未来のワークスタイル 2012年09月17日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁が見えたら
成功するには、全身全霊、全力で向かわなければなりません。

それなりに向かうなら、それなりになるのが自然の理です。


成功回路が定着し、
本当に自分を助けるヒラメキを最初に得る経験をするまでには、
徹底的に追い込まれて、
とことん自分を見つめ直すように御働きが導くこともあります。

なぜなら、逃げることばかり考えているのは、
どこかにまだ余力がある証拠だからです。

その状態では、まだ「それなり」の域を出ていないのです。


とことん追い込まれて、とことん考え尽くして、
その中から一つのことを選択し、行動に移した時、
行く末を見えなくさせていた雲間に光が差し始めます。

自分の思いが雲となり、先を見えなくさせていたことが何かに気づき、
思いの雲となる記憶を本気で手放そうと思えてきます。


記憶、すなわち自分の思い込みを本気で手放し始めたら、
雲間から顔をのぞかせた太陽のように、ヒラメキが世界を明るく照らし始めます。

ひょっとしたらそのヒラメキは、
やっとの思いで決めたことをやめる別の知恵だったとしても、
とことん追い込まれて考えつくして得たヒラメキだからこそ、
古い決め事を変更するのに、もはや躊躇することはないはずです。

それこそが、本物の決意、大いなる知恵から得たヒラメキに裏付けられた選択です。


とことん追い詰められたら、悪魔のささやきのごとく、
楽な方へ、或いは自分の真の喜びから程遠い方へと向きたくなる気持ちが、
怒涛のごとく押し寄せていたでしょう。

必死でギリギリのところで、
ポジティブに行こうと戦ってきたものだけに聞こえる、天からの知恵を得たのです。


越えられぬ壁は、自分の人生に見えることはありません。

越えられないなら、自分の意識レベルでは見えないものだからです。

壁が見えたということは、越えられるところまで成長してきたということです。


もうひと頑張りなのです。

あと少しで、今の状況など問題でも何でもなく、
普通にクリアーするレベルに来ているのです。



⇒関連記事 [創造力を発揮する二つの方法を併せ持つ仕事術]
⇒関連記事 [仕事の壁を乗り越える創造心]
⇒関連記事 [仕事に限界を感じている人達へ]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。