未来のワークスタイル 察知力
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
察知力
これからの未来に関する察知力や創造性
或いは未知のものに気づくインスピレーションを得れるようになるには、
どうすればいいのでしょう。

実は、「発願⇒確信⇒受取」を続けていけば、
自然とそういった能力も高まってくるのですが、
それは、自分の内側の真の自己と一つになっていき、
神聖なる叡智とつながる
ようになってくるからです。


ですが、「発願⇒確信⇒受取」は、
自ら発するあらゆるエネルギーに感応して日常の私達が普通に行っていることですから、
「あの人を陥れたい」とか、「恨みを晴らしたい」といった
好ましくない方向性の意志にも起こり得る原理です。

もしそのような破滅的な感情で行うなら、受け取る結果もまた、
破滅的な現状になることを十分にわかっておかなければなりません。


「出したものが返ってくる法則」は、
自らが放つエネルギーにふさわしい物事を共振して連れて返ってきます。

恨みや憎しみを放っているなら、
恨んたり憎んだりする方も、恨まれ憎まれる方も、急激に運勢を低下させます。

私達は身体があってこの世界にありますが、本来はエネルギーそのものであり、
すべては究極のところでつながっています。

ですから、誰かを苦しめようとするなら、
それは、自分自身を苦しめようとしていることに他ならないのです。


恨んだり、憎んだりしている時の心は冷たくて、
エネルギーの流れをどんどん低下
させます。

波動は重く、鈍くなり、資源物質の運動量を低下させます。

従いまして、本来、人が望む幸福波動の軽やかさや明るさから
どんどんかけ離れていくことになり、
幸せな日々とはかけ離れたエネルギーに身を置くことになります。


恨みや憎しみを抱くことになった出来事に遭遇したのは、
自分の内側にまだ手放されていないその波動の記憶が根強くあるから
です。

その記憶を手放さない限り、
何度でも繰り返してそういった経験をしていくことになります。


自分の内側に無意識の記憶としてある、冷たく重々しい波動の自分に、
温かく柔らかで優しい波動を送り続け
てあげましょう。

それを行う一つの方法が、「四つの祈り」です。

記憶の中の自分に愛を伝え、謝り、ゆるしを請い、感謝しましょう。

古い記憶の中の自分が、大いなる愛の癒しに気づいたなら、苦しかった思いの丈を、一気に解き放つでしょう。


号泣する自分自身を深い愛で抱きしめてあげて下さい。

「ずっと我慢してくれていてありがとう」と、大きな愛で包み込んであげて下さい。


長い間、憎んだり、恨んだりしていたのにはわけがあるはずです。

その強い思いを解放するには、
それに負けない大きな愛で愛してあげるしかありません。

自分をあきらめないで、愛しましょう。


こうして、古い記憶の中の自分がゆるされますと、
真の自己が神聖なる叡智とのつながりを強めていきます。

そして、叡智からくる察知力や創造力などのインスピレーションを
受け取るようになっていきます。


「発願⇒確信⇒受取」で仕事をしていますと、
自分の苦手なことや、できれば避けたいことをはっきりと認識することがあります。

それは、手放せる記憶が浮かび上がってきた知らせですから、
逃げずに向き合いましょう。

手放せるから、それを感じたのです。

それも一つの察知力なのです。



⇒関連記事 [直感と親しくなり仕事する]
⇒関連記事 [予兆を察知して仕事する]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事する人が導かれていく世界]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。