未来のワークスタイル 不快な気分の元
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不快な気分の元
人というのは皮肉なことに、不快な気持ちを呼び起こす出来事にかぎって、
わざわざ頭の中で繰り返し繰り返しその状況を再現する傾向にあります。

それは裏を返せば、その不快な記憶を手放したいという気持ちの表れです。


過去の記憶を再現している時、その出来事は、現在の一部です。

ですが、実際にあるのは「」だけですから、
たとえ過去の記憶が原因となる気持ちでも、
その気持ちに対処できるのは「」だけです。


不快な気持ちをエネルギー的に見ると、
「愛のエネルギー」を十分に注げていない状況
です。

記憶を手放せていないというのは、
自分や誰かに対する愛情不足を教えてくれています。

不快な気持ちを呼び起こす記憶に登場する人に、
愛を送ろうとしても送れないとしたら、
明らかに、その人以前に自分自身への愛情不足です。


四つの祈りでまず、波動を調え、自分自身をゆるし、手放して下さい。

四つの祈りを実行していると、
四つのうちのどれか一つの言葉にとても強く心が反応することがあります。

その場合は、その言葉の祈りを集中して唱え続けてみましょう。


四つの祈りの言葉は、愛のエネルギーの代表的な波動を表したものですから、
心が反応した言葉を繰り返していますと、
徐々にエネルギーが調和を取り戻し始めますので、
しかるのち、あらためて四つの言葉を唱えるようにするといいでしょう。


自分を含める「人」や、「物事」「状況」「出来事」などにレッテルを貼ったり、
決めつけていたりしますと、
エネルギーを閉じ込め、循環することができなくさせ、
心身に、「不快」を感じます。



愛というエネルギーは、どんどん拡大して広がろうとする性質があります。

なので、結果の在り方に固執したり、結果を限定したりしますと、
エネルギーが滞り、不快感を覚えるのです。

ねたみ、そねみ、嫉妬などはその典型です。


そしてそのように執着させる裏には、過去の記憶が大きく影響しています。

もし、そうさせる記憶を具体的に思い出せなくても、
潜在意識は知っていますから、問題ありません。

同様に、四つの祈りを実践して下さい。


その気持ちを抱いたことがある自分自身を十分に受け入れ、ゆるし、愛すると、
記憶に登場している自分以外の人や事象もゆるせます。



もし、はっきりした理由はないけれども、
どういうわけか不愉快になったり、苦手意識を覚える人がいるなら、
その人達は、自分がまだゆるし、手放していない記憶があることを
知らせてくれていると見て間違いありません。

この場合でも、四つの祈りで、愛のエネルギーを自分自身に十分満たしましょう。


気にくわない人がいても、その気分の原因はその人にあるのでなく、
自分の内側に残っている記憶を連想させているから
です。

その人は、それを自分に気づかせてくれるために登場してきてくれたのですから、
その人を毛嫌いしたり、敵対視するのは、お門違いです。

ついに長い間手放せずにあった記憶を手放せる時が来たのです。

こう考えれば、少なくとも、目の前のその人をゆるすことはできるはずです。


ゆるせない何かが生じた時、本当にゆるすべきは自分自身です。

誰かを決めつけている時、実際に決めつけているのは、自分自身に対してです。


「私を愛してくれない」のは、「自分が愛していない」からです。

それは、自分で自分自身を十分に愛せていないからです。



⇒関連記事 [否定的な気持ちとの正しい関わり方を知り、仕事する]
⇒関連記事 [自分の気持ち・思考と感情、そして仕事]
⇒関連記事 [手放すことを恐れず、仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。