未来のワークスタイル 2010年11月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決断力2
自分の決断に今一つ自信が持てない時は、感性に助けてもらうといいです。

自分の内側の真の自己と共に、次のように自分自身に尋ねてみましょう。


「その答えは美しく、また同時にいくつもの問題を解決するだろうか?」

「大切な情報は十分だろうか?」

「行動の方向性は正しいだろうか?」

「状況に無理を強いていないか?」

「タイミングは良いだろうか?」



このように自分自身に問い、体がどのような反応をするか感じ取ります。


もし胸がつかえる感覚があったり、筋肉が硬直しているように感じたり、
喉がつまるような感覚があるなら、
あらためて一つ一つのポイントを見直し、
自分の内側のエネルギーがつながっているところを確認しましょう。


もし、明るく前向きな感覚が次々と出てきたり、下腹に力強さを感じたり、
胸がスッキリしているなら、迷うことはありません。

次のように続けて自分自身に尋ねてみましょう。


「行動はいつするか?」

この問いに対し、「今!」と即答できるなら、正に感性が導き出した決断です。

早速、「発願⇒確信⇒受取」の実践行動に取りかかりましょう。


真の自己とつながり決断するのに大切なことは、
変化や新しいアイデアを歓迎できる状態にできていることと
(結果にこだわりすぎず十分にゆだねていて受け取る準備ができている)、
何が自分にとって魅力的か、何が自分の内側の情熱を呼び覚ますかに、
正直な選択をする
ことです。


最初は受け取るのにかなり時間がかかる人も、
その都度、自分が高い波動でいることを阻害するものを手放していくに連れて、
様々な波動の違いに気づけるようになり、
真実と向き合うことが多くの気づきやアイデアを受け取ることにつながり、
最善最良の結果を受け取ることにつながる
とわかってきます。


こうなってきますと、決断は早くなり、
しかも揺るがぬ信念を持つようになれます。

もちろん見送る決断も早くなりますが、
その時には、どなたかの提案に、直感的にもっと情報が必要だと感じ取ったり、
何か重要な点が抜けていて熟考する必要を感じたりします。


繰り返し「発願⇒確信⇒受取」を実践している人は、この感性が育ってきます。

微妙な情報を意識する練習をしますので、
意思決定のプロセスを大幅に短縮することができるのです。

感性を高めることが、決断をバックアップしてくれるようになります。



⇒関連記事 [仕事に生かせる「感性」を育てる]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で身につく感性]
⇒関連記事 [「決断」を躊躇しない「正しい」仕事にする]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
決断力1
皆さんが、決断をする時というのは、だいたい次のような感じではないでしょうか?


「A・B・C、どれかを行うか、それとも何もしないかのどちらかだ。

Aを取ると、こういう良い点があるが、こういう悪い点がある。

Bを取るとこういうメリットとデメリット、Cならここはいいが、ここは悪い。

どれが一番良くて、悪いところが少ないだろう。

もっとデータを集めて分析して、検討してから決める。」


何とも、決断というのは複雑でややこしい作業を必要とするものです。

このプロセスに、
失敗したくない思いや人が期待していることからくる恐れが入り込みますと、
本来の自分がどこかにいってしまい、選択を誤る
ことになります。


特に流れが下降線上にある時の決断は、重々注意せねばなりません。

不安、心配、恐怖の感情で選択すれば、
当然その波動と共鳴することを引き寄せることになります。

何かのエネルギーが下方向に向きだした時には、
間違いなく手放すべき「恐れ」と「気づき」を待っています。



まず自分の内側のエネルギーの状態を調えることが先です。

つなぐエネルギーは、もちろん
「愛」であり、「豊かさ」であり、「無限の叡智」があるところです。

その上で、真の自己分が進もうとしている方向性を感じ取りましょう。


「発願⇒確信⇒受取」を実践し続けている人には、やり方は簡単です。

A、B、Cそれぞれを発願、また組み合わせた発願、そして何もしない発願をして、
自分の内側に出て来るエネルギーと一体になり、
心地よい確信を得るものを選択
すればいいのですから。

もちろん細かいところは宇宙に任せて、ゆだねて下さい。


エネルギーが開いていくのか、閉じていくかは、
ワクワク感や圧迫感、湧き上がる感情の質、体の反応などで感じ取ることができます。


エネルギーの流れを取り戻し、真の自己と一体であれば、
インスピレーションも戻り、新しい展開を楽しみにしている自分を取り戻せます。



もし予想以上に混乱していて、真の自己をかなり見失っていると自覚できたなら、
素直にそんな状態の自分を受け入れて、
「気づき」につながる質問を自分にしてみましょう。


「脇に押しやってしまっている今も魅力を感じる夢はあるか?」
⇒発願してエネルギーの流れを感じてみよう。

「以前は達成したくて熱心だったが、熱が冷めたことはあるか?」
⇒手放してスペースを創ろう。(空白の法則)

「人生全般を見て、退屈を感じていることはあるか?」
⇒これも手放してスペースにしよう。

「意識の片隅をとらえてはなさない、好奇心を感じることは何か?」
⇒発願してみてエネルギーの流れを見てみよう。

「すでに達成したり完結したりしている行動や目標は何か?」
⇒手放して見れば、新しい自分が見える可能性が高い。

「年齢、お金、時間など、自分を制限するものがなく、
しかも自分を助けてくれる人がいるとしたら、どんな生き方をしてみたいか?」

⇒浮かんできたことをすべてノートに書き出そう。



こうして、自分本来のエネルギーと波動を取り戻したなら、
あらためて今向き合っている決断のテーマに戻りましょう。

すでに答えは出ているかもしれませんし、
Dという新しい選択肢を生んで着手するかもしれません。


なかなか発願したことを手に出来なくて、最初に受け取るまで時間がかかった人には、
受け取るためのスペースが大切だということが痛感できるはずです。

自分の内側を調えて、本来の波動を取り戻したなら、答えは自ずと浮かびます。


また、決断力に自信がない人は、
いろんなテーマに上記の質問をして
自分の内側のエネルギーの状態に精通することで直感力が増し、
いざという時の決断に自信を持てるようになります。


答えは問題と共にあります。

「決断しなければならない」という選択から、
「これができる」という確信ある喜びの選択に移行していきましょう。



⇒関連記事 [これからの時代に強さを発揮する決断力で仕事する]
⇒関連記事 [☆「決断」を躊躇しない「正しい」仕事にする]
⇒関連記事 [仕事を決断力を持って全うするために]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



問題には「気づき」の手がかりがある
魂は、一つ一つの体験から学び、成長していきます。

なので、魂の栄養を得る学びとなる体験ができるように、
人生や仕事には、様々な状況が用意されます。

今、問題に遭遇していると気づけた時、
自分の内側のエネルギーに注目してみて下さい。

問題に悩まされているときは、
エネルギーの流れを止めて滞っていることに気づくでしょう。

それは、何か誤った認識があるとか、体験的にまだ十分ではないとか、
手放すことができる記憶があるといったことを教えてくれているのです。


問題が起これば、自然とそこに注意が向きます。

なので、現実的な解決策を打つだけでなく、
そのことを通して気づかせようとしてくれている
自分の内側のテーマにも注目できます。


問題を通して「気づき」を得る手がかかりを、いくつか挙げてみます。



違う枠組みで考えてみれば、今認識している抵抗が取り去られ、
 解決策のためのスペースが広がる。


②問題を魂からのメッセージとして受け取ってみる。
 魂の波動と同調してから、問題が示す真の目的について考える。


③「問題だ」と思って立ち止まるのでなく、肯定的な質問にして問いかけてみる。

 ex.「欲しい車が高すぎて買えない」
   ⇒「この車に乗るとどんな体験をできるだろう」
    「この車が与えてくれる素晴らしい感覚から何を学べるだろう」


自分の内側の問題をまず片付ける。

 否定的に考える基になる記憶を手放し、解決している自分を想像し、
 自信や誇りを感じる。(未来先取り法)

 ⇒五感すべてで感じたことは、実体験として認識される。
  その時、魂は自由と豊かさを感じる。


自分の内側の問題を片付けると、
 外的なことは自動的に解決していく
ことを知る。


⑥問題を認識できたということは、
 自分に適した新しい波動が別にあることを教えてくれているということ。

 真に今、喜びを感じることは中で何か、内側の真の自己と相談してみる。


⑦複数の問題が同時に起こっている時は、どれにも共通するテーマがあるから、明らかにする。

 緊張や疑問を感じることは何か?
 何を恐れているか?
 どんな体験をしたいと思っているか?


 共通することを明らかにして、一つが解決すると、他の問題も解決していく。



いくつか例を挙げましたが、日頃から「気づき」の練習をしておくことで、
いざ問題が起きた時に、速やかに答を見つけることができるようになります。

PCの電源が勝手に落ちたり、プリンターの調子がおかしくなったりしたら、
そこに「気づき」が隠れているかもしれません。

自分に優しくしていなかったとか、表現が荒々しくなってきていたとか…。

あらゆることに愛を込めて見つめ、接してみましょう。



問題を認識できたということは、理想的な状態に戻す時にある、或いは、
ズレを修正すると新しいステージが待っているということがよくあります。

クリアーできない問題に遭遇することは決してありません。

答はすでにあるので、そことつながるようにするのです。

これもまた、「発願⇒確信⇒受取」の一つの応用です。



⇒関連記事 [自己質問を上手にして、仕事の問題を解決する]
⇒関連記事 [自分の内側で解決できる仕事術]
⇒関連記事 [仕事に起こる問題解決の手がかり]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。