未来のワークスタイル 2014年07月08日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の解釈で見る未来
私達が過去のことをどうとらえているのかというと、
絶対的な真実ではなく、主観的な真実としてとらえています。

ですから数人の人が同じ出来事を経験したとしても、
一人一人の記憶にある過去は、それぞれ違うように各人の内に留められています。

一人一人の記憶には、その人が想像したことも加えられているのです。


昔話を会話していると、「そうだったかな?」ということも出てきます。

これなど、その人の記憶する過去は、その人の主観によるものだという典型的な例です。

ある人には記憶に残る印象深いことでも、別の人にはとっくに忘れられていることがあるのです。


このように、主観的に記憶されたことがその人のその後の認識の基になっていきます。

なので、記憶はその後の解釈で塗り替えられていきますので、
出来事の事実を記録していくといいでしょう。

その記録は、その後の選択を迷った時の参考にすることができます。


私達は、記憶を語れぱ語るほど、話に解釈を加えていきますので、
自分にとっての記憶が変化していきます。

人に語る時、無意識に相手の反応を感知しながら話しますので、
事実性を強めたい表現や、ストーリー性が加えられて、事実が変わってしまうこともあります。

私達は、自然と、過去の出来事の記憶をぬりかえていきますので、
事実記録は、その後行き詰まった時に正確な判断をする上での判断材料として
役立つことがあります。


過去を振り返り、思い出す度に、私達は記憶を変化させていき、
その変化した記憶の自分と今の自分を同一視して、
自分が思う自分自身を私達は創造していきます。

それは、人間らしくもあり人間くさくもある自然な変化ですが、こうして創り上げていく自分像は、
良い意味でも悪い意味でも、自分の未来に大きく影響していきます。


私達は、自分の人生、仕事、キャリア、成功や挫折、人間関係、生活状況などに、
こうして創り上げた自分が真実として考えていることを映して見ています。

そしてその都度、新しい解釈を加えていきます。


今は順調に推移していると感じている時でも、
ココに至るまでに様々な問題や困難というハードルを越えてきています。

それらを乗り越えていくほどに、自信もつけていきます。

なので、過去に起こった困難や障害も、今、面前にある問題も、これから出会う出来事も、
すべて私達に大きな可能性があることを示す
もの以外、何物でもないのです。


過去をどのように見るかで、今の意味が変わり、今をどう考えているかで、未来は変わります。

私達全員一人一人に、自分が創作しているサクセスストーリーがあります。

あれがあったからこそ、今があるというストーリーがあります。


そのサクセスストーリーを加筆して、完成させましょう。

すると解釈は変わり、自分の過去も変容します。

過去も未来も、今の自分が創作しているのです。


私達の内には、思考し、出来事の解釈を変えることで自分の今を変容させる機能があります。

これまでは無意識にこの機能を使っていて、その爆発的なパワーを眠らせていただけです。

この機能は、いつも呼び起こされるのを待っています。

それをしていくのが、私達がしている「発願→確信→受取」です。



⇒関連記事 [感謝力を三倍増しにして仕事しよう]
⇒関連記事 [自発的な「ヤル気」を出して仕事する]
⇒関連記事 [願いを実現していく私達の内的メカニズム]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。