未来のワークスタイル 心の力
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の力
私達は目覚めている間、絶え間なく頭の中であれこれ考えています。

いろんなことを思っています。

その考えや思いは、逐一、自らが放つエネルギーとして放射されています。

そのエネルギーは、同調する波動を持つあらゆることを引き連れて返ってきます。


この思いや考えに感情が合わさりますと、バワーは一気に高まります。

意志、信念、喜び、或いは不安、疑念、怒りなど、感情が合わさりますと、
そのエネルギーを向けられた人は、それに見合った反応を見せます。


心の力を祈りとして放射すれば、未来に影響を与えるということです。

思いが意志の場となり、私達から流れ出て、強められ、世界を変えていきます。


これが一人のエネルギーであっても十分に影響力があるのですが、
多くの人がビジョンを共有したなら、その影響力はかけ算で強くなります。

その思いは、圧倒的に実現しやすくなります。


大きな仕事が成し遂げられていく時、このような広がりを見せています。

ですが、そういう爆発的な広がりが起こるまで、
強力な意志かつ高いレベルのボルテージで気持ちを維持する人は、
そう多くはありません。

また、大きなエネルギーであっても、
個人のビジョンが弱かったり、不鮮明だったりしますと、
その流れに関わる個人は不安や恐怖、疑念を持ち始め、流れから離脱しようとし
ます。


自分の中のエネルギーを高め、理想の実現に向かうことが大切なのは、
理想が実現しようとする時、自分の周囲には大きなエネルギーの流れがありますので、
個人のエネルギーも十分に高まっていないと、
あと少しのところで、夢の実現より不信感や恐怖、疑念が勝ってしまう
のです。


夢や理想というのは、潜在意識的にはそこに映像や感覚があるのですが、
意識レベルにおいては、見たり、体感したりということがない方が多いのです。

ですから、十分なビジョンが意識レベルでも描けておらず、
意識より圧倒的に強い潜在意識の中の不安や恐怖の記憶を引っ張り出してきてしまいます。


脳は、それが実際に見たり体験したりしたことと、
想像して描き、その想像の中で味わう感覚の区別をしません。


それが実体験であれ、想像体験であれ、強く鮮明に映像化され、感じ取ったことは、
事実として処理され、次の指令を全細胞に送ります。


理想を実現する原動力は、ビジョンであり、想像であり、それを味わっている感覚です。

普通私達は、それを無意識に行っています。

だから、理想だけではなく不安や恐怖の想像体験もします。


心の力を祈りにして送り出すというのは、まだカタチとしては現れていないことを、
信念と感謝と喜びで、自ら送り出すということ
です。

こうして送り出すのに、恐れにつないで発しますと、
潜在意識の中の否定的な記憶を引っ張り出してきて、
「ない」ことを強くイメージしてしまいます。

すると、その先に招かれてくるのは、「ない」ことや状況です。


心の力を愛と感謝につないで発しますと、「ある」ことに意識が向きます。

すると、たとえこの時点で「ない」としても、呼び寄せるのは、
それが「ある」状況であり、カタチがある現実の世界になるのです。


心の力をどのように用いて仕事するかといのは、
理想を実現していく上で、すこぶる重要なファクターです。



⇒関連記事 [何を目的として仕事しているのか]
⇒関連記事 [自分らしく仕事するための大前提]
⇒関連記事 [真の目的を導き出すメソッド(心の力を仕事に生かすために)]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。