未来のワークスタイル 直感を正しく受け取る
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直感を正しく受け取る
「発願⇒確信⇒受取」がかなり定着してきますと、
皆さんの直感力も相当高くなっています。

この時期、よく起こることが、
直感的に選択したいことが、同時期に二つ、三つと複数現れてくる状況です。

「発願⇒確信⇒受取」の究極の要は、
「発願」にある
ことがわかってくる上級段階においては、
迷いなく決意して発願することが、とても大切になるのですが、
どれも正しい選択に思えて、選び切れないでいますと、発願力を弱めてしまいます。

そういう時の選択のヒントになる感覚を、いくつかお話しましょう。


まず第一に、身体の感覚に注意を向けてみましょう。

胸がつかえたような感覚や、何となく身体が重く感じる感覚
或いは首や肩に緊張を感じる時は、
本能的に何らかの異変を察知していることが多いです。

頭では、「これは正しい」と思えても、こういった身体的感覚がある時は、
呼吸法により自分の内側のエネルギーを調え直して、
改めて「これが正しいなら、こんな私にもはっきりわかるようにお示し下さい」と
ゆだねて、目の前にある今できることに集中
します。

やがて、新たな直感がきます。


また、自分の正直な感情に注意を向けるのも、見極めるのに大切な方法です。

基本的に、安堵感、意欲、清々しさ、情熱などを感じる時には、
判断が正しい選択の場合が多い
のですが、
重圧感、憂鬱、疲労感、無気力感がある時には、
間違った方向に行こうとしていることが多い
ものです。

ただし、それが初めての挑戦だったりする場合、
単に情報不足、イメージ不足を教えてくれている場合があるので、
しっかりと吟味はして下さい。


感情に着目する時は、
「それは愛からか、恐怖感からか」を確認するという基本から入りましょう。

基本的にワクワクして、元気が出ることは、
そのまま続けるのがよい選択であることが多いです。


ちなみに、身体的感覚の確認や感情的感覚の確認をして、改めて発願し直しますと
(これを私はよく「上げる」という表現にします)、
直感は象徴的なイメージで表れてくることが多いことを心得ておいて下さい。

基本的に、発願したことには、
漠然とした投げかけには漠然と、具体的な投げかけには具体的なメッセージが
よく表れます。

ただし、どちらの場合も、象徴的な何かで伝えられることが多いのです。


この辺の「発願」のしぼり具合は、
自分がどのような答えを求めているかに合わせて、自ら微調整することもできます。

いずれにしても、全ての思い込みを手放し、
それに関わる人達が幸せに微笑むところを強くイメージする
ように心がけて下さい。


※思い込みをなかなか捨て切れない時には、
 感情解放の基本手順四つの祈りに よって、手放すことに集中するだけで、
 正しい直感を受け取り直すこともよくあります。)

 発願したことは、意外なルートでそれを手にすることがよくあることを、
 上級段階の方はよくご存知のはずです。

 自分で狭めている可能性を制限する思い込みがあったことが、
 正しい直感をわかりにくくさせていただけということもよくあるのです。


「正しく直感を受け取る方法はコレ」といった決まったルールが
あるわけではありません。

直感を磨くには、何と言っても「習うより慣れろ」です。


難しい理屈はともかく、日頃から肩の力を抜いて、
楽しんで直感に焦点を当ててみるようにしましょう。

また、直感を働かそうとする時に、有利か不利かを考え出すと、
直感の声はかき消されてしまう
ことも忘れないようにしましょう。


恐れることはありません。

万一ベストではない選択だったとしても、
上級段階の皆さんは「すべては最善・最高・最美に向かい進んでいる」ことを
よくご存知のはずです。

受け取る結果に違和感があれば、また発願すればいいだけです。

その経験もまた、皆さんに大切な学びなのですから。



⇒関連記事 [直感と親しくなり仕事する2]
⇒関連記事 [直感と自由を主体とする知恵による仕事]
⇒関連記事 [直感を受け取って仕事するための基本中の基本]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。