未来のワークスタイル 2011年10月19日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のキャパを広げる
多くの人が掲げた目標を達成せずに終わってしまう内的な理由の二大要因は、

限界があるという信念

あきらめがはやい


この二つです。


人は、自分が考えていることが行動となって現れてきますので、
自分が信じ込んでいる限界以上に進めません。

「発願⇒確信⇒受取」を実践している皆さんには、
ぜひ限界をはずしていくコツを知って頂きたいと思います。


それは、
「これ以上は無理と思えたら、あと一歩だけ前に進む」
ということです。


これも一つの「プラスアルファの魔法」です。

無理のし過ぎを続けますと、人の内在的なシステムは破綻しますが、
この内在的なシステムは、すこし余裕を持って対応できるようになっていますので、
限界を感じた時にほんの少しだけ前に進むことには対応できます。

いつもこのようにしていますと、自然とキャパシティは大きくなっていき、
以前は大変に感じたことが、何なくこなすことができるようになっていきます。


また、日頃のこの習慣が大きなチカラを発揮してくれるのは、
究極のピンチを迎えた時の踏ん張りです。

緊急時というのは大ピンチであると共に、大きなチャンスも内在していますから、
日頃から、すこしずつ限界を超えていく練習をしていると、
自分の能力の最大限を発揮して、
ピンチをチャンスに変えるヒラメキを得やすくなります。


こうして大きな危機を乗り越えていくことで、限界のラインは目に見えて高くなり、
しいては、「限界を感じている時こそ自分が大きく成長するタイミング」、
その時が来たことを知覚できるようになります。


また、あと少し続ければ、それまでの努力が実るところまで来ているのに、
そういう時に限って、あきらめようとする人が結構おられます。

すでにそのテーマをクリアーしている側から見れば、
何とももったいない話なのですが、
当の本人は、もう続けようとはせず、意識が別のところにあります。


日頃から、自分のの限界を乗り越えていき、自己成長することを楽しめていますと、
比較的このような心理に陥りにくいのですが、
義務をこなすこと、規定の仕事をすることだけが当たり前になっている人は、
どうもあきらめが早いようです。


別に、自分を向上させていくことが義務というわけではありませんが、
生成化育、発展向上に向かう変化が宇宙の原理である中で、
自らに限界を決めてする仕事は、大原理と不調和にあることは間違いありません。

これでは、目標達成せずに終わってしまうのも、無理のない話です。


自分が思う限界のリミットラインを上げていくのは、
決して難しい作業ではありません。

日頃のほんの少しの頑張りの積み重ねで、キャパシティは広がるのです。

今、自分の当たり前に考えている仕事の質や量などを、
10%プラスする仕事にしてみませんか?

一年後の光景が楽しみになります。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」を仕事に取り入れると始まる自己成長]
⇒関連記事 [魂を成長させながら仕事する]
⇒関連記事 [成長ビジョンを描き続けて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。