未来のワークスタイル エネルギーが結実
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エネルギーが結実
すべてはエネルギーであり、
そのエネルギーの状態により、それぞれの振動があり
ます。

そしてその表れ方には、真逆のものが相対的に「在る」という原理が働いています。

同質のことが、その波動の度数が違ってそこにありますので、
違ったことのように思えますが、元は同じです。
同質のエネルギー対極の原理


「発願⇒確信⇒受取」を実践していきますと、ある状態に不快感を持ったとしても、
異質なものに変えようともがかなくても、
同じ質のものなので振動の度数が変えることで、
「在り方」を変えていく
感覚がわかってくるようになります。

仮に「失敗した」と認識した時でも、
改めて愛のエネルギーにつながり直して発願し、
心地よさを感じることを受け取り直すようになっていきます。


高低、東西南北、明暗、寒暖、熱い冷たい、硬い柔らかい、鋭い鈍い、多少、
或いは、騒がしさと静けさ、積極と消極、善悪、愛憎、好き嫌い、
もしくは勇気と恐怖、怠惰と行動力、冷静と情熱など、
人は様々な対極の認識を持ちますが、
それは、それぞれの振動をどう認識しているかということですので、
同じ出来事であっても、自分の価値観で受け取り方が変わってきます。


これらは、波動の度数の違いとして、相対的に表れるものです。

極を定め固定した強力な振動を送り続ければ、
やがてその対象はそ振動数を変えます。

別の種類のものになるのではなく、振動の度数が変わり、表れ方が変わります。

全く別のものに変えることはできませんが、表れ方を変えることが可能なので、
この原理を問題解決、悩み解消、状況挽回のヒントにして、
解決策を導きだすことも可能です。


もう一つの視点としては、
「対極に表れる同質の状態は、
どこに視点を置くかによって、違う様相として表れていると認識する。」

ということです。

たとえば、
真っ暗闇にいた人がロウソクの灯火の場所に移れば、明るくなったと感じますが、
明るい照明のところからロウソクの灯りの場所に移れば、とても暗く感じるでしょう。

明るさの認識の視点が変われば、認識としての明るさの在り方が変わるわけです。


このように全ては度数の差であり、加えて認識している心の状態によっても、
対象に対しての認識が違ってきます。

振動数を上げ下げして、或いは視点を動かすことで、
心の極を変える
ことができるのです。


「発願⇒確信⇒受取」を楽しみながら実践していく時に、
「自分がどのようなエネルギーにつながり、
どのような振動を放って発願しているか」
を見ていけば、
どういう感覚を感じている時に、
意図したことを心地よく受け取っているかがわかってきます。

自分の内側の状態を調えることを習慣にしていきながら、
いかに自分の出す波動が見事に受け取ることに影響しているか、
実感して頂きたいと思います。

自分が体験していくことに、自分が責任を持つという意味がわかります。



⇒関連記事 [爆発的なエネルギーを創出して仕事する]
⇒関連記事 [エネルギーという無限の財産を生かす仕事]
⇒関連記事 [自分のエネルギー状態を知覚して仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。