未来のワークスタイル 安心したい気持ち
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安心したい気持ち
生きているかぎり、「安心したい」という感情必ず抱きます。
それは、「生存したい」したいということに他ならないからです。

ところが、この感情が強く働き過ぎますと、
宇宙の根本的な原理である「変化・成長」を妨げ、
快適ゾーンから出ることを極端に恐れるようになります。

そして対極の表れにまで突き詰められたなら、
「死にたい」という感情になって出てしまうのです。


安全を求めているのは、安全でないと感じているからです。

無意識に、全ての人を敵だと感じ、
ほんの小さな変化や決定にも、脅威にさらされているかのように感じて反応します。


この反応ほど、
潜在意識の中の古い記憶が作用している可能性が高いことはありません。

自分の内側の真の自己が、極端な愛のエネルギーの不足を訴えています。


自分で自分を愛せなくなっているのです。

そのため、災難を予期しながら、生きている状態になっています。


この生存欲求がとても強い状態にありますと、
同じ質で対極にある感情である「死にたい」という欲求も潜在的に強まりますが、
それは、人生を辛過ぎると感じると、最大の敵が自分自身になってしまう
のです。

安心や安全を極端に強く求めるがゆえに、それが逆に表れて、
自分から安全でないことを確認しようとしたり、
自分から危険や対決を求める行動をとろうとさえします。


安心や安全を極度に強く求めている時は、
意識の焦点が、今「ない」もの(こと)に合わされ、「ない」状況からイメージ
を膨らませます。

ですから、当然描かれてくるビジョンは、益々ひどくなる「ない」状況です。


「安心したい」という感情は、生命維持に関わる根源的な感情ですから、
取り扱いを慎重にせねばなりません。

「生きたい」という欲求が、両極の極限にまでなって現れている時には、
その感情が極端に強くなるまでの要因となった一つ一つを丁寧に手放していきます。

それには、未来にイメージしているほとんどが、
自分自身が描いた仮想映像であることを知覚
するところから始めねばなりません。


その仮想映像の元になる情報として使っているのが、記憶です。

実体験による記憶だけではありません。

自分以外の誰でもよく、
「安心できない」という仮想を裏付ける情報を次々と引っ張り出します。

自分以外の誰かのことに関することですから、当然今の自分には、未だありません。


まず、私達は、未来を想像して仮想創造し、それに合わせて感情と行動を加えて、
実際体験する未来を創造する
ことをよく理解する必要があります。

そしてその仮想映像の元にした記憶を手放すのです。


そして、手放した空白のところに、今「ある」こと(もの)を知覚して入れていきます。

「ある」こと(もの)を感謝していきます。


なかなかこの作業に進めない強い感情がある時には、
その感情に対して、「感情解放の基本手順」を行います。


「生きたい」感情がマックスに至りますと、
それだけ同時に「死にたい」という対極の感情も潜在的に強まっています。

何かがきっかけで、「生きたい」が対極の状態になりますと、
全てのことを死に結びつける思考として働かせていきます。

この状態で「生きる」ことを安易に強調しようものなら、
益々死ぬイメージを強めることになるでしょう。


「死にたい」という感情の後ろには、必ず「逃れたい」何らかの要因があります。

まずその要因を意識に落として明らかにし、知覚し、
自分は今そう思っていると、受け入れる必要があります。

この認識ができれば、感情の解放が可能です。

「感情解放の基本手順」を進めましょう。


危険を感じているその対象への感情を手放すことが第一です。

生死に関わることではなくても、
生活、恋愛、家族など、現実的な人生に関わることでも、
この「安全」欲求は常に働いています。

過度の心配が出てきたら、とにかくそれを認知して、
「感情解放の基本手順」に入りましょう。


「安心したい」というのは、仕事やビジネスや目標達成などにおいても、
モチベーションにもギブアップにもなる根本的な欲求感情です。

多くの場合、不安感として警告を発してきますので、軽視し過ぎることなく、
日頃からこの感情を手放すことをマメにしていくことが望ましいと言えます。


目標達成はそのプロセスを楽しむものです。

そこに喜びがあるから、サクセスロードはワクワクするのです。

必ず達成することに安心したい気持ちが強い時は、
サクセスロードではない別の道に
入っています。

その思いを手放しましょう。


何がどのように展開して、どんな結果になっていくのか
ワクワクする気持ちに帰りましょう。

「ない」ものではなく、「ある」ものがワクワクを創造します。



⇒関連記事 [宇宙の原理をどのレベルで認識できているか]
⇒関連記事 [四つの感性を育てながら仕事する]
⇒関連記事 [真実を見る目で仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。