未来のワークスタイル 願ったことを上手に受け取る
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願ったことを上手に受け取る
私達は、たとえ意識していなくても、いつも心に絵を描いています。

これを意識的に行うことを、一般に「ビジュアライゼーション」と呼びますが、
「発願⇒確信⇒受取」を行う時にも、正しくこの技法を併用しますと、
発願したことを現実として受け取る実感をつかみやすくなるでしょう。


ビジュアライゼーション」された絵は、製品を作る時の金型のようなものです。

そこに、宇宙に満遍なく満ち渡る資源物質が流し込まれていきます。

資源物質は、それ自体、まだどのような形態におさまるかは決められていません。

自由な状態にある資源物質に、絵が描かれますと、いわゆる物質化が始まります。

人は、その方向性を、資源物質に描いて伝えることができるのです。


これを「創造」と呼ぶならば、
人は自分が見る世界を、自分の選択から創っていることになります。

仮に人のこの働きを「スピリット(霊性)」と呼ぶならば、
人は、資源物質と霊性を調和させながら自分が見る世界を創っていることになります。


以上のことを知れば、人はいつも視覚化しながら、
原因から結果へと働きかけかけている
ことがわかります。

自分が心に描く絵が、霊性を使って現実化しているのです。

すなわち、「発願⇒受取」を行っているわけです。


人が、資源物質に働きかけて現実化して行く時に違いがあるとすれば、
それは、心に描く絵の振動の状態です。

心に絵を描く時に、人は自分の内側にある膨大な記憶をというデータと
それに伴わせた気持ちの波動を引っ張り出してきます。

その記憶が楽しいものであれば、
人は自分のエネルギーを注ぎ込むことに喜びを覚えながら現実化していきますが、
悲しかったり苦しかったりした振動を呼び起こしてきた場合は、
心の不安となる状態を創る波動を送り出します。

「発願⇒受取」のプロセスで、
人がどのような信念を持っているかが、創造に影響を与えるのです。


なので、人の創造の働きを表す時には、「発願⇒確信⇒受取」と表します。

願いを心の絵にして、現実化していくことを実用化していくには、
わたし」という皆さん一人一人の存在を、
しっかりと知覚認識することが大切になってくるのです。


「わたし」が誰であるかを知りますと、願うこと自体を楽しみたくなってきます。

自分という存在を、自由に表現することを願うようになります。


人の内側にある三つの自己(神性、心性、身性)が、
ここで言う人の「創造」の働きを表す鍵になります。

「創造」に直接関係しているのは、「神性」です。

「神性」は、自由を楽しむ性質がありますので、
楽しめていない時には、不調和が起こります。

私達は、そのような状態にあること、楽しめていないことを、
「心性」もしくは「身性」が伝えてくるメッセージで知ることができます。

「心や身体の不快感」として、或いは「喜び」や「平和」の感覚として。
「神性」すなわち創造の大切な要素である「霊性」としての「わたし」が、
エネルギーの状態が好ましいか好ましくないかを、
「心や体の反応」を通して伝えてきます。


霊性と資源物質化が不調和を起こしている時には、
資源物質は、自分が意図するところと異なる創造を始めます。

ですから、「発願⇒受取」という基本的な流れを、意図を伝えて作っていく時には、
心の状態を調えることは、とてもとても重要なのです。


もう一つ、「発願⇒受取」に違いがでるとすれば、
現実化されていくスピードです。


心の絵に情熱を注げば注ぐほど、物質化は早まります。

ただしその情熱は、
三つの自己が調和して生まれてくるエネルギーである必要があります。

なぜならは、意識的な自分が、内側の真の自己と手を携えていないと、
超意識としての「神性」が、無限の叡智にアクセスして、
インスピレーションを受け取れない
からです。

三つの自己が調和していないと、
資源物質に伝えられる波動が、調和されていないものになります。


この時、心に描いている絵もはっきり定められておらず、
資源物質を十分に集中して注ぎ込む型がないのです。

従いまして、現実化はなかなか起こりません。

というより、混沌とした波動を送り出しているので、
実際に見る現実は、混沌とした世界になっています。


もう一つ理解しておきたいのは、
閉じこめられたエネルギーはパワーが高まるということです。

願望に注ぎ込む情熱も同じです。


発する願いが決まったなら、それを絵にして心に描き、意志の力であかるく持ち、
宇宙を創造した無限の叡智が自分を通して楽しむことを、常に意識する
といいのです。

生命の喜び、魂の喜び、愛、光、パワーを感謝する幸福波動にしておくのです。


以上のような意味で、これから自分が創造していく世界は、
自分の思いにかかっています。

資源物質は、方向性を与えられるのを待ちながら、
あらゆるところで満ちあふれています。

発願したなら、最善、最高、最美なるものが、
自分のところに返ってくることを宣言し、確信して、その波動を保ち
ましょう。


このように「発願⇒確信⇒受取を楽しみながら繰り返していくならば、
超意識を通して、無限の叡智から届けられるインスピレーションを
とらえることができるようになってきます。

アイデアが自然に浮かんできて、それを発願して自然に実って受け取ることが、
皆さんの仕事のスタイルになります。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で確実に仕事を上達していく]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で目標達成上手な仕事をして頂くために]
⇒関連記事 [難しい仕事も簡単にする「発願⇒確信⇒受取」]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。