未来のワークスタイル 「ある」ところとつなぐ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ある」ところとつなぐ
とてもシンプルなことですが、確実に理解して、
発願の時に実践して頂きたいことがあります。

それは、出したものは必ず返ってくるので、
必ず「ある」ところから考え、行動する発願をする
ということです。


「発願⇒確信⇒受取」を通して、それが肯定的であれ、否定的であれ、
発せられた小さな願いが現実になることをたくさん体験していますと、
強く心に抱いた全ての願望を実現させ得ることを知ることになります。

「ない」ことを頭に描いてその気分を味わって発願しますと、
「ない」状態のエネルギーが自分自身から流れ出し、
それに同調することと共振
し始めます。

当然ながら、やがて目にする現実は、
「ない」エネルギーの様々な様相であり、体験です。


それをあえて求めておられるなら、それはそれでいいことになりますが、
多分、ほとんどの皆さんが発願されるのは、
何かが十分に満たされているようなことでしょう。

それならば、発願する時の自分の内側のエネルギーは、
それがある時に喜びを感じているようにしておく必要があります。


自分が人生で経験することや仕事で起こっていくことに、
自分の思いが関係していないことはありません。

起こることのきっかけが外的な要因だとしても、
そこには必ず自分にもその要因があり、つまるところ、
人生や仕事の責任は自分にあると覚悟するしかないことを認識しましょう。


これが「受け取る準備」です。


せっかく目標が達成される外的な準備が調っても、
自分に受け取る準備がなければ、それは自分の前を通り過ぎ、
受け取る準備ができている別の誰かが代わってそれを受け取ることになるでしょう。

何故なら、私達は全てはつながっていますので、
自分が発する願いはもちろん自分自身のものですが、願いを発するその瞬間、
どこかで必ず同じ願いを発している存在もいるからです。


私達は、不幸も幸運も、受け取る時には、
当たり前に受け取るべくして受け取っています。

「ある」ところから発せられたことは、「ある」べくして返ってきますから、
受け取る準備をして受け取ればいいのです。

もちろん「ない」ところから発せられたことは、「ない」こととして返ってきますから、
以前と代わらず「ない」状態を受け取るしかありません。

それが、原理です。


毎日少なくとも10分は、
自分自身の内側にある自信を育むための時間を取るようにしましょう。

「発願⇒確信⇒受取」をずっと続けていけば、
自然と手放しながら「ある」ものにつながり満たされる感覚が身についていきますが、
手放してゆだねている感覚を知覚できるまでは、
集中して自分の内側のエネルギーを調える時間を取るようにしましょう。

その方が、「発願⇒確信⇒受取」の習得をスムースに進めることができます。



⇒関連記事 [「今」あるものに感謝!(「発願⇒確信⇒受取」の基本中の基本)]
⇒関連記事 [今「あるもの」に感謝して、仕事しよう]
⇒関連記事 [パフォーマンスで見る「発願⇒確信⇒受取」でする仕事]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。