未来のワークスタイル 2014年07月13日
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真の自己の望み
私達一人一人が見ている世界は、それぞれが知覚していることで見ている世界です。

お金や財産、所有物、地位などは、それらが必要だと知覚しているから、
自分にとって意味を持つのです。

ということは、私達が見ている物質世界は、
私達が知覚して見ている世界での意味あるものですから、
本来は、何一つ本当に必要だとは言いきれないものです。


では、持つに値する唯一の個人的財産とは、何でしょう?

知覚によって私達が自分の世界観を創造しているとすれば、
それは、自由に創造する能力と、その能力がどのように働くのか理解する力かもしれません。


私達がいる世界では、個人が全体に奉仕すると、全体が個人に奉仕する循環を形成しています。

それは、宇宙のシステムであり、私達の身体が生命を維持しているシステムでもあります。

この根源的なシステムを自分の世界観の中で止めるのは、個人の知覚による価値観です。


今は、人類が新しい価値観を定義しようとしている移行期ですが、
それはこの根源的なシステムが中心となる価値観へ移行していると言えます。

でも、この気づきを得て移行し始めている人と、古い価値観を手放すことに抵抗する人が、
まだ混在しているのが、今の時代です。


この移行期においての思考の基盤としては、
すべての出来事の意味を中立的なものとしてとらえることが求められます。

そして、その出来事がどのように見えても、ポジティブに対応していくことが、
移行期に求められる態度です。


この意味で、個人レベルでは、自分が最も情熱を持っていることをやるようにすることが、
望ましいと言えます。

自分の情熱を、自分に素直になってとらえ直すことが大切になります。


それは、「自分をゆるす」ということです。

「自分をゆるす」ことが、「人をゆるす」ということになります。

本当の自分を表現することを学んで、実行していくことを、自分にゆるすのです。


美しい音楽を聞き、美しい景色を見て感動に全身がふるえる時、そこに理屈も論理もありません。

理屈抜きに、魂の感動を感じます。

そんな風に、自分の情熱を表現するのです。

そういった知覚で、世界を見るのです。


高次の意識では、この移行が猛スピードで進んでいます。

この流れに適応していくには、素の自分と向き合い、感情を観察し、
自分の思い込みを明らかにして
いきます。

その上で、一つ一つのネガティブな感情の根源となる思い込みを手放し、
ポジティブな選択が容易になるようにしていきます。


もし、高次の意識の移行に抵抗しようとすれば、
これまでに経験したことがないような不安や恐れとなります。

すると、攻撃的になったり、回避的になったりするしか術(すべ)を持たず、
やがて崩壊や消滅を経験することになるでしょう。

崩壊してから高次の意識の流れを受け入れざるを得なくなり、
ものすごい遠回りをして、結局はこの流れに合流せざるを得ません。

もしくは、高次の意識の流れに気づく機会を失して、喧騒だけの日々を送ることになるでしょう。


今何らかの問題を抱えているとしたら、かえってそれは幸いです。

問題を抱えている時は、見る世界を変えることを気づくきっかけとなります。

毎日の報道に、高次の意識の移行期に起こることをいくらでも見ることができます。


流れを拒み、抵抗しようとした人達の事件や国家レベルでの出来事、
地球レベルでの変容に伴う自然界の出来事などを毎日のように目に耳にします。

私達個人レベルでは、今なすべきことを一つ一つ積み上げていきましょう。

真の自己と密につながり、真に情熱を持てることに気づいて知覚する世界を見ていきましょう。



⇒関連記事 [時代のエネルギーの流れをキャッチする能力を高めながら仕事する]
⇒関連記事 [無限の叡智とつながってする仕事]
⇒関連記事 [発したエネルギーが仕事に肯定的な結果をもたらすように]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。


スポンサーサイト
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。