未来のワークスタイル 創造力
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創造力
私達は、一瞬一瞬、いつも自分の人生を創造しています。

その瞬間に選択をして、エネルギーを送り出し、
これから受け取ることを創造しているのです。

従いまして、私達は、
いついかなる瞬間からでも、人生の流れを変えることができます。


「発願⇒確信⇒受取」をすることによって、
自分がどのようにして自分の出すを創造していっているのか知覚し、
自分が意図したことを創造のシステムに反映させていくには、
自分にはどういう魂の学びのテーマがあるのか、知って頂きたいと思います。


「発願⇒確信⇒受取」というのは、言わば、私達が意識的にしろ、無意識的にしろ、
いつも行っている「創造のプロセス」です。

自分が欲しいものを手に入れる時にも、自分が好まない状況になってしまうのも、
同じくこの「創造のプロセス」を踏んでいます。


「発願」において、私達が通常行っているのは、
「ある状況や対象を想像し、思い浮かべる」ということです。

望みが実現して、幸せでワクワクしている様を想像することもありますし、
何かを恐れて、不安や心配になる状況を思い浮かべていることもあります。

いずれにしても、想像したその状況を実現していくスイッチが入ります。


想像して、今まさにその状況を味わっている時の「気持ち」に注目しましょう。

その「気持ち」がパワー源となり、資源物質にその波動を伝えて、
方向性を示します。

自分が確信していないことを頭だけで想像しようとしますと、
パワー源である「気持ち」がついて来ず、
資源物質に伝わる波動は、意図していることではなく、
本当の「気持ち」の波動の方になります。



資源物質を固定化し、形にしていくパワーは、思考ではなく「気持ち」にあります。

感情が十分に伴わない思考は、資源物質を動かして結実させようとはしますが、
パワーが十分ではないので、
十分に反復を繰り返していく時間をかけて現実化していく流れになります。

この時に、頭の中では、その不足を補うために、
かつての記憶にある「感情の経験」を引っ張り出し
てきます。

脳は事実と幻想の区別をしませんので、今は真実ではない古い感情の記憶でも、
同じように創造のプロセスを進めることができるのです。


この記憶が、否定的な記憶である場合、
意図するのは肯定的な結果であっても、
資源物質が創造されていくゴールは、否定的な結果
になります。

記憶により何を「確信」しているかが、受け取ることを後押しすることもあれば、
意図したこととは異なるようにもするのです。


「手放す」ことと「愛すること」をいつも大切にしている必要があるのは、
想像した時に出すエネルギーが、自分が欲しいものと結びつけるのに、
意図した創造のプロセスの方向性を妨げる要素を取り除き、
愛のエネルギーが磁力を生み、望む方向通りにプロセスを進めていく
ためです。

やがて、十分にパワーをかけて資源物質に届けられた想像は、
目にし、手にする現実として結実します。

出したものが、返ってくるのです。


ですから、何かを望む時には、「心からそれがほしい」と思っている必要があります。

心から望む願望なら、愛の力を利用することができます。

真の自己にいつも素直な気持ちで接して、
本当の望みを真の自己に聞いて
おくことも大切なのです。


心から望むことを受け入れて、まずそれを愛している」ことが必要なのです。

自分がなりたいものが何であれ、やりたいことか何であれ、
手に入れたいものが何であれ、
この「創造のプロセス」は同じです。

望むこととは異なるようになるのも、同じプロセスです。

私達がそれを経験できるのは、今この瞬間だけですから、
今既にそれを手にしていて、既にここに「在る」ように感じていることが、
実現
していきます。


仕事をうまく運びたいなら、難題があふれている日々を嘆くのではなく、
自分が理想にする状況を想像し、感じて、
そこに愛のエネルギーを注いでいる
必要があります。

人間関係を改善したければ、
理想の自分をまず想像し、その気分を感じて、そういう自分に愛を与えて下さい。


「発願⇒確信⇒受取」を使い始めますと、
まだ見えないものを信じる力が育っていきます。

想像か創造の始まりです。

真の自己が、真に望むことことを想像し、望み、創造しましょう。

そうして自分が出したものが返ってきますなら、
恐れることなく、受け取りましょう。



⇒関連記事 [☆注目することが現実になる人生、仕事]
⇒関連記事 [創造力を発揮する二つの方法を併せ持つ仕事術]
⇒関連記事 [仕事で実践する創造的思考とは?]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。