未来のワークスタイル 七つの確信
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七つの確信
これまで何度もお話してきましたように、
私達は、自ら発する波動に共振することを常に受け取っています。

ですから、今の状況がどういうものであれ、自分の内側を調えながら、
意識的にも無意識的にも発する思いを変えていく
ことによって、
現実的に体験していくことは変わります。


これまでは、記憶や思い込みに好き勝手に振り回されていたとしても、
これからは発する自分の思いや感情を、調えていくのです。

これが、「発願」の主たる内容になりますが、
発する願いのエネルギーのパワーとなるのは、宇宙の原理を確信している度合いであり、
これから受け取ることを楽しみにしているワクワクした感情です。

疑いや迷いは、エネルギーのパワーを弱めますので、
基本的な原理を、しっかりと「確信」して頂きたいと思います。


特に、仕事で成功をして頂くためには、
次の7つの原理は確実に理解力して確信しましょう。



意識が創造する方向性を決める

意識より無意識の方が何倍ものパワーで自分の選択をさせていることは、
間違いありません。

ですが、最初から無意識の学習を生かしていくと言うのは、
つかみどころがありませんので、
意識を集めているところに、エネルギーが集中していくということを、
まずしっかりと理解して確信しましょう。

「発願⇒確信⇒受取」では、そのために最初のうちは、意識しやすい小さな発議をして、
毎日それを実感していくことをおすすめしています。

たとえば、
「是非コミュニケーションをとりたいと思っている方と、
ツーショットで話す機会ができる」
といった願いを発して、その情景を楽しみにして思い描くようにするのです。

すると、会議室でたまたま二人だけの時間ができたり、
たまたま入ったカフェにその方がいたりします。

どこかワクワクできるこういう体験をしてみて下さい。


思いには磁力がある

思ったり、考えたりしていることには、そのことを引き寄せる磁力があります。

小さな目標からでいいですから、一日中そのことを考えるようにしてみましょう。

一番目の、
「私達は思いや考えを集中させているところのエネルギーを拡大している」
という原理を確信できてくると、
そこに自分の意図を加えて実現していくことを学び始めます。

この段階の確信を深めるために、アファーメーションを利用するのもいいでしょう。

大切なのは、それが肯定的なことであっても、否定的なことであっても、
同じように原理は働く
ということを理解しておくことです。

多くの人の場合、不安や疑いを拡大して想像することは慣れているようですが、
肯定的なことを拡大して磁力を高めようとすると、否定的な記憶が出たきて、
磁力を高めては低めるという繰り返しになってしまいます。

シンプルなアファーメーションの言葉を繰り返すようにして、
肯定的なことを考え続けることに慣れて下さい。

思いのパワーの源は感情ですから、できる限り自分の気持ちに正直になって、
そうなることが楽しみにできるような目標にするといいでしょう。


純粋な欲求の法則

人の気持ちというのは、実に正直です。

頭でどんなに「こうするべきだ」と考えていても、
心から納得し、喜びに感じていることへの気持の強さにはかないません。

ですから、自分自身に素直に向き合い、自分の気持ちを否定せずに、
願いや目標を決めていく
ことに慣れて頂く必要があります。

自分とのいい関係を持つことは、
「発願⇒確信⇒受取」を身につけていくのに不可欠です。

とはいえ、自分一人で真の自己を受け入れていくことが
上手にできない方もおられるでしょうから、
そういう時は、マスターマインドやメンターの力をお借りするといいでしょう。


エネルギー対極調和の法則

何かを意図して発願し、エネルギーを発しますと、
その逆のエネルギーも同時に高まります。

「できる」「できない」は、
いつもセットで生じる気持ち
だということをわかっておきましょう。

「何かを成し遂げようと決意する度に、足を引っ張るようなことが起こる」
と嘆くひとがいますが、
それが宇宙の自然の原理です。

もし、困難や逆境が起こっても、それだけ決意ができていたということです。

そこで、どういう選択をして行動するかが大切です。

状況は、よりエネルギーが高い方に動きます。

ならば、肯定的なことを考えたり思っているする楽しみを増やしていくことが
大切だとわかるでしょう。


調和の法則

宇宙には、常に調和の法則が働いています。

これは、とても重要な原理です。

常に調和を取ろうとすべてがしていますから、
当然すべては常に調和の方向へ変化しています。

何一つとして、「ずっと同じ」ということはないのです。

ですから、何かに固執するということは、宇宙の原理に逆らいます。

発願したことや目標をに集中することで、変化の方向性を示すことは大切ですが、
結果を限定しますと、望みをカタチにする流れを止めることになります。

「つかまえ放すの法則」を忘れないようにしましょう。

確信しますが、ゆだねていることが大切です。

意識として私達ができることは、
いつも最高、最善、最美を描き、実行していくことを心がけることです。


正しい行動の選択

五番目までの原理を調和を保ちながら最善に導くエネルギーは、「愛」です。

意識も無意識も、愛のエネルギーに同調するように行動することが最も大切です。

「それは愛からか?それとも恐れからか?」

いつも確認しながら行動する習慣をつけましょう。

愛の選択の行動をしている時には、
ゆだねていて、結果よりもそれをすること自体に喜びを感じています。

今、ここ、この時に、エネルギーの調和を体感します。

一方、恐れから行動している時には、
感謝の心は薄れ、結果が気になって仕方がなくなります。

日々の「ありがとう」が極端に少なくなりますし、
心がスッキリせず、懸念事項ばかりが頭を占領します。

愛の選択からの行動こそが、正しい行動です。


エネルギーは拡大して影響していく

個人でみれば、自分の思いが自分の現実を創っていくわけですが、
私達は自分一人で生きているわけではありません。

自分が放つエネルギーは、
周囲だけでなく、あまねく全てに伝播し、拡大していきます。

すべては究極のところで一つであり、自分だけがそうあることはあり得ません。

自分が幸せならたくさんの幸せを生じますし、
自分が不安ならたくさんの不安を増長します。

「自分がしてほしいことをひとにしてあげる」というゴールデン・ルールは、
この真実において、
自分が常にどのように振る舞えばいいのかを教えてくれています。

まず、自分が自分の内側のエネルギーを調えることが大切です。

何かを目にしたり、耳にしたら、
それと同じようなことが自分の内側にもあるということですから、
その種である記憶を手放しましょう。

その記憶が具体的にどういうものかわからなくても、問題ありません。

それが自分の内にもあるということを受け入れて、
その状態の自分に愛のエネルギーを注ぐのです。

愛と感謝で満たされて下さい。

本当に手放し、愛のエネルギーと完全に一致しますと、
理由のわからない感謝の気持ちが溢れてきて、涙することもあるでしょう。



今回は、「発願⇒確信⇒受取」で仕事の成功をおさめて頂くために、
確実に確信して頂きたい7つの原理を振りかえってみました。

自分には、この部分の確信が弱いなと思えることがあれば、
今日から一週間集中的にそれを意識して取り組んでみましょう。

これから「発願⇒確信⇒受取」を始めようとなさる方は、
日々発願しながら、上記の7つを一週間に一つずつ集中的に取り組み、
8週目には、その中で最も弱いと思うことに再度取り組んでみましょう。

原理を確信すればするほど、願いを受け取るのも早くなってくることでしょう。



⇒関連記事 [仕事の成功には、心の柔軟性が不可欠]
⇒関連記事 [成功体験に意識の焦点を合わせて仕事する]
⇒関連記事 [仕事の成功の入り口も「思いやり」]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。