未来のワークスタイル 計画
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
計画
仕事計画を立てるのに、最初に心得ておかなければならないのは、
計画は時と状況に応じて柔軟に改良することを受け入れておくことです。

今立てる計画は、今の最良にしますので、
これから行っていくことの羅針盤となりますが、
目的を成し遂げることより、計画を遵守することが優先されますと、
計画は途端に自由な発想を奪う足かせななります。


このことをふまえて、仕事を始めてからの最初の1~2年は1ヶ月単位で、
それ以後は四半期ごとの計画を立てるようにします。

計画を柔軟にするために、予期せぬ不測の事態も考慮してプランに組み込みます。

そのために、仕事にかかるであろう経費も想定しておきます。

経費の想定には、
今の時点で起こり得ると考えられる全ての費用を想像して算出してみます。

そのトータルの15%程度を予備費として上乗せして、
予定経費として見込んでおきましょう。


これからビジネスを立ち上げようとなさっているなら、
立ち上げ初期段階では、予想する予算の2倍のコストがかかると思っておきましょう。

スケジュールの遅れ、予期せぬ出費は必ず発生しますので、
それをカバーする財源を備えたプランにしておきましょう。


仕事計画は、未来を映す青写真です。

明快性具体性があることが、達成の確率を高めます。

仕事計画が確立されていますと、
潜在意識を通して行動させていく「発願⇒確信⇒受取」でする仕事では、
脳からしっかりと方向性を全細胞に指示を出せます。

仕事計画は、「ねばならない」ことだけで固めた内容にせず、
「成功したい」という願望が意志に変わってワクワクさせるものにしましょう。

成功への強い意志は、障害の90%を自然解決し、
「発願⇒確信⇒受取」では、
残りの10%は発生と同時に解決策も手に入るようになります。

仕事計画が確立されているなら、ナポレオン・ヒルの言う
「全ての逆境は、それと同等かそれ以上のチャンスを秘めている。」
も実感できますし、デール・カーネギーの言う
「意志あるところに道は開ける。」
という経験もできるでしょう。


よく考え抜かれた仕事計画を確立するということは、
「理想の状態」を、不確かな幻想から具体的な現実に落とし込むということ
です。

それは正に、実現可能な未来のビジョンです。



⇒関連記事 [仕事の実行計画に大切なこと]
⇒関連記事 [人生目標と仕事目標がリンクする計画]
⇒関連記事 [仕事の年間計画も主体は自分自身]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。