未来のワークスタイル 真の信念
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真の信念
ゆるがない信念で仕事するには、
その信念が絶対的に確実になるまでの思考の流れというものがあります。


まず言えることは、それが自分の真の信念であれば、
それを持つきっかけが、頭の中であれこれ考えた結果ではなくて、
純粋な感覚で感じたことから始まっているはずです。

「私は~と感じている」という知覚を否定できない強い直感があり、
そこにパワーの源となる気持ちが加わり、
「私は~に情熱を持ってる」と表現することを強く求めている
なら、
最初に感じたことは、信念にまで高まっています。


また、真の信念を知覚すると、
その信念の邪魔になる考え方や行動もはっきりします。

この邪魔になる自分とは違う信念を、
自分の内側でどのように処理しているかは、
その後、信念を貫く仕事にする時に、
自分から放たれるエネルギーの質に大きく影響します。


意識が自分の信念にフォーカスされているか、
それとも別の何かに焦点が移ってしまうか、
ここが、自分の信念がホンモノかどうかの最初の分岐点です。

信念を知覚すると必ず反対の信念も知覚するのですから、
自分が最も満たされていると感じる時はどのような感じがするか、
十分にイメージして先に感じ取っておく
ことが大切です。


「私は、~である時(する時)、最も満たされていると感じる。」

これをいつでもどこでも、はっきり明確に言えるかどうかです。


加えて、信念を支える疑問の余地のない事実を持っていることも大切です。

「私は、~と感じ、~に情熱を持っているので、
~という信念を、~時、最も満たされていると感じ、
~という疑いのない事実があるので、
私の仕事は自分の人生や世の中に意味のある貢献をしている。」


信念に裏づけられた仕事ができている時、
きっとこのようなことを語ることも自然と増えているでしょう。


自分の仕事に価値があると確信し、加えて、
自分が幸せになることを望み、人生の選択を支えてくれる存在と共にあるなら、
皆さんは、夢を実現するための全てを持っていると言えます。

そういう感覚がある信念こそ、ご自身にとっての真の信念です。

使命感がある仕事ができていることでしょう。


時に、ただ頑固なだけが信念だと勘違いする場合がありますから、
ひとりよがりな思い込みと混同しないようにしましょう。



⇒関連記事 [真実に基づく信念で仕事する]
⇒関連記事 [自分の信念とどう関わって仕事するか]
⇒関連記事 [「信念の力」で仕事目標を達成する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。