未来のワークスタイル 情熱がわく目標
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情熱がわく目標
情熱を注げることを仕事にするには、自分の内側の真の自己とつながり、
魂も心もワクワクすることを知って、それを目標にする
ことです。

どんなことが得意でしょうか。

何をすることが好きですか?

嗜好で好きなことというより、
やってみたら案外好きかもしれない、 楽しいかもしれないといったことはありますか?

これまでもいろんな話の中で、ちょっと考えればこの当たり前の
「好きなことをすれば楽しい」ということの大切さを話しました。


まずこのワクワク感のメカニズムがスムースに働く目標を決めましょう。

そして、
「私にはワクワクする目標があるので、全てがうまくいく。」
もしくは、現在進行形で、
「私は、ワクワクする目標を見つけ、全てがうまくいきつつある。」
というメンタルセットをします。


以上の「発願」のところでの基本的な理解をまず腑に落として下さい。

その上で、自分が心から喜び、感激し、感動し、
ワクワクできる目標を持てるようになって頂くために、少しお話します。


いつも申し上げている通り、「発願」から全てが始まります。

「思い」が先行して、エネルギーのこれからの流れを道づけていきます。


すなわち、目標設定がどれだけ自分にとってフィットしているかは、
仕事のこれからのプロセスにとても大きな要因となるのです。

人が興味を強く持つ対象は、千差万別です。

自分に最もふさわしい目標は、自分自身にしか設定できません。

こう申し上げると、目標設定にやたらとエネルギーをかける人がいますが、
当初設定した目標が50%フィットしているものであっても、
そこを本気で目指していれば、
そのプロセスの中で、120%の目標が見つかることがあることも忘れないで下さい。


ですから、これから何かを始めようとしている人も、
今の仕事をよりよくしたいと思っている人も、
追い込まれた今の状況を脱却したいという人も、
決して完璧主義にならず、
今「ある」状況の中での最善、最良、最高の目標を設定します。


こうして導き出した目標は、必ず紙に書いてみましょう。

保存可能なように、ノートなどをご用意されるといいでしょう。


保存しておけるようにする理由は、
設定した自分の目標が達成されていく様を、目で確かめて頂くためと、
「書く」という行為を最初のアクションとして始めて頂くためです。

素晴らしい目標ができたところで、行動に結びつかなければ何も起こりません。

ですから、目標設定の段階から、行動を伴わす流れを創ります。


ノートに書くことは簡単です。

ノート左半分に、目標を思いつく限りアットランダムに書いていきます。

ノート右半分には、その理由を思いつく限り書いていきます。


注意したいのは、この段階では計画性・実現性を考慮しないことです。

この作業の目的は、あくまでも,
自分が今、最もワクワクする目標を見つけることにあります。

また、理由がはっきりしていればしているほど、モチベーションは高いものとなるので、
他人がどんなに荒唐無稽に思うかは気にせず、
それを目標にした正直な理由を書き出します。

なかなか思うように目標が出てこない時は、次のように自分に問いかけてみましょう。


「お金が関係なかったら、何をしているか」

「(嫌でたまらない人が周りにいるとして)その人が関係なかったらどうしているか」

「資格・才能・経験が関係なかったらどうしているか」



思い込みを意識的に外してあげて、本当はこうしたいということを引き出すのです。


また、本来目標は大きな目標であればあるほどいいのですが、
目標設定に慣れないうちは、
最初に思いついた目標をワンランク上げる感覚で決めるといいでしょう。

大きな目標には大きな質問を自分にしていくことで潜在意識を活性させて、
引き出すことも可能です。

どれだけ自分にとって力強い目標を設定できるかということが、
目標設定の時に大切なポイントです。

自分の心の内側にしまいこんだ本当の望みを表に出しましょう。


そして、設定できた目標を宣言文にして、
あらゆるところ、あらゆる時に触れるようにして、
潜在意識に深く刻み込むようにしていきます。

この時には、アファーメーションビジュアライゼーションが有効ですから、
活用しましょう。


ところで、「望むこと」の裏側には、必ず「望まないこと」もセットされています。

「望むこと」すなわち目標が達成されない大きな要因の一つとして、
潜在意識が「望まないこと」を支持し、
達成されることを拒否しているということがあります。

達成される目標設定の際には、予めこのことに対処しておく必要もあります。


これは、とても簡単なことで対応できます。

「望まないこと」にも目を閉じないで、明らかにするのです。

ほとんどの場合、現実的なことが、その「望まない」ことになっているので、
そのこともクリアーした発願文・宣言文・目標設定にします。


たとえば、
「必要最低限の経費しかかからず、今の人員で、無理せず、楽しみながら、
また充実感のある体験をいっぱいしながら、今の自分のビジネスを二倍にする。」
といった感じです。


目標設(発願)が上手になるということは、
いつでも自分のモチベーションのスイッチを押せるようになるということです。

究極の気持ちの切り替え上手になるということでもあります。



大きな目標達成には、そこまでの小さな目標達成の積み重ねをしていきます。

また、目標を達成した自分を思い浮かべてその気分を味わうことは、
望みを引き寄せるエネルギーを大いに高めてくれます。


ぜひ皆さんも、ワクワクする目標を見つけて下さい。

人生や仕事に新しい面を発見し、
内側から沸き上がるエネルギーと降り注ぐ天のエネルギーがつながる至福を実感し、
これからの日々を輝けるものにすることができるでしょう。



⇒関連記事 [仕事に情熱を持ち続けることが達成を当たり前にする]
⇒関連記事 [パワー源である感情をうまく取り扱って仕事する]
⇒関連記事 [目標に導かれていく直感を受け取りながら仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。