未来のワークスタイル 幸福感
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸福感
仕事をしていく上で、充実感、幸福感がある状態にするには、
次の三つのテーマに成長を感じ、
好奇心を持って仕事を通して高めていることが重要です。


知性を高める

創造力を高める

パワーを高める



知性を高めていくのに、若い間はまだ経験がそんなにあるわけではないので、
新しいことにチャレンジしたり、成績を伸ばしていくことが、
知性が高まっていく感覚に充当し、充実感を持つことができます。

問題は、ある程度仕事を覚えてきた時、
そし実績があるなしで、評価がはっきり分かれてしまう
中堅の立場になってきた時です。


人というのは、経験を積みながら無意識に
「自分はこのレベル」というレッテルを自分に貼ってしまいます。

そして、「できる、できない」で自分の仕事を無意識に囲いこむようになり、
やってみる前から、仕事を判断しようとしてしまいます。

この状態によく陥るのが、ある程度仕事を覚えてきた頃と、
いわゆる中堅どころと言われる年令になってきた時です。


若い時には、まだ経験が浅いから
できなくても非難されることもそんなに多くはありませんが、
経験者となってくると、「できなかった」時に起こることを無意識に想像し、
その想像が自分に起こることを無意識に恐れ、
やる前から「無理」という判断
をしてしまうわけです。

ここの段階で引っかかることなく、
更に成長していく自分を創造するには、知性が必要です。


仕事を通して知る知識や見解だけでなく、
自分の可能性をいつまでもまだまだ広げていくことができるシステムが
私達の脳には備わっていることを知らなければなりません。

かつては自己啓発的な話にしか、
こういう壁を乗り越えていく話は出てきませんでしたが、
今は、脳科学や心理学、或いは量子物理学などの
学問的な根拠が次々と出ている時代です。


要は、自分は自分の人生をどのようにクリエイトしていくかという知性があれば、
どの年代でも、職場のどの立場でも、どのようなパーソナルな理由があろうとも、
成長し続けていくことができます。


この知性の育ち具合で、二番目の創造力も違ってきます。

創造の始まりは、想像です。

にも関わらず、知性を育てることを怠ってきた人は、
限界を自分で想像して、そういう世界を創ってあきらめることが得意です。


どのような生き方をしようと個人の自由ですし、
知性を高め、創造的になることをやめたとしても、
社会的には法を犯さない限り罰せられることはありませんが、
創造をやめてしまった人生では、夢や希望がみるみるしぼんでいきます。

自分自ら、仕事の充実感や幸福感から縁遠い選択をしてしまっているのです。


そこを乗り越えるために、古い時代の根性論、
その後に続いたモチベーション絶対主義などがありました。

そんなことだけでは、ずっとパワフルに仕事し続けることはできないと、
誰よりも皆さんがご存知でしょう。

根性もモチベーションも大切な心意気、心理作用ではありますが、
それらだけでは根本的なところは解決しません。

下手をすれば、自分で自分を破壊してしまうことにもなりかねません。


ですから皆さんには、知性を高めていくことを大切にして頂きたいと思います。

自分の本当の気持ちと向き合うのも、一つの知性。

宇宙の原理を学び、エネルギーの調和を身をもって経験していくのも、一つの知性。

自分の感情というパワー源を、マイナスの働きをゼロにしながら、
プラスの働きに置き換えていく
のも、一つの知性。

三つの自己をひとつにしていくことも、一つの知性です。


「発願⇒確信⇒受取」を実践していきながら、知性を高めていきましょう。

仕事や人生の充実感や幸福感を、もっともっと味わっていく日々を楽しみましょう。



⇒関連記事 [「幸福」を感じる仕事にする]
⇒関連記事 [自分のエネルギー状態を知覚して仕事する]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で幸福波動を広げて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。