未来のワークスタイル 「思い」と「現実」
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「思い」と「現実」
自分の心の中で支配的な思考となっていることが、
遅かれ早かれ、皆さんの現実の行動と
なります。

そのようにして私達は、想いを徐々に現実の物質に転換していきます。


「発願⇒確信⇒受取」という
人間の根本的な日常を、意図された仕事として実践していく方法を
ここではお話していますが、
それは何も仕事に限ったことではありません。

自分の内側で支配的になっている思考は、
人生のあらゆる局面での行動となって現れます。


ですから、この「発願⇒確信⇒受取」を実践するには、
現実として自分に起こっていることを認識して、
この法則性を疑いなく実感する必要があります。

だから始めて間がないうちは、小さな願い(願望・目標)が現実になっていることから、
たくさん体験していくことをおすすめしています。

まず、「確信」を揺るぎないものにするのです。

疑いや迷いが実現力を弱めますので、揺るがない確信を持つためにも、
現実的な認識をたくさんして頂くためです。


自分がなりたいと思う人物像を考え、いつも鮮明な姿を思い描くようにしましょう。

思うことは、創造を始めているということです。

「思い」と「現実」の関係を深く理解して下さい。


毎日、仕事を始める前に、
その日に達成したいことや、手にしたいことを鮮明に思い描きましょう。

そのように発願したならゆだねて、今あるものを最大限に使い、
今できることをすべてやり尽くすつもりで、目前のしごとに集中しましょう。


帰宅して眠るまでの間にゆったりとした時間をとり、
朝に発願したことがその日の経験(出来事としての経験、考えたこととしての経験、
感じたこととしての経験など)に、どのように表れてきたか観察しましょう。

最初のうちは、なかなか気づけないかもしれませんが、
朝に発願したことと、その日のことを観察して気づいたことを記録していきましょう。


記録していくと、より潜在意識に深く刻むことができますので、
ある日の観察で、ふと数日前の発願と経験がつながってきたりします。

発した想いが現実として現れるまでには、熟成の時間が必要なことがありますから、
発願したその日に必ず受け取ることになるとは限りません。

記録していくと、「思い」と「現実」の関係が、
よりはっきりとわかるでしょう。


自分の人生に起こることには、
必ず自分が考えていたことが関わっている
事実を認識しましょう。

自分の人生に起こることに責任を負えるのは、自分自身です。

確信が揺るがないものであればあるほど、実現力は増し、
現実として受け取るまでの時間も短縮されていきます。


これからも、「発願⇒確信⇒受取」を楽しんで身につけていって下さい。



⇒関連記事 [仕事を潤滑にする思い癖、邪魔をする感じ方の癖]
⇒関連記事 [意識的に思いを仕事に現実化していくには]
⇒関連記事 [自分の思いが仕事に出ている]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。