未来のワークスタイル 目標に意識集中
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標に意識集中
「書き留める」ことで、自分の意図するテーマに意識を集中させることができます。

これまでにもお話しましたが、残念ながら多くの人がこの方法を無視して、
願っていることに集中できず、
なかなか「発願⇒確信⇒受取」で自分が意図することと宇宙の原理を
うまく調和できずにおられるようです。


たとえば「願望リスト」を作成し、いつでもそれを目にする工夫をして、
「つかまえ放すの法則」を併用することで、
誰でも願いを現実化するように意識をフォーカスできます。


「願望リスト」を作成する時は、
人に邪魔されない静かな場所で行うことをおすすめします。

真の自己と対話しながらリストを作成していますと、
自分の内側に潜んでいた本音とも言える本当の望みが
浮かび上がってくることもあるからです。

またあらゆる願望をこと細かに、具体的に書いていき、
その上で、最もワクワクし、
想像するだけでモチベーションが高まる第一テーマを決めます。



願望リストに書き上げる項目は、


物質的な願望

人間関係の願望

評価(業績)の願望

人間的成長の願望



以上の四つのテーマから挙げていきましょう。


物質的な望みとしては、家、車、子供の進路やファッションなど、
ライフスタイルに関するあらゆることを想像して、
五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)、第六感、
あらゆる感覚が喜びを感じるものを挙げていきます。


人間関係に関しては、彼(彼女)・夫(妻)・両親・子供・兄弟姉妹・職場の人間関係など、
あらゆる人間関係の願望を書き出します。


評価に関する結果を願う時は、会社など仕事関係の評価や業績、売上などを、
個人的な観点でいいですから、あらゆることの理想の姿書き上げます。

加えて、社会貢献や文化的なな貢献なども含む、
人生全般で実行したいことや貢献したいことを書き出します。

そして、これらの理想を実現していくことで、自分はどのように成長したいのか、
何を学びたいのか、そしてそのためにどういうことを人生に加えていきたいのか、
ひらめいてくることすべてを書き出します。


このようにして願望リストが出来上がりましたら、
書き留めた願望が達成されたら、人生はどう変わっていくか
じっくりと映像化しましょう。

心の中にありありと思い描けるまで、新しい未来を思い描きます。


注意点としては、願いを書き出していく時に、
自分にできそうかできそうもないかは、一切加味しないようにすることです。

できるできないで考えますと、不安を誘発しますので、
「ある」というエネルギーがいつのまにか「ない」エネルギーに変わってしまいます。


願いが現実に「ある」ところをイメージしていることが、とても重要です。


五感の全てを使って味わいましょう。

願いをイメージの中で実感しながら楽しんでいる時、
自分の意図と宇宙の原理が調和し始めるのです。


書き上げた願望リストは、寝る前と朝起きた時に必ず読みあげるようにしましょう

また、祈りや瞑想の前にもサッと読むのも有効的です。


後は、今「ある」もので、今「できる」ことに集中して仕事を進めましょう。

願いの実現は宇宙の原理に任せて、今この時にできることに集中して実行します。

行動を継続させていき、
「動のエネルギー」にあることが、機会と遭遇することになります。


ただ漫然と考えているだけでもだめ、
どこに向かうかを明らかにせずにガムシャラなだけでもだめ、
これから向かうところをはっきりと宇宙に宣言して、
意識をその目標に集中させる工夫もして、「動」にあること
が、
「発願⇒確信⇒受取」と宇宙の原理を調和させて願いを現実にしていく時の状態です。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で目標達成上手な仕事をして頂くために]
⇒関連記事 [不退転の決意で仕事に臨む(なぜ目標達成できないのか)]
⇒関連記事 [集中力を取り戻して仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。