未来のワークスタイル 2014年04月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「発願⇒確信⇒受取」ですること
「発願⇒確信⇒受取」を基にする仕事で日々実践しているのは、
「願いを発して(目標を設定して)方向性を明らかにして発信し、
出したは必ず返ってくるので受け取る準備、すなわち
「ない」ことではなく「ある」ことを生かして実行動をて「動のエネルギー」を流し、
流れの中で手元に返ってくることをあるがままに受け取って、
あらかじめ用意していた次の願いにつなげていく。」
ということです。


この精度を上げて行くためには、宇宙の原理を知って、宇宙と人の関係を知って頂きます。

それは、エネルギーの法則を理解することでもあります。

そして自分の内側の真の自己を知り、
真に願っていることに見合うエネルギーに自分の内側を調える工夫をします。


私達は、身体という共鳴媒体を通して波動を周囲に発していますが、
その意味で、自分が出す波動と呼吸の関係も知っておいて下さい。

呼吸を調えることは、実際の仕事現場でいつもすることになりますから、
必ず身につけて頂きたいと思います。

呼吸を調える方法が身につくだけでも、メンタル面でのバージョンアップが始まりますから、
仕事の流れはよくなります。


また、内側のエネルギーを調えるには、「手放す方法」を必ず知っている必要がありますので、
それもしっかりと押さえておいて下さい。

誰でも自分で行える方法としては、「四つの祈り」「感情解放の基本手順」がありますので、
これもやり方を覚えて、日々いつでも実践なさるようにして下さい。

実際、「手放す」ことで自分の周りのエネルギー場は変容しますから、
これだけでも仕事に大きな良い影響が現れます。


「発願→確信→受取」といのは、元々私達が日常普通に無意識に行っている
「思い」と体験していく「現実」の関係の流れを表したものです。

なので、原理がわかれば、すぐにでも仕事にも応用できます。


ただ、意図したことをこの流れで意識的にカタチにしていく時、
それまでに各々のこれまでの人生で獲得した無意識的なパターンが
障害となることも多々ありますから、「手放す」ことがどうしても重要なのです。


しかしながら、私達の内側に備わる「知覚→反復→獲得」という機能は、
脳内で大活躍のミラーニューロンの働きに助けられて、
新たな流れを定着させることは、いくつになっても可能なのです。

これまでのことに関しては、それはそれとして、
ここから自分にふさわしい自分創造を始めて頂きたいと思います。


ここからの一年が、皆さんにとって記念すべき大躍進の年となることを、
心から祈っています。



⇒関連記事 [宇宙の原理と共に仕事する「発願⇒確信⇒受取」の基礎知識]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」でする仕事の実践ガイドライン]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事するための基礎トレーニング]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
波動調整
すべては振動であり、その振動がエネルギーとして発せられています。

現代の科学は、それを既に証明済みです。


振動には、音や光といった、人間が五感で感知できるものもたのきないものもありますし、
電波などのように、何かを媒介として認識できるものもあります。

人間の身体も内臓も、その他あらゆる物質も、同じように振動しています。

物質の波動エネルギーを調べてみると、
それぞれの物体は、固有の周波数で振動していることが確認されているのです。


そして振動と振動が合わさって、互いに影響しあって共振しますと、
そこに共鳴場を創りあげます。

人に、ある振動が来た時、人も振動します。

共振することを断じ得ません。

共振が派生し、共鳴し始めますと、同じものは互いに引きつけ合います。

私達人間も、自分と共鳴するものはすべて、自分に引き寄せているのです。


それは、必ずしも自分にとってプラスだとは限りません。

強い波動は、物質を破壊します。

ですから、どのような波動と自分が共鳴しようとしているかに、留意しなければなりません。

自分からも放たれるエネルギーの質によって、プラスの共鳴場を周囲に創っているのか、
それともネガティブなエネルギーに満たされているかも変わってきます。


ですから、毎日、自分の波動を調えることはとても重要です。

私達が遭遇する機会には、
自分自身が出しているエネルギーの質が、大きく関わっているのですから。


朝、仕事に出かけるまでに、必ず自分の内側の波動を調えてから、一日をスタートしましょう。

できるなら余裕を持って起床し、
穏やかなエネルギーの流れをしっかりと感じる時間を持つようにします。

どんなに忙しくても、せめて10分くらいは、
呼吸を調え、真の自己とのつながりを取り戻すようにしてから仕事に出かけるようにしましょう。


そして、このようなスタートを切るようにしやすくするためには、
就寝する前に、その日の感謝を十分に真の自己と大いなる御働きに伝え、
一日を感謝で終えるようにします。

朝夕に、感謝を自分の内側に満たすことで、
「ない」ことではなく、「ある」ことに意識を持っていき、思考しやすくなります。

感謝している時には、自然に「ある」ことを考えているからです。


逆に言えば、否定的な思いが優勢になっている時は、「ない」ことに意識が向いているわけで、
従って、発展的に考えることができなくなっているのです。


自分の内側の波動を調える工夫は、特に重要です。

真の自己とのつながりをしっかりと保つためにも、大切になさって下さい。



⇒関連記事 [仕事に生かす朝の時間の使い方]
⇒関連記事 [眠る前の時間を生かし、毎朝スッキリ仕事モードへ]
⇒関連記事 [良質のエネルギーを高めて仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



宇宙とのつながりを取り戻す呼吸法
仕事が忙しくて、緊張状態が続いていますと、いつの間にか体内のエネルギーは枯渇し、
不安定な精神状態に陥りやすくなります。

何の手立てもせずにその状態を続けていますと、心身のバランスは完全に崩れてしまい、
眠っても、休暇をとっても疲労感が消えなくなってしまいます。


なので、「発願→確信→受取」をして頂いている皆さんには、
「呼吸法」により、十分なエネルギーを取り入れる方法を知って頂いています。

心身が壊れてしまうことがないように、内側のエネルギーが乱れたり不足したりしていたら、
即座に呼吸を調える習慣を身につけて下さい。


ヨガや丹田法など、病的な状態をも回復することができる呼吸法もありますが、
私達が日頃用いているのは、シンプルではありながらも、心身にはとてもパワフルに
エネルギーを補充してくれる呼吸法です。

毎日、睡眠に入る前に実践すれば、深い睡眠を得て疲労回復にも一役買うでしょう。

呼吸を調えることを習慣化するには、日々のスケジュールの決められたの時間に、
必ずするようにしてみましょう。

エネルギーを補充するための大切な時間です。

ぜひ呼吸を調える時間を確保なさることをおすすめします。


それでは、私達が行っている呼吸法をご紹介します。

ご存知の方は、復習だと思って下さい。



【心の緊張を解き、宇宙とのつながりを取り戻す呼吸法】


座るか横になるかして、楽な姿勢を保つ。
 (背筋を伸ばす。身体が緊張するので、手や足を組まないこと)

②片手をへその下あたり(丹田)に置く。

③身体の緊張しているところと、リラックスしているところを、意識して確認。

④あごの力をゆるめ、肩の力を抜いて落とし、手の力を抜いて指の緊張を解く。

⑤目を閉じ、頭、首、腕、胴体、脚と、身体の場所を意識する。

⑥いつものように、10回ほどゆったりと呼吸し、呼吸に耳をすます。

⑦次に、ゆっくりと7秒息を吸いながら、
 空気が腹部そして肺を満たしていくのを感じる。
 
 その時、体内にエネルギーが流れ込んでいくイメージをし、
 へそ下に当てた手が上がるまで息を吸い込み、
 その後胸いっぱいに空気が広がる感覚で息を吸っついく。(腹式呼吸)

⑧空気がいっぱいになったら、7秒息を止める。

⑨ゆっくりと7秒息を吐き出していく。

 息を吐き出す時に、体内の毒素やネガティブなエネルギーが、
 全て出ていくところをイメージする。

⑩息を完全に吐き出したら、7秒息を止める。

⑪そして、⑦と同様にまた息をゆっくりと吸い込む。
 ⑦~⑩までの流れを7回繰り返す。

⑫呼吸がいつもの自然な普通のものになるのを待つ。

⑬優しく筋肉を引き締めてみる。

⑭筋肉の緊張をゆるめる。

⑮目をあける。



※腹式呼吸が普通にできるようになれば、楽な姿勢で、
 両手の親指どうし、人差し指どうしを合わせてなさるといいでしょう。

※息を7秒吸い込み、7秒止め、7秒吐き出し、7秒止めるというサイクルは、
 オンタイムであっても、意識的に何回でも取り入れることをおすすめします。

※特に、感情エネルギーをコントロールできなく感じている時など、
 ちょっと席をはずし、呼吸を調えることで、新たに新鮮なエネルギーを取り込むことで、
 自分を取り戻すことができます。

※いろんな素晴らしい呼吸法がありますから、
 上記の方法でなくても、自分にピッタリなものを取り入れて下さい。
 大切なことは、正しい呼吸で、
 自分の内側のエネルギーを満たすようにするということです。



⇒関連記事 [エネルギーを体内に取り込んで仕事の不安を消す]
⇒関連記事 [目標達成力を上げて仕事する]
⇒関連記事 [仕事で魂の学びを深めながら「受け取る」]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。