未来のワークスタイル やるべきことを明確に
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やるべきことを明確に
これまでに何度かお話していることですが、毎朝オンタイムになった時点で、
その日になすべきことはリストアップされている
でしょうか?

成果を確実に出していきたいなら、必ずやるべき仕事の基本中の基本です。


寝る直に、紙、手帳、モバイルのアプリなどに、
翌日に自分が目標達成のために実行しなければならない最も重要なことを
6項目必ず書き出しておきましょう。

そしてこの6項目に、優先順位をつけるところまでは、前日に明らかにしておきます。


寝る前に潜在意識に伝えれば、寝ている間の脳の働きも活かせます。

翌日は、この最初の項目から着手するようにしましょう。


そして、1番目の項目が終了してから、2番目を実行します。

仕事がどうしてもたまりがちになる人は、
必ずやるべきことを完全にやり終えないで、次に進む傾向があります。

仕事の段取りが悪い人は、
優先順位1番目が終了してから、2番目に進むようにしてみましょう。

その日の夜は、やれなかった項目の優先順位を繰り上げ、
翌日のやるべき6項目リストを必ず埋めてから寝るようにします。


たとえば4番目まで完了してその日が終了したなら、
翌日のやることリストの1、2番目には、前日の5、6番目が繰り上がり、
3番目以後を埋めて、翌日にするべきことを確定するのです。

この順番を入れ替える唯一の例外は、
翌日にもっと大切な出来事が登場してきた場合だけです。


この基本行動は、皆さんの日常行動になっていますか?

継続できていますか?


仕事現場では、次から次へと、
電話、メール、顧客からの呼び出し、上司からの指示など、
対応をしなければならないことが発生します。

ですから、自分の目標を確実に達成していくには、
そのような仕事環境の中で、自分の優先順位が高い仕事を確実に仕上げていきませんと、
何のために仕事をしているのかわからなくなってしまいます。


「習うより慣れろ」です。

早速今日からこれを実践して、自分の仕事に流れを取り戻しましょう。


《補足》
万一、寝る前にリストを完成出来なかった際は、朝一番に6項目を書き上げましょう。



⇒関連記事 [仕事に何を望んで発願しているか明確か]
⇒関連記事 [「発願(目的)」を明確に掲げて仕事する時の重要ポイント]
⇒関連記事 [仕事の目的・目標は、今日も魂と同調しているか]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。