未来のワークスタイル ホンモノの決意
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンモノの決意
皆さんの中には、独立しようとか、転職しようといった
新たな旅立ちを考えている方もおられるでしょう。

そういった方々に、知っておいて頂きたいことがあります。

多くの独立者や転職者の心に浮かんでくる諸々です。


今の職場を離れて、新しい仕事環境に移ることを決意して、計画を立て、
行動し始めて、最初に襲ってくる感情は、おそらく孤独感でしょう。

仲間もなく、一人自分だけの旅は、最初は間違いなく寂しいものです。


その次に来るのは、元いた環境への郷愁です。

辞めたことを後悔するまでにはいきませんが、
「あのまま仕事を続けていれば、今頃どうしていただろう」
等と、考え始めるのです。

そして、あのまま続けていても、解決できないことがあったと、
自分を何とか納得させようとすることでしょう。

或いは、
「仕事を辞めないように言ってくれた人の方が正しかったかもしれない」
と、思ったりもするかもしれません。


孤独感が強まり、元いたところへの郷愁が強まりますと、
次に来るのは、やり始めたことを精算して、元の場所へ帰りたいという衝動です。

この誘惑には、この後も、何度となく、かられることでしょう。

でも、帰ったところで、
事の顛末を聞いてくれる耳はそこにないことも、知っているはずです。

この感情が強くなってきた次に襲ってくるのは、
新しく始めたことを途中でやめる言い訳を考え出すことです。

「身体をこわしたら、言い訳ができ、名誉も守れるだろう」
とか、否定的な事の顛末を考え始めます。


新しい仕事を始めるにあたって、
最初に定めたゴールを切るのは、決してたやすくはないはずです。

初めての環境で、経験的裏付けがない手法で挑戦するのですから、
当然でしょう。


目標にまだはるかに遠い現状に悲しくなり、
あきらめたいと願う気持ちも頭を出し始めるわけです。

それでも、「まだ何かいい方法はないか」と、考え続ける自分もいます。

ですが、孤独との戦いと、仕事を辞めたことの後悔と、
自分がいた場所への郷愁は、容赦なく襲ってきます。

「どうして、自分ならできると思ってしまったのか」
と、自分のことを責め始めもします。

「少なくとも、ここまで頑張ってみたのだから」
と、無理に自分を慰め、ごまかそうともするでしょう。


うまく軌道に乗るまでは、
何度もこのような軋轢を自分の内側で繰り返すことになることも、
新しい仕事を決意した時には覚悟しておきましょう。


そして、この否定的な感情が襲ってきた状況を抜け出すための財産は、知恵です。

成功するには、全身全霊、全力で向かわなければなりません。

本当に自分が自分を助けるヒラメキを最初に得る経験をするまでには、
徹底的に追い込まれることも必要だったのだと知るでしょう。


今回のお話は、何もこれから夢に向かって旅立とうとする人を
思いとどまらせたくてしているのではありません。

むしろ逆で、皆さんに本当に成功して頂きたいので、
こ自身の決意の確かさを改めてご自分で確かめて頂きたいのです。

今抱かれている勇気と決意を、確実にモノにして頂くために。


「発願⇒確信⇒受取」を続けることを、決して途中で放棄せず、
宇宙の原理と自分の可能性を信じて下さい。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事することを決意する]
⇒関連記事 [魂本来の喜びで仕事することを決意する]
⇒関連記事 [退転の決意で仕事に臨む]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。