未来のワークスタイル 2015年04月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が出している波動を知る
力づくで自分の外側の環境を変えようとしても、そうそう変わるものではありません。

闘争は闘争を呼び、抵抗は抵抗を生じさせます。


「発願⇒確信⇒受取」でする仕事は、念じて強制的に事を動かそうとするようなものではなく、
現実的な行動を宇宙の原理に照らして進めていく仕事のやり方です。

エゴにとって都合のよい状態にしようとするのではなく、
宇宙の基本的な原理である「出したものが返ってくる法則」を真に理解して、
願いとして発したエネルギーがカタチになって返ってくることを確信して行動していくのです。


私達は、自分から放たれているエネルギーに見合ったことを受け取っています。

自分の波動が高まれば高い波動同士で共感しますし、低くなればそのような存在と共感します。

とはいえ、現実世界では違う波動の世界もパラレルに存在していますので、その影響もあって、
現実的に受け取ることは必ずしも自分の送り出すエネルギーに見合わないこともあります。


今の自分の状態がどのような波動状態にあるかを見極める目安として、
体の状態、感覚、感情、思考の、日常に私達が実感できる四つがあります。

次に高い波動から低いものへと列挙していますので、
自分が低い波動になっていることに気づけたら、即座に手放して下さい。

愛、感謝、豊かさのエネルギーにつながり直して下さい。



【自分の状態を知るためのガイドライン】
(高い波動(速い、拡大、魂、愛)から低い波動(遅い、重い、エゴ、恐れ)への順に列挙)


1)体

完全に存在する
完全な健康
楽しみに満ちている
柔軟性
敏感に反応
安らぎ/休む
疲労
緊張/ストレス
一時的な痛み
慢性的な痛み
依存症
病気
トラウマ/怪我
機能を失う
身体障害/意識不明


2)感覚

神との一体感
直接的体験
繊細
直感
透視
透聴
直感力
ビジョン
聴力
触覚
味覚
嗅覚
引き寄せる/遠ざける
虫の知らせ
潜在意識での反応


3)感情

愛/共感
寛大
喜び/感謝
情熱的
望み/動機
楽しさ
誠実
満足/信頼
失望
いら立ち
疑い/不安
恐れ/パニック
憎しみ/怒り
罪悪感/恥
落ち込み/無関心


4)思考

知恵/ワンネス
直接的に知る
意志/洞察
創造性
発見/探求
受容性/オープン
退屈/いら立ち/焦り
気晴らし/上の空
文句
論理/確証
信念/コントロールすることへのこだわり
妄想
圧倒される
神経症
自殺願望



低い波動から高い波動に戻すには、
体、感覚、感情、思考のどれかの高い波動の現われに意識を移行し、集めます。

たとえば、「笑い」というのは比較的高い波動を出す状態なので、
体の一部である口角を上げて笑いの状態にしてみるところから、波動状態の移行を開始します。

或いは、自分の創造力を発揮しやすい頭の使い方になる趣味に、しばらく集中してみるのも、
比較的波動を高い状態に戻しやすい方法です。
(ギターが趣味なら、ギターを弾くなどです)

これらの意識の焦点の移行と、手放すことを併用すると、
「発願⇒確信⇒受取」を積み重ねている方には、
波動を高い状態に戻すことはそんなに難しいことではありません。


三つの自己(神性・心性・身性)の一体感が自分の普通の状態になるまでは、
自分の状態に「気づき」を得て、注目することを移行することで、
波動を高く保てるように工夫していきましょう。



⇒関連記事 [仕事状況が進展しない時こそ]
⇒関連記事 [直感になじんで、愛の波動を送り出してする仕事を覚える]
⇒関連記事 [愛の波動を送り出して仕事する方法]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
焦り
仕事が停滞していると感じる時は、自分の内側のエネルギーの流れが悪くなっています。

特に、多忙な仕事をしている人ほど、ふと停滞感を感じた時は、注意して下さい。


仕事の忙しさに埋没し、緊急性の高いことだけに追われていますと、
自分が主導権をもって自分がこれから進んでいく方向性を定められなくなり、
自分が何の目的で何を学ぼうとしているのか、どういうところを目指していて
何を体験しようとしているのか、見失ってしまいます。

そして、緊急な案件が一段落した後に、停滞感を感じることがあるのです。

そういう時には、自分の内側を見つめ直すことは、ことのほか大切です。


停滞感を感じる時が、流れを変えるターニング・ポイント、新たなる選択の時、
もしくは導きや啓示の前触れ
であることがよくあります。

こういう時の「気づき」が、
その後の人生を大きく左右する「気づき」であることがよくあります。

それは「神・心・身」の三つの自己が一つになれる機会であることがよくありますから、
自分の内側をよく見つめ直して、エネルギーを調え直しましょう。


「気づき」を得るには、いつもお話していますように、
真の自己に率直で肯定的に尋ねることが大切です。

無理に正しい答えを作ろうとしないで、
あるがままの自分自身を受け入れる素直さが大切です。


停滞感は、「気づき」を得る機会でもあることを知覚して確信し、
その上で真の自己に問いかけるなら、停滞感はあるものの流れが断ち切れているわけではないので、
流れに勢いを取り戻して新たな方向に進めることは可能です。

機会は流れの中でやってきますから、流れを保ち続けることがとても大切なのです。


問題として表面化する前に、
このままでは流れが止まってしまうかもしれない兆しを察知したのですから、
むしろ良かったわけです。

自分の内側を見つめ直して、
手放せるタイミングにきている記憶や感情をゼロフィールドに戻してあげることで、
そこに生じるスペースに流れに勢いをつけるエネルギーを招き入れることができます。


「発願⇒確信⇒受取」を実践し続けている私達は、
流れを断ち切ることなく、勢いよいエネルギーを取り戻すことができます。

自分に素直になって、真に求めていることを知覚し直して、
今「ある」ことに注目して感謝し、改めて「充足」のエネルギーで発願から始め直せ
ばいいのです。


ですから、仕事に勢いがなくなってきていると停滞感を感じたとしても、焦るこたはありません。

むしろそれは、ワンランクアップして
更なる勢いをつけていくサイクルの始まりのゴングであることの方が多いのです。



⇒関連記事 [何のために仕事をしているかわからなくなったら]
⇒関連記事 [揺るぎない目標に打ち込んで仕事する人を宇宙の原理は見放さない]
⇒関連記事 [どんな仕事の結果を得ているかは自分の決意と行動にかかっている]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



「発願⇒確信⇒受取」での仕事のガイドライン
「発願⇒確信⇒受取」で仕事するというのは、
実のところ改めて解説する必要がないほど、私達が普通に日々行っていることです。

無意識レベルで自然にやっていることを、意識レベルで愛と感謝の波動で進めていくだけです。

いつでも真の自己の本来の波動と意識レベルで送り出す波動を同調させて、行動するだけです。


出したものは必ず返ってきて受け取ります。

これは、宇宙の原理の基本です。

だから、いつも自分の内側のエネルギーを、愛と感謝のエネルギーにつなげて、
今に集中して行動し、成長していくことを喜びにしていくというものです。


前回に続くお話として、近年ここに来て下さるようになった皆様に、
実際に「発願→確信→受取」を実行するガイドラインを改めてご紹介したいと思います。

よろしければ、ご参考になさって下さい。



【「発願⇒確信⇒受取」実践ガイドライン】


①愛と感謝の豊かさにつながり、願いを発する。(目標設定)

「発願⇒確信⇒受取」を、より高めていくには、次の三つを感謝と楽しみで行い発願します。

*宇宙のリズムに同調する(「呼吸法」など)

*愛のエネルギーに満たされる(愛念)

*真の自己と一体になり、豊かさにつながる(「四つの祈り」)


シンクロニシティや体感などで目標修正の時を感じ取りながら、
 定めた目的を受け取ることを確信して、今に意識の焦点を合わせて行動する。

③ゆだねて受け取る。



「発願⇒確信⇒受取」のプロセスで、誰でもいくつもの否定的な思い込みや、思い癖に気づきます。

それらは、その都度、意識的に手放すところから始めて、
いつでも潜在意識が手放しの回路を動かせるところまで高めていきます。

このような負のエネルギーに対応するには、次の二つをいつも行います。


【負のエネルギーへの対応法】

[1]四つの祈り

*ありがとう
*ごめんなさい
*ゆるしてください
*愛してます

自分の内側に否定的な考え、思い気持ちなど、
負のエネルギーを感じたり、そういう空気を感じたりしたら、
即座に四つの言葉を唱える習慣をつける。

唱えているうちに、特に強く気持ちが動く言葉があれば、集中的にその言葉を繰り返す。


[2]感情解放の基本手順

自分の内側がニュートラルになるにつれて、
自己にある古い思い癖や思考癖が浮き出てきます。

その時には、次の流れでその感情エネルギーを手放します。


知覚

承認(認識)

受け入れ

ゆだねる(解放)



具体的には、自分の内側の真の自己に、次のように尋ねてあげます。


「今、何を感じていますか?」

「その感情を認めることはできますか?」
「それを手放せますか?」

「それを手放しますか?」

「いつ?」⇒「今」



それぞれの質問を自分にして、答えを必ず「Yes」にする必要はありません。

「Yes」でも「No」でも、率直に答えさせてあげることが最重要です。

これは手放す準備を調えるために、知覚を完全にするための質問なのです。

自分の感情に気づいたら何度でも尋ねるようにすることを習慣にしていますと、
最後の「いつ手放すか?」に、素直に「今」と答えられる瞬間がきます。

それは意識の焦点が「今」に合わされた瞬間です。

するとその感情は溶け出し、自分から離れていきます。

(注)ここでは、自分から能動的に離れるようにしていくことを「手放す」と表現しています。



以上が「発願⇒確信⇒受取」で実際に仕事するためのガイドラインです。


たとえば、目標設定をするにしても、
その時の自分が恐れや不安、もしくは疑念や対抗心で設定しますと、
実現するのは、恐れ、不安、疑念、対抗になりますので注意せねばなりません。

愛と豊かさのエネルギー場で発願することが、とても重要です。


自分のエネルギーの状態を良好なものにしていくガイドラインは、前回の記事をご参照下さい。


あと一つ大切なことは、「ねばならない」感覚で取り組む必要は全くありません。

もともと誰もが日常無意識にしていることを意識的に幸福回路で働くようにするのが、
「発願⇒確信⇒受取」でする仕事のやり方です。

すべての経験、すべての結果を楽しめるようになれたなら、
相当レベルで自分の幸福回路が新しい自分の価値観として定着してきているはずです。

皆様自身を心から喜ばせ、感動させ、感謝できるように、
楽しんで「発願→確信→受取」を実践なさって下さい。



⇒関連記事 [直感のアンテナを立てて仕事する]
⇒関連記事 [宇宙の原理を信頼して仕事しよう]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事に成功するための7つの確信]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。