未来のワークスタイル エネルギー・アップ2
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エネルギー・アップ2
人間というのは、時に、日頃の自分からは想像もできないほどの
爆発的なエネルギーを出すことができます。

誰にもその力はあるのですが、
必ずしもすべての人がその経験をしているわけではありません。


どうすれば、本来持つエネルギーを最大限に引き出せるかと申しますと、
次のような状況を挙げることができます。



精神的にも肉体的にも困難なことにチャレンジする。

利他の思いでの福祉活動。

エネルギーの高い場に身を置く。(エネルギーの高いセミナーを含む)

異文化など未知の世界に触れる。

禅など、高いスピリチュアルを保つ人の指導のもとで、瞑想や祈りを続ける。




他にもありますが、
現代生活においては、このような機会を持つことが可能でしょう。

特に一番目にあげたチャレンジする姿勢というのは、
仕事の場においても、いつでも自分で持てることです。

また四番目の異文化に触れ、自分のエネルギーを高めるには、
海外旅行をするのもいいでしょう。


まだ、適切な指導者と巡り会っていないとしても、
日々の行動スケジュールの中に、祈りや瞑想の時間を持つことは可能です。

人というのは、自分から出している波動の人々と引き寄せ合いますので、
まず自分から、そういう状態を持つ生活にすれば、機会に巡り会えるものです。


仕事や計画の中には、なかなか取りかかれずにいて、
放置したままになっている
ことがあるかもしれません。

その原因のほとんどは、
やりたくない」か「やり方がわからない」のどちらかでしょう。


ここから抜け出し、爆発的なエネルギーを引き出すには、
まず一つ言えることは、上記の五項目を参考にして、
エネルギーを高める工夫をしてみることです。

もう一つは、自分の正直な気持ちの中から、
何がほしいのか」と「何を知りたいのか」の二つを再考してみて、
行動を阻止している「思い」を手放し、最初の一歩となる動きを決めることです。


人を情熱的に突き動かすのは、「痛みの回避」か「利益の取得」です。

痛みを感じないように、
そしていい気分になるようにする
ことが行動の動機となります。


もし何らかの「痛み」を恐れて行動を止めているなら、
何を痛みに感じ、何が不快なのかを明らかに
してあげることが必要です。

自分に正直になることが必要です。

するとその恐れは、
単にどうやればいいかわからないからだということもあります。

それなら、その方法論やスキルを知ることが、まず最初になすべき行動です。


仕事や目標になかなか取りかかれない理由はこれだけではありませんが、
まず何が自分を阻止しているかを明らかにして手放し、
先にお話した爆発的なエネルギーを引き出せることを組み合わせてみるのです。


自分から動けば、力になってくれる人と出会う機会も増えます。

また、相談すれば、解決のヒントになる人も案外近くにいたりします。


私達には爆発的なエネルギーで実行する機能は、もともと備わっているのです。

ただ、どうすればそのような自分が出て来るのかを知らなかっただけです。


今あることをすべて生かして、今できることを実行に移してみましょう。

動き出さないことには、助けるつもりがある宇宙も、人も、
手を差し延べようがありません。



⇒関連記事 [難しい仕事も簡単にする「発願⇒確信⇒受取」]
⇒関連記事 [仕事で障害に直面したら]
⇒関連記事 [大いなる願望をもって仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。