未来のワークスタイル 情熱
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情熱
仕事は複数の人が集まって組み立てられていきます。

個人で作品を創作する仕事にしても、創作自体は個人の作業であっても、
それが世に出て、仕事と評価される過程においては、いろんな人が関わってきます。


何が人を動かすかと言うと、それは情熱です。

たった一人から始める仕事であっても、
そこに情熱を感じた人は、自ら率先して関わりを持とうとして集まってきます。


元々チームでする仕事であるなら、
チームメンバーが、リーダーが何者であり、何を目指し、何に基づいて行動していて、
それらにどれほど情熱を注いでいるかを感じ取っていれば、
メンバーも仕事に情熱を注ぎます。

逆に言えば、リーダーの大切な仕事の一つは、自分達がどの地点へ向かっているかを、
チーム全員にわからせる
ということです。

それが、チームメンバーの情熱を呼び起こすのです。


仕事に情熱を注ぎ込んでいる人は、
未来に向かう説得力のあるビジョンを持っています。

奉仕」が自分の資質を人に見えるようにする行動基準だとすれば、
未来を見通すビジョン」は、エネルギーを集約させるパワーポイントです。

チームでする仕事なら、リーダーにチームの方向性を示す役割がありますが、
リーダーでない立場で仕事しているとしても、
自分の内側に未来を見通すビジョンがあり、それが柱となっていれば、
情熱的に仕事を楽しめます。


「発願⇒確信⇒受取」の経験を十分に積んで、
自分が放つエネルギーの取り扱いがわかってきたなら、
次に身につけて頂きたいのは、周りを自分の仕事に巻き込むエネルギーの流れです。

もちろん、やらされた感がある巻き込まれ方をさせてはなりません。

その人たちもまた、自らの喜びのために関わってくるようなエネルギーの流れです。


この段階ですることは、
自分と自分の仕事に関わってくる人達の未来へのビジョン構築です。


「自分の目的は何であり、自分と周りの人達の5年後は、どうなっていてほしいか?」

「そのために今、どのような目標を達成しようとしているか?」



これらをハッキリと周りにも伝わるようにできるビジョンを構築します。

この時、目指していることが、どんなことよりも優先されるテーマであることが
周りに伝わる情熱を持って伝えられいることが鍵です。


一度、自分と深い関係で仕事をしている人達と、このことを話題にして、
自分のこととして彼らが未来へのビジョンを語っているか見定めてみましょう。

その人達の行動指針となる価値観は、
自分が目指しているところにもつながるものでしょうか。

語るのは自分だけで、周りの人達は聞くばかりだとしたら、まだまだです。


仕事には、今をどう運営していくかという仕事と、未来に向けての仕事があります。

自分だけでなく、周囲の人達もこの二つが把握できているなら、
未来に向けてのビジョンを語り合う場では、アイデアが次々と飛び交って、
できるできないより、今自分達がどのようになろうとしているのかが楽しみで、
情熱と情熱がかけ算で高まり合うような場になるでしょう。


もし皆さんがリーダーなら、
メンバーに、未来に向けての仕事であるビジョンや方向性づくりのための時間を
浸透させていく時間も常に確保しなればなりません。

メンバー全員が特定の価値観のもとに動いていることが、求められるのです。


価値観とは、行動の指針となる信念のことです。

自分の信念が、一つの文化を生み出そうとしているようなものにまで高められていて、
その価値観に共感する人達が集まり、
仕事仲間の柱になるような情熱を持てる、未来へのビジョンを描きましょう。


人は理屈では喜びを感じて動きません。

人を動かすのは、情熱なのだということを、よ~くわかって、
ここまで揺るぎないものにしてきた確信を、情熱が伝わる言動にして、
周りを巻き込むようなエネルギーの流れを起こしましょう。



⇒関連記事 [ビジョンがある仕事にする]
⇒関連記事 [仕事に情熱を持ち続けることが達成を当たり前にする]
⇒関連記事 [情熱を持てることを見つけて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。