未来のワークスタイル 奉仕の喜び
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奉仕の喜び
成功するということには、人に対して、
「あなたも成功できる」ということを教える義務も伴います。

というより、自分の幸運を、人と分かち合うことを学ばなければ、
真の成功をなし得ることはありません。


自ら進んで人を助けることは、それに経済的な報酬が直接なくても、
魂が素晴らしい報償を受け取ることになります。

誰かに善き行いをして夜眠れると、とても素晴らしい気持ちを味わえます。


リーダーの仕事のところで、主にこの話をしましたが、
「奉仕の心」は、「発願⇒確信⇒受取」の実体験をしながら、
ぜひ身につけて頂きたいことです。


見返りを期待することなく、人が心から喜びとすることを助けることは、
いろんなことを魂に学ばせてくれます。

むしろ、利害や損得など全く関係なく魂の喜びとなる奉仕ほど、
心が晴れ晴れとする行いはありません。


ビジネスは、利益を上げるために行います。

ですから、常に冷静にここで投資するか見送るかなどの判断は不可欠です。

毎日利益を追い続けていますと、やもすれば心が枯れてきます。

一方で、魂が喜ぶことをしているから、バランスが取れます。


接する相手は、この波動に敏感です。

儲け主義一辺倒の人は、すぐにわかります。

その硬い波動は、心を突き刺してきます。


それでも、ビジネスで利益を上げるために接してくる人の中にも、
どこかゆるせて、力になってあげたくなる人もいます。

そういう人こそ、分かち合うことを知っている人です。

すなわち、奉仕の心も育ててきた人です。


お金に困っている人が、資金を援助してほしくて、余裕のある人に頼んだところ、
きっぱり断られることがあります。

奉仕の心は、それがその人のためにならないとわかれば、
お金ではないことを渡します。

断られた人にしたなら、「ケチ」と言いたくなるかもしれませんが、
そうではありません。

お金を人に借りれば、お金は借りた人をいろんな意味で拘束することになります。

資金援助を依頼された奉仕の心の人にしたら、ひょっとしたら、
自己責任で銀行などと交渉する力をつけてほしいと願っているのかもしれません。


賢明な奉仕の心を知る人は、
お金に翻弄され不自由な気持ちに陥ることは、無音で侵入してくることを知っています。

だから、頼んできた人が
お金との良好な関係を学ぶタイミングにある時に出資はしません。

お金を簡単に渡すと、その人の大事な機会を奪うことになるからです。


「奉仕」を真に喜びとすることができるようになるまでには、
それ相当の時間も、自分の心の機微の経験も必要とします。

ですが、皆さんが学ぼうと決意するまで、
その学びの機会の方から来ることはありません。

皆さんはぜひ積極的に、奉仕の心を身につけて頂きたいと思います。



⇒関連記事 [仕事への情熱を取り戻す方法]
⇒関連記事 [無条件の愛とサポートを仕事に発揮できるか]
⇒関連記事 [仕事目標を達成する気持ちを失わないためには(奉仕する)]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。