未来のワークスタイル 失敗を恐れない
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失敗を恐れない
「発願⇒確信⇒受取」を愛から始めようとする時に、
最初のうち失敗になりやすいありがちな発願のパターンが三つあります。

一つは「独りよがりな愛からの発願」、次に「自分の真の喜びとならない発願」、
そして「小さすぎる発願」になってしまうことです。


「独りよがりな愛からの発願」というのは、
自分ひとりが善であり、正しいと思っていること、つまりひとりよがりです。


「自分の真の喜びとならない発願」というのは、
形の上だけ善であり正しいことを願うのですが、
心の中は善でもなく、喜びも感じていなパターンです。

まず動機を善にしなければ、本当の善とはなりません。

人が楽しいことが必ずしも自分も喜びになるわけではありません。

動機そのものが善でなければなりません。

形の上のこと、目に見える結果だけが善であると、魂は喜びを得られません。

本当に善であり、魂が喜べる発願であるには、
無形の真実である愛と誠がこもっていなければならないのです。


「小さすぎる発願」というのは、自分なりに善だと思っていても、
より大きな目で見たら、むしろ悪になることもあるということです。

目先の利益にとらわれた発願になってしまいますと、
この失敗をよくしてしまいます。

まず大きなところを思い描き、
そのために自分が愛からできることを発願
するようにします。


最初のうちは、何が大局から見た善であり、
魂の真の喜びとなるのかわからないことも多いでしょう。

どんどん発願していき、受け取ることを恐れる必要はないのですが、
そもそもの自分が魂と語り合って掲げる真の目的を、
できるできないで考えず、大きく持つことです。


「自分のやろうとしていることは独りよがりかもしれない、
小さすぎるかもしれない、叡智も足りないかもしれない…。

だけど、それは大いなる叡智、真の自己は知っていることなのだし、
今の自分としては、自分なりに精一杯の誠を尽くしていくよりほかはない…。」


このように考えて、
「発願⇒確信⇒受取」を実践していくことを恐れず積み重ねていきましょう。


自分が不完全であることは、百も承知。

だからこそ、一歩一歩成長していくことを喜びにできることを感謝しましょう。


それが最高の善となり、
最高の結果を受けることになるとは限らないかもしれません。

より大きなところから見たならば、小さなことを願っているのかもしれません。

あまり賢いとは言えないし、心得違いがあるかもしれません。


その時には、大いなる叡智よ、どうぞ許してください、と素直に謝り、
わかったことはその都度、改めていけばいいのです。

そのようなエネルギー的なつながりを宇宙のエネルギーととっていくのが、
「四つの祈り」です。


自信を持って、自分がワクワクできるようなことを願いとして出し、
最善を尽くして行動し、やがて返ってくることを受け取りましょう。

心得違いを手放して、思い込みから自由になり、
宇宙のエネルギーと善なる調和がとれるように、
日頃から「四つの祈り」をいつも行うようにしましょう。


このように「発願⇒確信⇒受取」を続けていけば、
脳が少しずつ少しずつ、新しい成功サイクルを獲得していきます。



⇒関連記事 [仕事においても、失敗は成功の始まり]
⇒関連記事 [自分の仕事を見直す(失敗を招く31の原因)]
⇒関連記事 [仕事を失敗した? いいえ、出来事は出来事です]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。