限を持つことになるでしょう。

二番目の自然法則によって進むなら、
法則を知っているので、恐れから解放されて落ち着いて創意と理解力で、
限界に挑みながら進むでしょう。

そして、三番目の意識と潜在意識の共同作業で進むなら、
自然の法則とも密接に関わり、限界という概念から解放され、
目的をしっかりと持って進むことになります。


この話を聞いて、皆さんは何を思うでしょう。

多分、どういう「気づき」があるかで、どの道筋を選ぶかが決まってくるはずです。


「気づき」という意識が知覚する反応は、
感情」「思考」「行動」「存在」という四つの体験でもたらされてくるでしょう。

「感情」でやってくる時、
「覚えている」という感覚や、「どこか懐かしい」という感覚を伴ったりします。

「思考」でやってくる時、「知っている」という感覚の他に、
「探求したい」とか、「冷静さ」「静寂」という感覚を伴ったりします。

「行動」でやってくる時は、「行動が自分のものではない」といった感覚や、
「コントロールすることをやめたのに、かえってうまくいっている」とか、
「何か大きな計画」を感じたりします。

「存在」としてやってくる時には、「愛されている」と気づいたり、
出来事が「偶然ではなく微妙な連鎖で起こっている」感覚を持ったり、
「自分が唯一無二の存在」という感覚を感じたりします。


これらを、身体的に感じたり、言葉では到底表現できない感覚で気づくのですが、
そのどれもが、「五感」や「理解」というものを越えた微妙で繊細な感覚です。


多くは、人生の途上でゆるやかに道筋が見えて来るのですが、
時には、一つの体験が、「人生そのものを変えたい」という強い力となり、
それを突破口として、四つの「気づき」が一気に大きく開き、
感情」「思考」「行動」をそれまでの価値観では捕らえ切れない感覚が爆発します。

その時には、「存在」という「気づき」が新しい価値観で確信されることで、
更に「感情」「思考」「行動」に統一性をもたらすことができるでしょう。


そのような急激な変化でないなら、
愛を体験したり表現したりしている時に、「感情」の気づきは「愛情」という道になり、
落ち着きを取り戻し、様々な思惑を手放せた時に、
「思考」の気づきは「静寂」という大いなる叡智と共鳴する道になり、
利己的な欲求や期待を手放すと、
「行動」という気づきは「奉仕」という大いなるところにゆだねる道となり、
自分を高め、真の自分を隠す幻想を手放すと、
「存在」という気づきは真の「私(I)」となり、「大いなるところ」と一体となる道になります。


人類全体は、今世紀に入ってから、
それまでとは全く違う価値観に基づく調和をなそうとしています。

そこには、混乱、崩壊、創造が数限りなく起こってきます。

そんな時代に、自分が自分らしく仕事をし、
尚且つ自分にとっての真の目的を達成していくための仕事術が、この「役立つ仕事術」です。

その公式は、
「発願⇒確信⇒受取」というとてもシンプルなものですが、
そこにあらゆる有形無形の宝を得ていく仕事術です。


人生で多大な時間をかける「仕事」というテーマでお話していますが、
「発願⇒確信⇒受取」というのは、何も仕事に限ってしか使えないものではありません。

生きていく上で、あらゆることに共通する公式です。


これからは、真実に生きることで真実を現実にしていくことを体験していく時代ですから、
ぜひ皆さんも、「発願⇒確信⇒受取」を仕事に、恋愛に、夢に、生かして頂きたいと思います。



⇒関連記事 [新しい価値観を確信して仕事する]
⇒関連記事 [仕事に起こってくることの真の意味]
⇒関連記事 [直感を生かした仕事をするための基本]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



スポンサーサイト
力強い後ろ盾
私達は、仕事に、何らかの意図を持って臨みます。

夢を実現するためといった前向きで創造的で、「動」のエネルギー的なものから、
生活を維持するためといった「静」のエネルギー的なものまで、
一人一人みんな違う意図を持ちます。


そして、その意図の後ろには、古くに形成した「思い込み」があります。

様々な記憶を絡み合わせて構成した思考パターンです。

この回路は、ほぼ無意識に稼動させており、
潜在意識は、必要な時に必要な記憶を加えて、
その選択が正しいことを裏付けようとしています。


潜在意識のパワーは強力で、意識の何倍ものビットで働くので、
意識して意図していることを現実的に実現していくプロセスでは、
心強い味方にも、手強い障害にもなりますので、
自分の潜在意識がどのような状態であるかを留意しなければなりません。


ですから、どうも仕事がうまくいかないとしたら、
意識と潜在意識が不協和音を奏でている
と思った方が、解決の糸口を知覚できますし、
時には、ごく自然に最善の方向に軌道修正できます。


潜在意識のトレーニングは、日常生活で、ごくシンプルにしていくことができます。


まずは、起こること全てに、自分の中の記憶が関与していることを受け入れることです。

その記憶を再び奥に押し込めようとしたり、否定したり、
頭で判断したりする必要はありません。


出会う出来事、出てくる感情を観察して、
「潜在意識にあるこういうことを見せてくれてるんだ」と、素直に受け入れる
のです。


すると、意識と潜在意識の協力体制ができ、
記憶のエネルギーの質を変換する準備が調います。

受け入れて、手放す準備が調うのです。


私達の脳の、無意識を司るところには、このための三つの働きが備わっています。

生命維持

習慣を形成し働かせる

無限の叡智にアクセス



誰でも、残虐な行為や恐ろしい様や、
自分の苦しく生々しい過去を打ち明けるのには、勇気がいります。

苦しい記憶は、長く潜在意識に閉じ込めており、固く閉ざされ、痛々しいものです。

潜在意識は、それを手放す準備が、自分の内側では調いだした時に、
それを記憶の再現として、見せてくれます。


「自分にできることとしか出会わない」
というのは、こういうことを言うのです。

それが、怒りであろうが、絶望であろうが、
手放せる記憶が潜在意識にあるということを教えてくれているのです。


意識で手放そうとすると抵抗が強いはずです。

意識の役割は、それを受け入れて、手放すことを潜在意識に伝えることです。

すると、潜在意識は超意識の働きも得て、大いなる神聖なエネルギーとつなぎ、
癒しや愛やゆるしなどの波動に変換されるのです。


ですから、何かを体験して知覚したり、感情が出てきて知覚したりした時には、
すぐに手放しのプロセスに入る
ことが大切です。

潜在意識は、今この時点で何を手放すべきか知っています。

知っているから、それを体験させているのです。


こうして、潜在意識の役割をいつも知覚するようにしていきますと、
いつも自分本来の輝きを出していくようになってきます。

やがて、自分が意識していないところでも、潜在意識が自然と手放すようになります。


目の前に起こる出来事の意味は、
このことを知って、実行している人とそうでない人では、全く違うものになります。


前の時代までは、これらのことは、神秘主義的なところでしか語られませんでした。

新しい時代になり、科学的な検証も数多くなされ、
ゆっくりと静かに、人々の新しい価値観として浸透しつつあります。

皆さんには、一歩進んで、意識と潜在意識の協力体制で仕事する方法を、
少しずつでも身につけて下さればと思います。



⇒関連記事 [自分が出すエネルギーの質を変えて仕事する]
⇒関連記事 [ビジュアライゼーションの能力を高める方法]
⇒関連記事 [直感を受け取って仕事するための基本中の基本]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



緊張感を和らげる方法
比較的、短い時間で緊張をほぐす方法を知っていた方が、何かと、日常便利でしょう。

代表的な方法を、いくつかご紹介します。



痛みを与え、混乱している脳を抑える。

柔道の試合などで、コーチが選手の背中を、
バンバンと強く叩いたりしているところを見たことがありませんか?

肉体的な痛みを感じますと、脳の指令は一気にそちらに向かわせますので、
それまで「緊張」という感覚に集中していた意識の焦点が、
痛みを感じるところに意識の向かいどころを変えることができます。

顔をパンパンと叩いたり、簡単なストレッチなどをして、
身体に刺激を与えることで、緊張がほぐれます。


腹式呼吸で声の震えを抑える。

緊張している時は、呼吸が浅くなっていたり、不安定になっていたりしますので、
体内に、呼吸で十分なエネルギーを取り込むようにします。

腹式呼吸や、ハー呼吸法などをやってみましょう。

声の震えも止まります。


風船が落ちてくるまでに、好きな食べ物などを多く言う。

もちろん、イメージの中でやってもいいのです。

人間は、ワクワクしてやっている時に、本来の力を発揮できます。

今やろうとしていることに緊張を感じている時でも、
何かワクワクすることを脳に想起させることで、潤滑な行動に移す準備が調います。


結果を求めずに、大いなる叡智にゆだねる。

行動すれば、結果が伴います。

その結果を自分でコントロールしようとすると、緊張します。

過剰な結果への思いが、脳の自由奔放な働きを奪い、心身は硬直します。

思い切って、結果は神様などにゆだねてみることです。

どんな結果であれ、今の自分に最も得ることが多いことが受け取れますから。

いっそのこと、
「最高の結果を下さって、本当にありがとうございます」
と、先に感謝してしまうことです。

完全にゆだねますと、むしろワクワクしてくるのです。

そのように、人間は創られています。



以上の四つで、ほとんどの緊張は緩和されるはずです。

緊張している時というのは、要は脳が混乱しているということですから、
混乱しなくてもいいことに意識が向けば、緊張は緩和されます。

さぁ、あとは、楽しむだけです。

ワクワク度数100%で。



⇒関連記事 [瞬時に緊張をほぐす方法]
⇒関連記事 [営業の緊張感を取る方法(「ラ・ポール」)]
⇒関連記事 [苦手な人の前での緊張をほぐす]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


★翁相談室へのお問合せ★
お名前・相談の種類・お住まいの都道府県をお知らせ下さい。
折り返し、詳しいご案内を返信致します。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。