未来のワークスタイル 運がいい人
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運がいい人
世の中には、何をやってもうまくいく人もいれば、
どんなに頑張っても悪い結果になってしまうという人もいます。

それを人は、運が良いとか、悪いとか言うわけです。

また、今年の初詣でひいたおみくじが、あまり良いことが書いてなくて、
何となくでもあまりいい気分になれなかったという人もおられるかもしれません。


運の良い人と悪い人との違いは、いったいどこにあるのかと言えば、
徳分が十分にあるかないかだと言われます。

前世において徳を積んだ人、
或いは、徳を積んだ先祖をもつ人は、この人生で運に恵まれ、
そうでなければ、運に見放されるというわけです。

徳分」とは何かと言えば、
簡単に言うなら、「どれだけ世のため、人のためになることをしてきたかという量分」
ということになりますが、
前世やこれまでの人生の日々を最初からやり直すことはできないわけですから、
やはり、今という時からどのようにしていくかということを
心がけていく
よりありません。


もし、これまで、「自分のことばかり考えてきた」とか、
「他人の幸せなんか考えることさえなかった」というなら、
今すぐここから気持ちを切り換えて、少しでも、
「世の中の人々が幸せになるように」と、思いの在りどころを変換しましょう。

急に何でもかんでも自分より他人を優先させたりするというのではなく、
まずは身近なところ、自分の家族や親戚、さらには隣近所、そして地域社会へと
幸せを願う気持ちを広げていきましょう。

こうして少しずつ、自分の思いが放つエネルギーを
我がごとが良くなることだけでなく、人々の幸せと共に発願をし、
善なる行動を実践
していけば、
きっといわゆる「運」と皆さんが呼ばれているめぐり合わせも、
開けていくはずです。


これまで、自分が放ってきたエネルギーの質が運がいいことにつながってこなかったり、
これまで、どちらかというと悪いことが多かったとかに関わらず、
ここから、世のため人のためという気持ちで、
善なる行動を実践していけばいいのです。

そういう「発願⇒確信⇒受取」をしていくのです。


そうすることで、すでに良いエネルギーの流れをとらえている人は、
益々「発願⇒確信⇒受取」に勢いを加えていくことができますし、
これまであまりうまく自分が思う理想を実現させて受け取ることがなかった人なら、
いわゆる幸運に恵まれるようになっていくでしょう。


そのためにも、自分自身を高めていくことを喜びにしましょう。

それは、人間としての実力を磨くこと、
自分の人生に起こることに自分で責任を持てる自分になることです。


自分で自分を幸せにも豊かにもでき、
宇宙の原理を理解して、善なる波動を送り出して受け取るように転換するとともに、
記憶を手放し、自分自身を制限する負のサイクルから解放していくことです。


自分のことは自分自身で解決できるようになることです。

自分が幸せにするべき最初の人は、自分自身です。


自分自身こそが最も身近な「世の中」であり「人々」なのでふから。

ですから、世の中をよくしたい、人々を幸せにしたいと願い、
もっと「運が良く」なって、「発願⇒確信⇒受取」をしていこうと思うなら、
何よりもまず自分自身を立派にすべく、真剣な努力と修養を始めていきましょう。

私達は、どうやったって、自分が出したものを受け取ることになるのですから。



⇒関連記事 [「ツキ」のある仕事をする]
⇒関連記事 [「運」も「ツキ」も味方にして仕事する]
⇒関連記事 [幸運な仕事]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。