未来のワークスタイル 孤独感
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独感
寂しさや孤独感を埋め合わせたい時、
多くの人は、自分の外側に求めようとします。

ですが、どんなにたくさんの人と関わろうと、次から次へとパートナーを変えようと、
それで心の隙間が埋まることはありません。


寂しさや孤独は、
自分が自分自身の真の自己と手を取り、共振していない時の感覚
です。

三つの自己を合わせて、共振させてあげないと、
次から次へと、寂しさを感じた時の気持ちがよみがえります。


今、自分の目には、何が映っているでしょう。

今、頭の中ではどんな映像が映し出されているでしょう。

それを見ている自分自身は、どんな気持ちを表しているでしょう。


寂しさや孤独感を感じたら、たった今この瞬間の五感、六感、すべてすっぱりと手放し
四つの祈りをしてみましょう。

三つの自己の波動が調い出し、共振し始めます。

四つの祈りをしていて、自分の感情に気づいたら、間髪を入れず、
「今、手放せるか?」
と、自己に聞いてみましょう。

「イエス」を感じたら、きっぱりと手放すことを宣言し、
愛と感謝の波動に合わせ
ます。


いつもいつも、手放すことを習慣にしていますと、
知らず知らずのうちに、寂しさや孤独感の再現をさせていた記憶も
手放せていきます。

そして、三つの自分も調和され直されてきます。


家族というのは、縁深い出会いです。

特に自分が手放した方がいいことを、
家族の誰かが演じて、自分に教えてくれることが良くあります。

家族という間柄だからこそ気づくことが、多々あるはずです。


恋人同士や友人などの、親しい関係性でもそうです。

いつも一緒にいる人は、間違いなく、深く互いに助け合える関係性ですから、
腹が立つことがあれば、いつもにも増して、手放すことを強化しましょう。


もちろん、一瞬の出会い人が持ってきてくれた手放す機会は、
ひょとしたら、もう二度と
そんなチャンスに巡り合わないかもしれないのですから、
その機会を逃さず、手放す機会にするべきです。


寂しさや孤独に代わる幸せは、
自分の外側のどこかへ探しに行けば見つかるものではありません。

「本当の自分」に戻った時に、すでに自分の内側にある状態です。


それを見ている状態に戻すには、
まず、幸せになるためにどうしても欲しいと感じでいるモノや
なりたい立場、得たい結果などを、手放し、ゆだね
ます。

すると、真の自己が、なぜそれらに執着していたか、
その原因となっていることを見せる準備が調います。

意外な出来事に生じさせた感情が、その原因であることに、
驚きを隠せないこともあります。


最後に、手放すプロセスでは、判断や認識は、一切必要ありません。

むしろ邪魔です。

ただひたすら、お伝えしたことを、無心に実行して下さい。

あとは、大いなる御力が、調えて下さいます。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で行われる「手放す」プロセス]
⇒関連記事 [否定的な気持ちとの正しい関わり方を知り、仕事する]
⇒関連記事 [恐怖とうまくつき合えるようになって仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。