未来のワークスタイル 2013年08月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手放された期待
「発願⇒確信⇒受取」でする仕事では、「手放された期待」という表現が出てきます。

大いに結果をワクワクドキドキして楽しみにするのですが、
結果のカタチや受け取るまでのプロセスなどは大いなる御計らいにゆだねるようにするのです。

それには、「出したものが返ってくる法則」をしっかり理解し、受け入れて、
自分の人生に起こることの責任は自分で引き受ける覚悟を決めて頂きたいと思います。


かつては、「ゴールに執着することで、目的を貫き通せる」という考え方が
主流になっていた時代もありましたが、それではあまりうまくいかなかったという経験を
された方も多いと思います。

それもそのはずで、達成に不可欠な「動のエネルギー」を執着心は見事に止めてしまうのです。


自分が決めたゴールへの執着を手放せば、
達成をあきらめることになるという恐怖感があるのでしょうが、結果に執着していればいるほど、
そのプロセスに起こる様々なことに一喜一憂してしまい、
うまくいっていない途中経過に過剰反応をし、やる気を損ねてしまうことになります。


もちろん、目的に向かって粘り強く行動し続けることは必要です。

自身の心構えも、他人の横やりをものともしない超然としたものにまで、高めましょう。

周りの騒音など気にならないで行動を継続する域にまで、高めて下さい。


継続していく行動とは、淡々と、なすべきやり続けるような行動です。

一つ一つの中途の結果に、感情を必要以上に高まらせることなく、
意識を創造的な活動に合わせ続けて行動します。


ところが、ゴールのカタチに固執し過ぎていますと、
創造的な行動ではなく、過剰な感情反応にエネルギーが流れるので、
常に「恐れ」や「不安」を抱えることになってしまいます。

感情反応にエネルギーが注がれ過ぎますと、
人へのアプローチも、相手に警戒心を持たせる波動となり、
相手の反応が、「恐れ」という負の循環を加速させるものになります。


ですから、目的の達成を確信しながらも、
結果に固執した考え方やそれに伴う態度は、手放す
のです。

真の自己と同調する目的で、「充足」のエネルギー場につないで発願したなら、
あとは出したものは必ず返ってくることを疑うことなく確信して、
今「ある」ものを生かして、今「できる」ことを実行していきます。


「これがなければ、大変なことになる。」「成功するには、これがどうしても必要だ。」
といった思考は、「物欲しげ」で、「困っている」というメッセージを相手に伝える波動です。

これは、達成の可能性の主導権を、自分の外側に手渡してしまうことになります。


「発願→確信→受取」で「出したものが返ってくる法則」を確信して、
「確信→想像→創造→確信」という脳が得意とする循環スイッチを押しましょう。

宇宙の原理と調和し、自分が出す波動と共鳴することがもたらされる原理を完全に納得して下さい。

日々、真の喜びを創造する選択をすることが、達成に一番大切です。



⇒関連記事 [「手放された期待」で仕事する]
⇒関連記事 [「執着心」の正体を知り、断ち切って仕事する]
⇒関連記事 [目標設定初心者必須「仕事目標は必ず書きとめる」]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
心の働き
「発願⇒確信⇒受取」で大切な「ゆるす」「手放す」「ゆだねる」という心の作業は、
感情エネルギーをコントロールしなければ、とても難しい作業になってしまいます。

ですから、高いエネルギーを発する感情エネルギーに関しては、「感情解放の基本手順」を実行して、
エネルギー値をニュートラルに戻してあげるようにしましょう。


出来事の記憶は、感情記憶もセットで潜在意識に貯蔵されています。

その記憶が再現されていくのですが、
その再現を見て、かつての記憶の時と同じ感情を味わい、同じ思考に結びつけようとします。

思考は言葉と密接に関連して働いていますので、
今起こっていることをいい記憶として貯蔵し直していくには、
言葉をうまく活用するのも、とても有効な方法と言えます。


それを実行していくのが、アファーメーションです。

アファーメーションを活用する時は、言葉そのものにチカラがあるというより、
その言葉が誘発する感情や気持ちのエネルギーが大切だということを踏まえておいて下さい。

このポイントを抑えておかなければ、アファーメーションをうまく用いることができないでしょう。


以上のことを踏まえて、
「現実に起こることは心に因があり、それは思考の産物だ」
ということを受け入れるなら、
一瞬の隙間もなく続けられる思考の流れを変えていくことで、
これから招き寄せる様々な出来事のエネルギーの質を変容させることも可能です。


記憶は、無尽蔵に私達の潜在意識にあります。

ですから、記憶が再現されていくことは避けられないでしょう。

なので、記憶が再現する出来事を見て、
意識できたこと、現実に起こったり、感情を覚えたりしたことに対して、
「ゆるす」「手放す」「ゆだねる」という心の作業で対応する
ことで、
未来の方向性に、大きな良い影響を与えていきます。


そして、人間の思考はほとんど無意識に行われているので、
このことを無意識の働きをも使って実行していくことができるのが、「四つの祈り」です。


無意識に行われる思考にいい影響が出るように、
日頃の習慣に、ぜひ「四つの祈り」を取り入れて頂きたいと思います。

経験なさる出来事には、まず思いが先行するということをしっかりと認識して、
愛の波動にいつもあるような習慣をつけるようにするのです。

先に愛を送り出してから選択したり、行動を起こしたりするという習慣です。


もちろん、これらのことが自分の無意識的な行動となるには、
最初は大いに意識の力を用いる必要があるでしょう。

感情を自覚したなら「感情解放の基本手順」、日常ではいつも「四つの祈り」を実行することで、
ぜひ上手に心を動かすことに慣れて下さい。


誰のものでもない、自分の心なのですから、大切にして頂きたいと思います。

自分にとっての真実は、今、意識できるこの瞬間に知覚することです。

そして、その多くは、記憶が再現されていることの知覚です。

支障をきたしていると思える仕事の状況は、
自分の思いがそこに働いているから、起こっています。



⇒関連記事 [記憶を手放し感情支配から解放させて仕事する]
⇒関連記事 [正しい感情エネルギーの取扱で仕事を円滑に運ぶ]
⇒関連記事 [過去を手放し、仕事に真実の信念で臨む]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



情熱
「どうにも情熱に無駄がある」とか、「気持ちにムラがある」という人には、
共通した特徴があります。

達成には、情熱というパワフルなエネルギーが不可欠です。

そこで、このような高いエネルギーで、自分の目的に向かう意図をキープするのに、
気をつけることをお話しましょう。


まず、自分を疑わないようにしましょう。

自分を信頼するためにも、皆さんには「四つの祈り」を励行して、
自分を疑うもとになる記憶を手放して頂きたいと思います。


また、一つの出来事にこだわらないようにしましょう。

出来事は出来事。

その出来事に解釈をつけているのは自分自身であり、
その解釈を記憶を基準にして行っていると、こだわりがでてきます。

そして同時に、結果を出すことを焦ったり、他人と比較したりしてしまいます。


一つの出来事が心に引っかかったなら、その出来事を通して学ぶことは何なのか、
自分の内側の真の自己に尋ねましょう。

すぐに答えがわからなくても、人が何気に話していることや、ふと目にしたこと、
耳にしたことなどが触媒となって、「気づき」を得ることができます。


基本的には、うまくいくことに意識を当てるようにします。

そうするには、「ない」ことではなくて、「ある」ことを見るようにするのですが、
感謝を絶やさないようにすることで、そういう意識付けが可能になります。


過去の出来事が過ちであったとしても、手放すことが大切です。

「なかったこと」にするのではなくて、過ちは過ちとして認めて、謝罪するべきは謝罪しますし、
反省すべきは反省するのですが、出したことが返ってくることを受け入れて、
自分に起こることの責任は自分で引き受ける
ようにするのです。

失敗を挫折と考えないで、学びととらえ、自分に正直になって、
勇気を持って立ち向かう覚悟を決めるのです。

この覚悟で、新たに計画を立て直し、行動し続けることを自分に約束しましょう。


また、人というのは、今の状況が快適だと、次に進むことを躊躇しがちですが、
時は前にしか進みませんし、宇宙の真実は生成化育、進化発展という変化なのですから、
前に進む意志を見失ってはなりません。

自分の価値を疑わず、あきらめないで行動をし続けることを、自分に約束しましょう。


大いなる御計らいに感謝し、人の喜びを歓迎し、我慢強く行動し続けるのです。

そうすれば、自分を導いてくれる存在を確信できます。

達成には、行動し続けることが、最も大切です。

「動のエネルギー」を絶やさないことが、最も安定することを思い出して下さい。

これまではこれまでとしてリセットし、
改めて明るく前向きで発展的なエネルギーにつながって、前に進んでいきましょう。



⇒関連記事 [行動面から見た「発願⇒確信⇒受取」でする仕事]
⇒関連記事 [感謝の波動の中で仕事する]
⇒関連記事 [「手放す」ことが、何故仕事力を高めるのか?]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。