未来のワークスタイル 強い信念
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強い信念
強い信念がない成功者はいません。

信念は目標達成に必要な意識の力の最たるものです。

では、どんな信念でも強ければ成功につながるかと言いますと、
そうはいきません。

その信念が足かせになり、身動きを取れなくさせることもあるからです。


今は、これといった信念がないと考えている人も、
信念を、
「意識(思考)の働きがあり、それを無意識に定着させている思い込み」
と理解すれば、
誰にでもそれなりの思考回路が定着しているので、
それがその人の信念だと言えます。


ただ、自分の内側と対話したこともなく、
「私の信念はこれだ」というものが知覚できていなければ、
環境に翻弄されて生きる道を選ぶことになっているかもしれません。

それが自分の生きる道だと言うのなら、信念を強く持つことも必要ないでしょうが、
自分がこれから進んでいこうとする道から反れずにビジネスを全うするなら、
やはり信念は、なくてはならないものです。


これまで人に「信念は何か?」と尋ねられても、
はっきり答えることができなかった人も、
意識の働きを知り、ある一定の考え方や事実と思うことを無意識に渡して、
どのように私達は自分の当たり前だと思うことにしているか」を知れば、
自分が心から納得し、幸福感を高める信念を持つことはできます。

その一つの方法として、自分の魂が躍動するような宣言文を作成し、
いつも何度も自分に読んで聴かせて、
自分が確信する信念にまで高めるやり方があります。


自分にとっても宇宙にとっても良質な柱となる信念を持つ宣言文を作成するには、
次のようなことをポイントにして作成しましょう。

これをいつもいつも繰り返し読み、意識することで、
無意識の向かう羅針盤にするといいでしょう。



【宣言文作成のポイント】

大胆さ

明確さ

ポジティブさ

現在形による表現




思いをカタチにしていくには、行動をかきたてる内容の宣言文にする必要があります。

そのパワーの源は、感情です。

宣言文を読むたびに、強い気持ちが自然と湧き上がる内容を、
先の4つのポイントを踏まえて宣言文にします。


意識が記憶できるのは、せいぜい数十秒です。

だから、無意識にジワジワ浸透していくように、何度でもこの宣言文を読みます。

ビジョンや宣言を常に現実行動の指針として働かせるには、
しっかりと潜在意識に固定し、無意識にいつでも働かせていくことが必要なのです。


感情エネルギーはとても強力です。

ですから、宣言文を読むことが感情エネルギー発動の発露になるものにします。


感情をどのように扱うかを知らなければ、いつも自分の感情に振り回され、
何年もかけて築き上げてきたことも、一瞬で崩壊させかねません。

否定的な感情には、少なからず潜在意識にある記憶が関与していますから、
それが出てきた時には、別のところでお話した感情解放の基本手順
もしくは四つの祈りで、その記憶の中の自分を自由にしてあげて下さい。


新しい信念を潜在意識に定着させていく時には、
何度となく、元に戻らせようとする衝動が出てきますから、
その対処法として、記憶を手放す方法を熟知しておくことも大切です。


これまでの自分は自分として素直に受け止め、受け入れて、
今から、「発願⇒確信⇒受取」の達人となるべく、
自分を愛し、慈しみ、自分の内側に満ち満ちている愛が自然に流れ出すような、
信念がある自分
を育てていきましょう。


その人の仕事に信念を感じ、それに感銘するから、
人はその人と共に進もうとするのです。

その人の力になりたいと、自然に思うのです。


皆さんも、そういう人にこれからなっていくことを、まず自分自身に許可して下さい。

そして、自分が最も大切だと思うことを実現していく人になり、
それ以外のものは、喜んで人に分け与える余裕を心に持ちましょう。



⇒関連記事 [真実に基づく信念で仕事する]
⇒関連記事 [自分の信念とどう関わって仕事するか]
⇒関連記事 [「信念の力」で仕事目標を達成する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。