未来のワークスタイル 心の中の障害
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の中の障害
人は知らないことに恐怖を覚えます。

経験して脳にシナプスが形成されますとそれなりの対応できるのですが、
まだその情報がなく、「無知」の状態でありながら、
これから起こることを想像した時に「恐怖」を感じるのです。

無知ゆえに、何も考えずにすんでいる間は、
いわゆる「怖いもの知らず」で事に当たることができるのですが、
「知らない」ことを認識した途端に恐怖するのです。

これが、心に発生する障害の第一です。


また人は、自分が考えている通りの世界を認識します。

それが、限界を決めてしまう勝手な思い込みを創っているのです。

知らなったゆえに恐怖したことに対して、少ない情報で想像した時に、
これ以上は無理という限界を創ります。


「拒絶されるのではないか」
「愚か者に見られるのではないか」
といった想像をし、自分に無力を感じたり、屈辱や仕返しを恐れたりします。

そしてこのままではいけないと思いながらも、捨てられることを恐れて、
「~ねばならない」と思い込んだことを継続しようとします。


これは、「自分には相応しくない」という低い自己評価に置き換えて、
障害の正当化にすり替えられます。


これら一連の正当化された恐怖感を手放すには、
まず第一に、脳にシナプスを形成するため、失敗を恐れずに経験を増やしていくこと、
第二に、単に経験すればいいということでなく、恐怖感をそのままにせず、
その起こるべくして起こった素直な感情を感じている自分を受け入れること、
その上で自分自身を愛のエネルギーにつなぎ直し
てあげることです。


仕事の場面で新しいレベルに上がっていく時にこのようなことがよく起こりますから、
その時には「自分で解決しなければならない」という感情にしがみつかず、
経験ある先輩やメンターなどの力を借りることです。

与えることは、すなわち自己を更に成長していくことだと知っている人なら、
喜んで力になってくれるでしょう。


障害の多くは、自分の心が生み出したものです。

自分の心にあることを素直に見てあげて、
真の自己を神聖なる無限の叡智につなぐ
ことを、
「発願⇒確信⇒受取」を通して学んでいきましょう。

皆さんの力になってくれる人は、必ずいるものです。



⇒関連記事 [障害をもたらす記憶を手放して仕事する]
⇒関連記事 [仕事で障害に直面したら]
⇒関連記事 [変わろうとする時の障害を越える]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。