未来のワークスタイル 願いを受け取る仕事のやり方を始めたなら
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いを受け取る仕事のやり方を始めたなら
「発願⇒確信⇒受取」をやり始めた最初のうちは、
きっと利己的な願望ばかりが出てきがちでしょう。

最初から、「それではいけない」と、あまりに自分を追い込みますと、
いつのまにか「楽しいこと」も「義務」になり、
つながるエネルギーが「不足」の状態になってしまいます。

もちろん利己的な願いでは、愛のエネルギーから断絶されてしまいますが、
まったく新しい仕事の方法を身につけようとしているのですから、
利己的な願いをすべて否定して、
それまでの自分の思いの在り方を完全否定するようになっていては、
「ある」エネルギーから願いを発するということがわかりづらくなってしまいます。

人は誰でも幸せになりたいですし、原理を知らなかったからそうしていただけで、
それまではそれまでとして、ここから原理と調和していけばいいのです。


最初のうちは、とにかく自分の思うように願って、
その願いがどのようなカタチで返ってくるのか観察するくらいの気持ちで

「発願⇒確信⇒宇受取」を楽しんで下さい。



宇宙から見ればちっぽけな願望であっても、
それが発せられた時のエネルギーの質に共振して、やがて実現の時がやってきます。

最初のうちは、返ってきたことを素直に受け止めて、
「ああ、いう心持ちで願えば、こういう結果を受け取ることになるのだ」
というデータを、脳に学習させてあげるくらいの心持ちで十分です。

そうして「出したものが返ってくる法則」を十分に確信して、
一度願ってダメだったから自分は間違っていると決めつけて可能性を限定せずに、
記憶を十分に手放しながら、再度願いを発して、
今できることに集中
していきましょう。

そして達成したものは願望リストから消し、
新しい願望ができたなら、願望リストにつけ加えていくようにすればいいのです。


願望リストを書き出すということをお話しましたが、
それは、意思を明確にして、宇宙に願いを発信するということです。

小さなことでも意思が実現していくと、確信は、より深まっていきますから、
最初から完璧にしようとするより、
原理がどのように働いて現実を創っていくか楽しむくらいでいいのです。


食べるものが十分にあれば、食べることをあまり考えなくなるように、
願いも、小さな個人的な願いを達成していくことで、
以前ほど利己的な願いはあまり考えなくなり、
自分以外の人の願いにも気を配る余裕も生まれてきます。


「発願⇒確信⇒受取」を根気よく、継続なさって下さい。

私達の内側には、無意識の学習機能が備わっていますので、
継続していけば、確実に自分の願いを達成することが上手になってきます。



⇒関連記事 [行動面から見た「発願⇒確信⇒受取」でする仕事]
⇒関連記事 [効率よく「発願⇒確信⇒受取」で仕事していくために]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事する人の心構えと習慣]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。