未来のワークスタイル 自分を知る
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を知る
人というのは誰でも、自分の良い面を表に出し、
マイナスの面は、それがないかのように振る舞いたいと考えるものです。

ところが、自分の嫌なところを意識からはずして奥にしまい込みますと、
その嫌いな性質を、無意識に自分以外の人に投影して、それを見ます。

苦手な人や、何となく近寄りたくない人の多くは、
その投影された自分が認めたくない自分の一面であることが多い
のです。


第三者から見れば、両者の似たところとして感じるのですが、
当の本人は、それを受け入れることが、なかなかできません。

そして、嫌いな人と同じ性質が自分の中にも眠っていることを認めることができた時、
その人との関係は快方に向かいます。

若い頃にはうまくいっていなかった親子関係が、
年齢を重ねて互いを慈しみ合う素敵な関係になった家族や夫婦などに、
その例をたくさん見ることができます。


ノート書き出し法を使って、自分の意外な一面を知ることは、
人間関係を好転させることに大いに役立つでしょう。

また、自分が苦手意識を持つ原因となっている古い記憶を触発し、
手放す良い機会を持つこともできるでしょう。

自分のことをゆっくりと観察してみることは、
その他にも多くのギフトをもたらしてくれます。

ぜひ、時折は自分自身と正面から向き合うようにしましょう。

ノート書き出し法で自分の内側にアクセスする参考例を、下記にご紹介します。



①まずノート左のページに、
 自分がとても魅力的だと思う人物についてじっくり考えて、
 好ましいと思うところや性質を10項目以上書きます。

 時間をかけずに、直感で書くのがコツです。

②次に右のページに、
 嫌いな人物、腹を立てている人物、イライラさせられたり困らされている人物など、
 不快な人を思い出し、なぜそうなのかを10項目以上書きます。

③今度は左のページに書いた人物について、
 その人の好ましく思えないところを3項目以上、左のページにつけ加えて書きます。

④次に右のページに書いた嫌いな人についてじっくり考え、
 その人の魅力的な性質を3項目加えて書きます。

⑤左右合わせて、少なくとも26項目以上のリストができました。

 それらの中で、自分にも当てはまるかもしれないと思う項目に○をつけます。

⑥今度は、○をつけなかった項目の中で、
 自分には全く当てはまらないと思う項目に×をつけます。

⑦最後に、○をつけた中で、
 最も適切に自分のことを言っていると思うものを3つ選びます。

⑧次に、×をつけた中で、
 全く自分に当てはまらないと思うもの3つを選びます。

⑨こうして選んだ6つの特徴が、自分に内在していて、
 これまであまり意識してこなかった性質の特徴です。



選んで出てきた内在していた性質に、最も頑なに否定しているものは、
それだけ自分の意識を強く向けているということですから、
間違いなく自分に内在しています。

また最も素晴らしいと思う性質は、たとえこの時点で自分に相応しいと思えなくても、
自分がそうでありたいと思う強い意識を向けているので、確実に自分にある特性です。


今回のように、自分に近しい関係の人に自分の姿を見つけられるようになれば、
その人物とのつながりは必ず良い方向に向かい、深まります。

相手との一体感を抱くようにもなるでしょう。

自分の深いところを知るだけでなく、人間関係を良い方向に変化できます。


昔から言われ続けている「人の振り見て、わが振り直せ」という教えは、
至極の明言というわけです。



⇒関連記事 [自分をパワーアップして仕事する流れ]
⇒関連記事 [自分は何に不満があるのか自覚して仕事する]
⇒関連記事 [願いと結果のギャップを埋めて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。