未来のワークスタイル 気持ちの立て直し
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちの立て直し
気持ちを立て直す一番簡単な方法は、即、いいことを考え直すことですが、
その前に必ず自分の感情を素直に受け入れ、知覚する必要があります。

むしろ、こちらの方が重要です。

まず、今、何が頭に浮かんでいて、
自分が何を望んでいないかを意識にもってくるのです。


たとえば、お金のことで悩んでいたとしましょう。

その実際は、支払うお金が足りないのか、売上が足りないのか、
具体的に書き出すなどして、はっきりと認識し直します。

その上で、自分が何を望んでいるのかを明らかにして、
それがすでに実現したこと、すでに満ち足りていることを想像の中で味わいます。


簡単に言えば、ほとんどの場合はその全く逆のことを味わいます。

支払うお金が十分にある感覚、古今未曾有の大量の売上が上がるなどを描いて、
感触を味わいます。


感情に蓋(ふた)をしますと、
必ずまた予想外な場面で、それも妙に生々しく噴き上がってきます。

ですから、まず否定的な感情を認識し、そこにあることを許します。

それを望んではいないけれど、その事実を認めるのです。


意識して冷静に「そこにある」と言えるようなら、
まもなくその感情エネルギーは力を失っていきます。

悲しくなったり、腹立たしくなったりするようなら、
その感情がエネルギーを高めていることを認めて、その上で去ってもらおうと決めます。

そして、もっとよい思考に、思いを動かしていくのです。


宇宙からの情報(知恵)とエネルギー(愛)は常に自分に発信されてきていること、
意識できていなくても、私達はそれ受け取り続けていることを忘れないで下さい。

ただ私達は、自分の思い込みのシステムのフィルターを通してやり取りをしているので、
それに気づけないでいることが多いのです。


受け取る結果も、思い込みが作る先入観で判断しようとします。

それらをはずして、
無数のアイデアがすぐ近くに来てるので、そこにアクセスするのです。


このことを踏まえて皆さんにお伝えした方法が、「つかまえ放すの法則」です。

事実を事実として知覚して、
それを同質の対極の表れに置き換えて想像し、味わいます。

その感覚を堪能しますし、強く望むことを発信しますが、
最後はすべてを原理にゆだねて、返ってくることを受け取ると決めます。

受け取ることが予想とは違っても、
そこに次の一手の最良の選択のヒントがあることを知って、
更に工夫して願いを発します。


私達は他人の自由意志を侵す権利はありませんし、それを変えさせることもできません。

それどころか、他人は自分を映し出したものです。

「人のふり見て、我がふり直せ」と、よく言われますように、
人に自分が発したエネルギーが映っています。


もし「四つの祈り」をこの時になさるなら、
自分の発する気を転換し、放つエネルギーが変容しますので、
見る世界が違って見えるでしょう。

事実は変わりませんが、受け取る解釈が変わるのです。


気持ちを立て直すということは、自分が発しているエネルギーの質を変容させて、
受け取り方を変える
ということです。

「ある」ことを否定して、「ない」ことを深読みするから、
気持ちが乱れ放題になります。

何が今、「ある」のか?

ここをはずして、良いことを考えようとしても、砂の上に城を築くようなもの。

見て見ぬ振りをして通り過ぎてはなりません。



⇒関連記事 [自分を変えることができるヒントは感謝の心]
⇒関連記事 [自分とシッカリ対話して仕事する]
⇒関連記事 [自分の本質と自分が見ている世界]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
探偵GODです
はじめまして探偵GODです。
参考になります。
2012/12/08 (土) 02:10:05 | URL | 探偵GOD #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。