未来のワークスタイル 拒絶の恐れ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拒絶の恐れ
仕事の依頼を拒絶したくなる時もまた、
何らかの「恐れ」の元となった記憶が自分の内側にあります。

そのようなちょっとした「拒絶」の記憶が束になりますと、
理屈のない恐怖感を抱えることになります。


自分の中で、「拒絶」の意味を再構築すれば、
恐怖感を超えて積極性や行動力を発揮する大きな力となります。

出来事に対して、人間は二つの意識を持ちます。

その出来事という事実の認識と、自分でその出来事につけ足す解釈、
要するにその出来事に対する意味づけです。


ですが、出来事は出来事

それを自分の解釈で意味づけて記憶として自分の内側に貯蔵していますので、
依頼された仕事を拒絶したくなった時、その意味づけの裏づけを探し出すと、
恐怖感が鳴りを潜めます。


たとえば、その「拒絶」した仕事に対して、
「自分が間違っている」
「自分には不適格だ」
「自分には資格がない」
「自分には価値がない」

といった結論づけたりする時です。

或いは、「自分は失敗者だ」という烙印を自らに押していて、
仕事に意欲的に挑戦できなくなっている時です。


ナポレオン・ヒルは、
「全ての悪い出来事は、それと同じくらいの良い出来事の種子である。」
と言いましたが、仕事を思わず拒絶したくなった時、
その仕事にどういう意味づけを、しているでしょうか?


営業の仕事でよくする話なのですが、
頼み事を受けてもらえるかどうかは、要は数字と確率の話です。

新しい仕事を始めた最初のうちは、
100回頼んで1回のOKが取れれば御の字かもしれません。

ですが、95回連続拒絶された後、次の5回は連続OKかもしれないのです。


ここで確実に言えることは、OKを出す人は必ずいるということです。

また、人には学習能力がありますので、
頼み続けること、学び研究し工夫していくこと、感謝すること、楽しむことで、
確率はどんどん高くなっていきます。


回数を重ねていき、トータルでいい結果になれば十分喜べる結果です。

つまり、物事をどういうスパンで見るかで、
その出来事に対する意味は大きく変わってくるのです。


「出来事は出来事」としてとらえ、
その意味づけが自分次第であることが腑に落ちますと、
最初はこちらが受け入れてくれる誰かを探しているように感じるでしょうが、
実はOKを出したい人がこちらを探していて、
その人との縁を引き寄せていくのだということに気づき始めるでしょう。


自分が求めるから、与えられます。

自分が何を差し出すかです。

求めたことを受け取っていくというサイクルが、
自分次第で楽しくも苦しくもなります。


仕事をしていくのが苦しくなったなら、
その「拒絶」がどのような意味づけで出ているのか明らかに
しましょう。

事実に基づく恐怖感ゆえなのか、
それとも事実が見えなくなり自分が幻想したものなのか、
或いは、別の何かが原因なのか、裏づけを取りましょう。


知覚できたことは、手放せます。

手放せたなら、そこに生まれる空白に、
自由に自分の選択で新たなエネルギーを入れることができます。



⇒関連記事 [仕事に起こってくることの真の意味]
⇒関連記事 [良いところを見つけて仕事する習慣]
⇒関連記事 [自分が出すエネルギーの質を変えて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
深く納得できました。
私も恐怖に押しつぶされて、行動出来なくなることが多々ありますので、読みながら深く納得できました。
2013/01/08 (火) 20:44:34 | URL | 成功哲学・成功法則研究 #RNLco2p6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。