未来のワークスタイル 2015年05月
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魂の喜びで
自分が進めていきつつある流れが、正のサイクルなのか負のサイクルなのかを確認するには、
身体の反応に注目してみればわかります。

私達の身体は、とても優秀なエネルギーセンサーです。

たとえば疲労感が強まっていたり、胸がつかえていたり、腹に違和感を感じていたりするなら、
身体が軌道修正するべきだと伝えてきています。


また、今どんな気持ちでその仕事に取り組んでいるかでも、今ある流れがわかります。

愛の波動に同調する動機から始まって、その流れに今あるなら、
自分のしてほしいことを人にもしてあげる行動が、喜びになっているはずです。

真の自己の喜びに同調するエネルギーで流れがあり、正のサイクルで進んでいるなら、
ネガティブな出来事があったとしも、エネルギーを再確認する知らせだと思えるでしょう。


違和感を覚える思いが出てきたら、即刻、記憶を手放す選択ができます。

「発願→確信→受取」をしている皆さんなら、
日頃から自分の内側の真の自己の協力を得てエネルギーを出すことを経験していますから、
執着、傲慢などの真の自己と同調しない思いに気づいたなら、
すぐに「手放すプロセス」
入られることだと思います。

ずっと意識的に手放すことをこころがけてきた人なら、
ある程度の思いは自動的に手放すこともなされているはずです。


「発願⇒確信⇒受取」を続けていくと、
魂の波動にやすらぎ、魂の喜びを楽しむという感覚がわかりだしいると思います。

自分が心から仕事を楽しんでいると実感する工夫をされていると思います。


大概のことは、注目しなければ自分の世界から自然に消えていきます。

視線を変えて新たなことに注目すれば、それが自分の世界の現実になります。


だから、自分のエネルギーの状態に神経質になり過ぎる必要はないのですが、
それでもいつの間にかエネルギーがブレていることはよくありますから、
毎朝のエネルギーを調える時間だけは欠かさないようにしましょう。

日中は、注目する対象を移して波動を調え直し、あらためて発願すればいいでしょう。


発願したなら、それを受け取ることは決まったも同然なので、
今「ある」ことを感謝して、今「できる」ことを100%楽しみ、集中
しましょう。

自分の波動を調えながら発願し、「今あるもの」に注目して最善を尽くし、
しかるべきタイミングで、しかるべくしてしかるべきカタチで来ることを
歓迎して受け取りましょう。

興味と喜びがそこにある「発願⇒確信⇒受取」を楽しんで下さい。



⇒関連記事 [「発願→確信→受取」でする仕事に相応しい行動]
⇒関連記事 [真実を見る目で仕事する]
⇒関連記事 [今「できる」仕事を楽しんで下さい]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
直感を生かす
人生や仕事の目的に対して、目標はその目的までのプロセスに設定する道標です。

自分の生き方を、具体的で実践的なものにするための道標です。


その道標をつないでいくために、行動の計画を立てます。

その行動には、直感と自由を主体とする知恵を生かすことが、今の時代には求められます。


計画を進めていく管理を最重要とするかつて主流であった運営のもとで働くには、
人が定めたルールが絶的なものとなる管理を重要視することになります。

これが行き過ぎて、管理側にとって不都合なことは闇に葬ることも多々起こっていました。

あの時代、ルールを変えようとする動きが出ると、恐怖の力で抑えようとしたり、
人心を偏った価値観にコントロールしようとする施策が打たれたものです。


時代は今、変容の真っただ中にあります。

一つのエネルギーが強くなりますと、必ず対極のエネルギーも高まります。

あるエネルギーが極限まで高まると、それまで表出していなかった対極が現れようとします。

一つの方向に向かっていた振り子の向きが変わるのです。


地球規模での変容が起こっているわけですが、
それを受け入れて自らも変容していく選択する人もいますし、
それを無視したり、抵抗して変容を拒もうとする人もいます。

今自分が合わせている波長がそのどちらかで、「気づき」を得るタイミングは異なりますが、
やがて変容を受け入れている人が、優勢になっていかざるを得ません。


新しい価値観を受け入れた人の数が、ある臨界点の数を上回ると、
人々が一気に認識し始めて、変容のエネルギーは急速に高まり、
怒涛のごとく、あらゆる物事が変容を受け入れた状態に落ち着こうとするでしょう。

その時、「気づき」を拒み続けていた人々は、大混乱することになります。


このような時代に、私達ができる準備は、
自分の魂のすべてを知る真の自己と一体になる経験の積み重ねです。

今所属している会社や組織などの集団は、
まだ古い価値観に基づいて経営されているかもしれません。

それでも自分の外側には関係なく、自分自身で準備をしておくことが大切です。

まして、経営する立場、運営側に今ある人なら、
直感と自由を主体とする知恵による経営を体験していくことは必須です。


直感と自由による知恵重視の運営がされているところでは、祝福があふれ、
くやしい思いがあったとしても、自らを明るく前向きに転換して、
次に向かうエネルギーに互いに助け合う場があり
ます。

一方、徹底した管理がされている組織ですと、どうしても主義主張、権利の主張が強くなります。

そのエネルギー場でくやしい思いをする場面に会うと、怒りや滞りの感情エネルギーで、
自分を成長させることよりも逃したポジションへの執着が強く働きます。


直感と自由がある場では、思い通りでなかったことには、ゆるしとゆだねる心で応え、
自分自身の変化で未来を創造するエネルギーを生む
ことができます。

もしまだ今の自分は、思い通りでなかったらそれを受け入れられず、抵抗しようとし、
変わることがない過去に意識が置かれたままになるようなら、
エネルギーは閉塞感に向かい、この時代の主流となる分かち合いや祝福のエネルギーから
かけ離れてしまうでしょう。


今の自分が心を開いた関係性を育てようとしているなら、すでに新しいエネルギーの流れを
受け入れ始めているので安心して下さい。

でも、心を閉ざした関係が今の主流になっているなら、ぜひ真の自己と対話し、
「四つの祈り」で、ご自身の内側のエネルギーを変容させて頂きたいと思います。


どれが正しいとか誤っているとかということではありません。

ただ、時代は確実に新しいエネルギーの場へと移行し続けていますので、
それを受け入れて、エネルギーをどのように自分から放ち、流れをとらえていけばいいかを
知って頂きたいということです。

宇宙は、あらゆる可能性にオープンですが、自分で自分の可能性を制限することがないように
して頂きたいのです。


誰にも、手放すべき記憶はあります。

直感と自由を主体とする知恵に慣れるためにも、
「手放すプロセス」は皆さんに行って頂きたいと思います。

「発願⇒確信⇒受取」を実践していきますと、
いやがおうでも、自分とのつながりを強くして、同時に宇宙の働きと一体となり、
直感を受け取ることになります。

これからも私達は、「発願⇒確信⇒受取」を実践していきながら、
この時代のエネルギーをとらえていきましょう。



⇒関連記事 [「思いやり」から始めていく仕事に慣れましょう]
⇒関連記事 [変容の時代に私達の仕事に大切なこと]
⇒関連記事 [自分の内側の変容を知覚して仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



ヤル気を高める
自分自身で仕事のやる気を高めるには、いくつかのコツがあります。


まずは、自分に何らかのご褒美を予定しておくこと。

ちょっとしたことでも報いがあると、人は頑張れるものなのです。


また、自分がやる仕事に一貫した意義があると、
少々の難題など「やりがい」として心はとらえることができます。

その仕事が、社会的に認められているなどもそうです。


また、自分が自分の仕事に好意を持てないと、
仕事が、「ねばならい」ことの積み重ねとして心はとらえます。

社会的に認められていたり、或いは社内での評価を得ていたりするとやる気が高まるのは、
それで自分の仕事に好意を持ちやすくなるからです。

自分に対して、自分自身で権威付けできるので、もっと頑張ろうと思えるのです。


他にもコツはありますが、仕事のやる気を他人任せにするのは危険です。

自分で自分をモチベートできるようになりましょう。

以前にお話した人が動く要因を、自分自身にも生かして下さい。

自分の進む道筋は、自分自身が開いていきましょう。



⇒関連記事 [「モチベーション」保ち続けるために]
⇒関連記事 [仕事のヤル気を取り戻す]
⇒関連記事 [高いエネルギーレベルのモチベーションを正しく生かして仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。