未来のワークスタイル 2011年08月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の目的
皆さんにとって、仕事は自分の内側でどのような位置づけになっているでしょう。

単なる収入源としての手段でしょうか?

夢を実現するためのプロセスにおけるワンステップでしょうか?

それとも、そんなこと考えたことは全くないという方でしょうか?


仕事の形態として、派遣で働く方が増えていますから、
自分にとって仕事がどのような位置づけにあるかがはっきりしていなければ、
やもすると、なぜ今、自分が今の仕事をしているか曖昧になり、
仕事が喜びではなく、義務感やあきらめの対象になってしまいかねません。

昔のように、働いている場所が、自分に喜びを必ず提供してくれると思っていると、
不安や不満の方ばかりが増えてくるでしょう。


もちろん、オーナーはオーナーで、仕事を提供すればいいというだけでなく、
そこで働く皆に喜びを感じられる運営が求められますが、
すべてのオーナーが働く人の喜びを大切にしているというわけではありませんから、
何らかの形態で勤めるという仕事スタイルであるなら、
自分が自分自身のために、
喜びを感じることができるようにして
あげなければなりません。


それには、自分の真の願いをリストアップし、
自分が望んでいることを明らかに
しましょう。

自分の人生の目的を明確にし、ビジョンを鮮明に描くことが大切なのです。


想像は、「創造のプロセス」の第一歩です。

私達は日常生活で、いつも普通にいろいろ想像して、頭に思い描いています。

視覚化(ビジュアリゼーション)は、私達が普通にいつも行っている頭の使い方です。


「発願⇒確信⇒受取」を続けていきますと、
自分がいかにいつも頭の中でいろいろ描いて、
結局はそれをそのまま実体験していたかわかってきます。

その想像の意識を束ねるコツがわかっていなければ、
記憶や思い込みにまかせて、望みとはかけ離れていることを思い描いていたことが、
どれだけ多かったかにビックリするでしょう。


メディテーション(瞑想・黙想)をセミナーで実際にやって頂くことがあるのは、
ほとんどの方が、意図を宇宙の原理に共鳴させながら想像することに未経験なためです。

或いは、自由連想法を実体験して、想像の楽しみを呼び起こして頂くこともあります。

子供の頃は、両親がどこかに遊びに連れて行ってくれると聞くだけで、
あれをしたい、これをしたいと、早速想像を楽しめていた人も、
今ではすっかり、想像することに身構えてしまうようになってしまった形が多いので、
本来得意だったはずの想像力を呼び戻して頂くのです。


ビジュアリゼーションを用いる未来先取り法とアファーメーションを用いて、
自分を制限していた思い込みを、
自分の望みと宇宙の働きかけが協力体制になる方法などもお話しますが、
皆さんのこれまでの体験を、
皆さん望みに正しく反応するシステムにリフレイミングするためです。


この作業においては、恐怖心が出てくることがよくあります。

ですから、恐怖心の正体と克服の仕方をも知る必要があります。

瞑想呼吸法などで、
完全にそこから出て希望と喜びにエネルギーの質を変えていく方法もありますし、
日常いつでも使えるインスタントだけども使い勝手のいいメソッドもありますから、
自分が得意なエネルギー転換法を一つ知っておくと、とても便利です。


このようにここでは、仕事の喜びを取り戻す方法をたくさんお話していますが、
皆さん自身の人生の目的真の喜びを、
皆さんが自分自身で認識しているかどうかでは、いろんなお話の意味が違ってきます。

ですから、自分の人生の目的、自分の真の喜びは、
皆さんが皆さん自身のために、真剣に見つけるようになさって下さい。


皆さんが、自分に起こった問題は自分で解決できるようになって頂くことが、
一番大切なのです。

それには、自分が今、どこに向かっているか知覚できていることが重要なのです。



⇒関連記事 [ビジュアライゼーションを上手に仕事に生かす]
⇒関連記事 [想像を創造力にして仕事する「発願⇒確信⇒受取」]
⇒関連記事 [黙想(自由連想法)の仕事への生かし方~黙想と瞑想]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
自信2
仕事力を上げていくという成長の過程は、生物の成長そのものです。

急成長の時も、ほとんど成長しない時もあります。

幼少期青年期成熟期を経ていきます。


幼少期には与え続け、観察し保護し続けなければなりませんし、
まだそれに対して、何の見返りも期待できないのが通常です。
(最近は、幼い時期に早くも才能を発揮する子もいますが、
それでもよく観察してあげる重要性に変わりはありません。)


青年期には、仕事人としては自分で自分を支えることができますが、
他のことを支える余裕はまだありません。

周囲は、過剰な期待と負荷を与え過ぎないことと、
急激に拡大させないよう十分気をつけて見守ってあげる必要性があります。

この時期には、どうしても早く結果を出すことに意識が向きますから、
将来性を考えるなら、焦りは禁物です。


強くビジョンを抱き続ければ、仕事力は一定のレベルを得てゴールに到達し、
成熟期に入ります。

成熟期に入っても成長は続き、仕事し続けるわけですが、
困難は必ず訪れますから、それを切り抜けるだけの強さを培うことが大切です。

その困難は、個人の能力に関わるものだけでなく、
たとえば勤めている会社の調子が悪くなるという状況としても訪れます。


この場合、個人の強さを保つ現実的な力として、お金を無視することはできません。

自分にお金がある時、会社の危急にあっても、個人の強さは保てます。

この意味でも、青年期から、収入の10%は貯蓄するという習慣を奨励しているのです。

もし必要があれば会社にお金を貸付けられるように、
個人的にもお金を貯えておくぐらいの気概を持ちたいものです。


ここで、お金とのつきあい方をすこし復習しますと、
毎月の支払いが多すぎて困ってしまう借金はぜったいしてはなりません。

常に十分な貯えを持って、プラスのフィールドでゲームに参加する感覚を、
青年期から身につけましょう。


「たくさん与えるれば与えるほど、多くを与えられる。」

この真理は、経済的なことだけでなく、
充実感、喜び、愛もにも同じく働く原理であることを、決して忘れないで下さい。


今、自分は仕事に自信がないという人も、
決して自分を過小評価しないようにしましょう。

人の成長と同じく、仕事力の成長も個人差があります。

周りと比べるのではなく、
今より一年後には確実に成長しているように、培っていけばいいのです。


ビジネスの成長をうさぎとかめのお話にたとえられることがありますが、
皆さんがうさぎタイプであろうが、かめタイプであろうが、
成長する志を捨てることなく培っていくなら、
必ずその仕事を自分のものにすることができます。


自分を信じて下さい。

人は、成長せずにはいられないのです。



⇒関連記事 [何よりも強い自信を得て仕事する]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」を自信を育みながら身につける方法]
⇒関連記事 [仕事に自信を持つために取り組みたいこと10項目]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



自分次第
人というのは、何かを手に入れたいと考える時に、
それがとてつもなく大きなことに考えがち
です。

ですが、落ち着いてよく考えてみましょう。

他に、気軽に考えて普通に手にしていることもあるのではないでしょうか?


よく知っていることや、いつもしていることなら、
大きくとらえないで普通に願って当たり前に手にしています。

あまり知らないと、無意識に想像力を働かせて、
「時間がかかるだろう」とか、「大きなことなので達成できないだろう」と、
想像してしまっているわけです。


自分の望みが大き過ぎると考えると、
望みがかなうのが遅くなったり、何にもせずにあきらめてたりします。

この回路を「普通に手にしている」ことと同じようにできるように変えていくのが、
「発願⇒確信⇒受取」なのです。


とはいえ、それまでは無意識にやってきたことを新しい回路に置き変えていくには、
それなりの手順を踏んでいく方が賢明です。

まず最初にするのは、
「これならできそうだ」と思えることを願って、手にしていくようにします。

「ここまでが限界かな」と思えるよりも、ほんの少し大きめの発願をするのです。

そして、それを手にしているイメージを働かせて、
それに合わせた行動を取っていきます。


実は、「発願⇒確信⇒受取」で望みを実現していくには、
可能な望みに大きいも小さいもありません。

同じ原理で、同じようにことが起こるだけです。

宇宙からすれば、
人間個人が思う大きい小さいなど、たいして変わりはありませんから。

皆さんが何を望むにせよ、宇宙からすれば、ほんの小さな点のようなものです。


この度、なでしこJAPANが、ワールドカップ優勝という快挙を成し遂げてくれました。

彼女達が優勝を真剣に考えてイメージして、
そのために今あるものをすべて使って、今できることをすべてやり、
彼女達はその通りの場所にきました。

彼女達が分け与えてくれた勇気と希望が、日本だけでなく世界に広がりました。

彼女達が、この原理を見事に実例としてみせてくれました。


こう申し上げても、
「自分の人生には否定的なものがあって、それを変えなければどうしようもない」
という気持ちから、まだ抜け出せない方もおられるでしょう。


それならば、「発願⇒確信⇒受取」を始めて下さい。

ご自身のできるところからでいいのです。


身体に不調を抱えているなら、
不調なところに意識を合わせないで、健康なエネルギーに意識を合わせましょう。

否定的な状況の真逆、すなわち「愛」のエネルギーです。

否定的なものを肯定的なものに変えようとするのではなくて、
それはそれで受け入れて、「愛」に注目するのです。

自分の内側の真の自己に、「愛」を注ぐのです。

すると自分の内側から愛の波動が流れ出し、
手にしたいこととも愛の波動で共振しようとし始めます。


私達が完全に体感できることは、それが既に存在することを意味します。

どんなことに対しても、
心地よい気分で対応し、自分が放つエネルギーの場を、いい気分で満たしましょう。


人の気持ちは正直です。

気持ちの通りのエネルギーを、意識を注ぐ対象に満たします。

まず簡単なことから始めて、
私達はいつも願い通りに実体験していることを体感して下さい。

否定的なな結果を受け取ることになってしまった体験も、
自分の正直な気持ちを見てあげれは、
「なるほど」というつながりを見つけることができます。


「発願⇒確信⇒受取」に失敗はありません。

「学び」かあるだけです。


だから、楽しんで下さい。

望むものを手に入れたと想像し、実感するようになっていると、
想像した通りの世界に既に存在している
ことを、実体験して下さい。


最悪なことであろうが、最善なことであろうが、
私達がありありと思い描き、それに気持ちを合わせていることは、
宇宙からすれば私達の真剣な願いです。

それがカタチになっていく後押しをします。


感情と身体が、今の自分が自分の望みに肯定的な調和を取ろうとしているか、
否定的な調和を取ろうとしているかを教えてくれ
ます。

どんな状況の下でも、明るく幸せな気持ちでいようと決めている人は強いです。

幸不幸は、自分の気持ち次第です。



⇒関連記事 [仕事の可能性を広げるも狭めるも自分次第]
⇒関連記事 [仕事を幸福にするのも不幸にするのも自分次第]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」でする目標達成術]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。