未来のワークスタイル 2012年09月12日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優勢なエネルギーの影響
人は、自分の思いや気持ちを調えることで、内なる神性とつながり、
エネルギーの場を前方へと流し出して、
明るく発展的な共時性をもたらす
ことができます。

この時、他の人々が共時的なプロセスに上がるイメージを見て、
その人達が幸福を感じる波動にあることを祈りますと、
より大きな手放された期待で、これから起こることを楽しんでいくことができます。

人々が複数集いますと、そこに文化が育まれていきますが、
このようにして集団の空気、文化が形成されていきます。

人々が複数集い、どのようにして文化を進化させていくかを知ることによって、
あらゆる人の祈りの場をも拡張し、
その人達が、より力強く進化していくことを知ることができるのです。


恐れと憎しみを捨て、このプロセスに忠実であれば、
私達は助け合いと分かち合いの文化に導かれていきますが、皆さんには、この流れを、
「発願⇒確信⇒受取」で仕事していきながら感じていって頂きたいと思います。

そして、私達は自分が放つ思いや感情のエネルギーを共振させながら、
自分がいる環境に影響を与え合っている
ことを確信して下さい。


「自分がしてほしいことを人にしてあげる。」という黄金律は、
このエネルギーの流れをどのように生かしていくかを教えてくれています。

私達がその対象をどう思い、どう扱うかは、
その対象が私達をどう思い、どう扱うかを決める
のです。

相手に送り出す感情や、行動と共に送り出す祈りは、
その感情の期待通りのものを相手にもたらし、相手はそれに応じます。


そして、「思い」というエネルギーを互いに放出しあって、
優性なエネルギーにコントロールされるようになっていきます。

このコントロールから逃れる唯一の方法は、
深い神聖なるエネルギー、愛のエネルギーとつながっていることです。

ですから、日々に「ありがとう」をたくさん増やし、
感謝のエネルギーの場を自分があるところとしましょう。


通常人々は、神聖なるエネルギーとのつながりを持つことを、
意識的にも無意識的にも忘れてしまっていますので、
いつも強いエネルギーを放つ他の念に動かされ、
ついには自分が何者で何をするためにここにいるのかさえわからなくなってしまいます。

すると、自分の感じていることに不安を常に抱えることになり、
同じ不安感を持つ人を探し、安心しようとします。


ですが、そういう人達同志で「そうだよね」と互いを慰めあっても、
それで不安が消えることはありません。

やがてまた次の不安の種をほじくり出し、同じことを繰り返そうとします。

否定的な思いのエネルギーを互いに増長させ、周囲に放射し、
そこから抜け出せなくなっていきます。


思いは伝染します。

否定的な期待もまた、一つの祈りです。

強い否定的な思いは、あらゆる否定的なエネルギーを持つ対象と共鳴し、
自分へと引き寄せます。


私達は物事をありのままに見なければなりません。

実際に「ある」ことは受け入れなければなりません。

もしそれが否定的な波動を持つものであれば、即座に自分の内側の記憶を手放し、
肯定的に望むイメージを描き直す
必要があります。


どんな人の内にも魂の善なる光があります。

それは「命」です。

自分の命の輝きに焦点を合わせましょう。

すると相手も同様に、命の尊い輝きを気づかざるを得なくなります。

「感謝」の波動にある時、そのようにできています。


相手に期待することは、
そのまま相手がこちらに期待することとなることを忘れてはなりません。

過去の記憶による思い込みは、簡単に私達に怒りを誘発させます。

怒りは、いつもパワーを倍増させようとします。

相手より優位に立たせることで、相手より強くなったとエゴに思わせ、
気持ちよくさせることが得意です。


また不安は、足音一つたてずに忍びこんできます。

そこにもまた、過去の記憶がからんでいます。


愛のエネルギーがあふれるエネルギー場では、
一切の否定的なエネルギーは退散せざるを得ません。

記憶を愛のエネルギーで浄化させていくことで、
自ずと否定的なエネルギーが消えていくことになります。


日頃使う言葉の癖にも、気をつけましょう。

先日、オリンピックの柔道の試合で、
コーチが大声で「こわがるな」と叫んでいました。

放送に乗るくらいの大声ですから、
当然試合中の極限の集中状態にある選手にもその声を耳にしたでしょう。

案の定、選手は最後まで技をしかけることを恐がり続けて、
「指導」を受けてポイントを取られて、結局敗戦となりました。


「恐がってはいけない」というのは、
実際に「恐がる」ことを祈っているのと同じです。

肯定的なエネルギーを送り出して、
肯定的な結果を受け取るには肯定的な言葉で表現する
ことも大切です。


原理はとてもシンプルなのです。

「出したものが返ってくる。」

今この瞬間に出すエネルギーが、次に受け取ることを誘います。


環境や状況を変えるなら、まずは自分の思いや感情です。

その波動は、自分が願うことと共振する波動であること。

そのエネルギーは、自分の内側で圧倒的に優勢であること。

これは、「発願⇒確信⇒受取」で仕事する皆さんには、
一番抑えておかなければならないポイントです。



⇒関連記事 [思いのチカラを理解して仕事する]
⇒関連記事 [仕事状況を好転させる行動]
⇒関連記事 [良いエネルギーを放ち合う仲間で仕事するために]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。