未来のワークスタイル 話し上手
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話し上手
自分の行動の癖は、自分では中々わからないものです。

知らず知らずのうちに癖になってしまっている行動が誰にでもあります。


話し方の癖もそうです。

日常の会話で、言葉を一つ一つ慎重に話すことは稀です。

ですが、その時の話し方の癖が、
プレゼンテーションや会議での発言に出てきます。


よくお目にかかるのが、
発言の端々に、「あの~」という言葉を入れてくる人です。

本人は、「あの~」と入れることで
リズムを取りながら話すことに慣れていて気づきませんが、
聞く側からは、無駄な音でしかありませんので、
主旨をはかりかねることになります。


今度プレゼンテーションする時とか、会議で発言する時に、
一度、自分の発言を録音してみて、どんな話し方の癖があるか、
認識
してみて下さい。

話し方の癖だけでなくて、
案外、自分の滑舌が悪いことに驚かれる方がおられるかもしれません。


もともと、赤面症で極度の緊張をする人だった私が、
人前で話すことが仕事の一部になった時、
当時お知り合いになった、ある著名なテレビに出る仕事をされていた方に
ご助言頂いたことがあります。

その方は、番組やイベントの司会などもされる方だったのですが、
まだ売れる前に、自分の話をその都度録音して、後ほどあらためて聞き直し、
聞き手として聞きづらいところを修正
されたそうです。

そうして武道館でのイベントや大イベントでも
緊張せずに話せる自分を育てたそうです。


今でも、私の話は決して上手だとは言えませんが、この方に、
自分の話を録音して、話し方を修正するという勉強法を教えて頂いて以来、
アンケートなどで頂ける貴重なご意見を参考にさせて頂きながら、
一回一回の話す機会を大切な学びの場にさせて頂けています。


話し方が変わると、出会いの後で相手に残る印象はガラっと変わります。

私のような典型的な話し下手でも、少しはマシになってきたのですから、
自分の癖を知り、一つずつ修正を重ねていくことで、
きっと相手に伝わる話し方を身につけることができます。


加えて、

続けてほしいこと

やめてほしいこと

取り入れてほしいこと


以上の三つを、自分の話を聞く人からフィードバックして頂ければ、
技術を高めることに大いに役立ちます。


決して話すことが上手だとは言えない私からのヒントですが、
自分の話し方を自分で聞いてみて、癖に気づき、修正を重ね
話すことへの苦手意識を解消していきましょう。



⇒関連記事 [聴き上手は仕事上手]
⇒関連記事 [人と話すのが楽しくなって仕事する]
⇒関連記事 [会話の苦手意識を克服して仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
参考になりました。ありがとうございます。
2011/08/09 (火) 12:21:08 | URL | セシル #uy8KzRgQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。