未来のワークスタイル 真の目的
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真の目的
自分にとっての目的というのは、端的に言えば、
「自分は何故この会社で働いているのか」とか、
「自分は何故生きているのか」といったことを理解することです。

それは自分の存在意義であり、使命感といったものです。


これが仕事の目的となりますと、
その会社なり、ビジネスなり、作業・技術なりで、
相手にしているお客様やオーディエンスやクライアントの皆さんが、
こちらが提供する商品やサービス、作品やパフォーマンスなどを通して
何を求められているかということに、真の目的とするべきことがあります。

それに答える商品やサービスなどを提供することが、
私達が仕事と呼ぶ生産的な活動です。


目的がはっきりとしているのとしていないのとの違いは、
皆さんがどのような仕事をなさっているとしても、
地に足をつけて仕事ができるかできないかの違いとなって表れます。

はっきりした目的があるからこそ将来へのビジョンが鮮明になり、
自分の内側に安定した安心を持つことができ、
伝える相手にも安心して取り引きに応じて頂くことができるのです。


更に、目的がはっきりと打ち出されているかどうかは、
個人のモチベーションもさることながら、
組織全体のエネルギーの高さにも比例します。


皆さんは、どのような目的で仕事なさっているでしょう。

いきなり人に、「どんな職についているのですか?」と尋ねられたら、
皆さんはどのように答えるでしょう。

たとえば、建築の仕事をしているとして、
無愛想に「資材を運んでいる」とでも答えますか?

或いは、「月給二十万円で働いている」と仏頂面でこちらも見ずに答えますか?

それとも、目を輝かせて誇らしげに「世界一のビルを建てている」と答えますか?


同じ仕事をしていても、その人にとっての仕事の意味は全く違うのです。

それが、年収200万円の仕事にも、年収2000万円の仕事にもなる心構えの差です。


年収が低いからといって、会社や社会や政府のせいにしても、
自分の収入が増えるわけではありません。

仕事の目的をクリアーにしなければ、明確な目標を掲げることもできず、
またどんな困難を乗り越えてでも実現させたい夢を描くこともできず、
行動計画など全くの他人事となってしまい、
人生の主導権を自分ではない何かに渡してしまいます。

それで今よりもっといい生活がしたいといっても、ハナから無理なのです。


いまの仕事を始めた時と、今現在の仕事に対する自分の目的は、
どのように変化したでしょう。

変わらないですか?

縮小させましたか?

更に大きく壮大なものに変わってきましたか?


今の状況を嘆いたり、不安や文句を言ったりする前に、
まず自分がどのような目的でその仕事をしているのか、確認してみましょう。

今の状況になったその答えは、自分の内側にあります。



⇒関連記事 [「真の目的」と仕事]
⇒関連記事 [仕事の目的と目標を無意識にインストール]
⇒関連記事 [明確な目的に向かう仕事のための祈り]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。